« てつごろうブログの第2幕スタートです!! | トップページ | ワースト記録は4で止まる »

2007年10月 2日 (火)

JP(日本郵政)発足の影で【動く全国紙】!?

昨日、10月1日に発足したJP(日本郵政)グループ

一時的な過負荷とみられるシステムトラブルは有った
らしいですが、比較的静かな滑り出しとなったようです。

そのニュースに埋もれる形となりましたが、
全国紙と言われる新聞社も大きく動き出しました。

まず、10月1日に新システムが動き出した組。

産経新聞(MSN産経ニュース)http://sankei.jp.msn.com/
毎日新聞(毎日jp)http://mainichi.jp/

これは、2004年4月から続いていた(2004年1月発表時の記事
MSN(マイクロソフト)と毎日新聞との契約切れ(2007年
6月末発表時の記事)
の話が絡んでいるらしいですが、
紙面の都合で載せ切れなかった情報までインターネットで公開しようと
言う産経新聞の挑戦が実を結ぶのか?が注目点でしょうか?

一方で、10月1日に提携発表組となった日経・朝日・読売の3社。
日経・朝日・読売、共同Webサイト運営や販売事業などで業務提携
ちょっと意外だと思ったのが「共同Webサイト」の件。
GoogleやらYahooなどのポータルサイトへの記事提供や
自動記事収集によって「新聞社へ直接読みに行く」動向が
よほど少なくなっていたのが、共同通信社+全国52の
地方新聞社が始めた47news.jpに危機感を持ったのか
定かではないけど、もう1つの提携内容である

山間部や過疎地域での販売や、災害時等の新聞発行協力も

と言う点は過疎地域と言わず
群馬県くらいの人口密度だったら全域でやって欲しい
位です。(私が住んでいる群馬県”某市”では少なくとも
 四半世紀以上”一紙を除き”統一販売店制)

それと共に、群馬県内で残っているかどうかは
知らないけど”夕刊強制セット契約”は時代遅れでは?

話を戻しますが、産経新聞は過去にPC上に仮想紙面を表示
させて「宅配紙面の半額以下ですよ」と言ったサービスを
実施していたが、あまり成功していたとは言いにくいようだし、
逆に「チラシで近所のスーパーで特売情報が入るからこそ」とか
「半年位契約するとその間は洗濯洗剤を買わなくて済む」
とか言う点に魅力を感じている人もいるかと思うが、世の中の
動向を広く&浅く診るには紙面記事が必要だと思うんだけどな。
(でも、一面広告多用する全国紙もちょっとウザイけど…)

|

« てつごろうブログの第2幕スタートです!! | トップページ | ワースト記録は4で止まる »

四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/16632256

この記事へのトラックバック一覧です: JP(日本郵政)発足の影で【動く全国紙】!?:

« てつごろうブログの第2幕スタートです!! | トップページ | ワースト記録は4で止まる »