« 到着! | トップページ | てつごろう的40th東京モーターショー(その2) »

2007年11月 8日 (木)

てつごろう的40th東京モーターショー(その1)

昨日、随分前から会社の有給休暇を
押さえておいてプライベートで行って来た

第40回東京モーターショー

昨今の原油価格高騰に対して、
直接響く燃料代もそうですが、
遠まわしに響く筈の材料面然りまで
傾向観察するつもりで行きました。

11日まで会期が残っているので、
今日はスバルに拘らず、重要度の高い
お話をしていきたいと思います。

まず、マツダブースにて展示されていた
プレマシーのHREハイブリッド

Hi360729

プレマシー(ミニバン)に水素も使用可能な
ロータリーエンジンを積んだとの説明書きを見て

RX-8(FR[MRに近い?]車)用をベースとした
ロータリーエンジンからFF車のタイヤを
直接駆動するには
向きが合わないじゃん

と思って、説明員さんに伺って知りました。

ロータリーエンジンとタイヤは機械的に繋がって
なく、発電機を回すためだけに用いていて、
電気自動車に近いハイブリッド車だったと。
(それなら、エンジンと駆動軸の向きを問う必要は無い)

実は、この件は会期中に問い合わせが多くて
説明員さんも困っていたらしいです(笑)

最後に、この車は水素だけではなくて、ガソリンと
両方使えるシステムになっているとのことでした。
水素タンクが荷室内設置されてる点を除けば
普通のプレマシーと同じだし、説明員の話に
よれば来年には(自治体などへのリース等
の形で?)市販車として走り出すようです。

あとは、今日が立冬と言うことでちょっと風情な写真を。

ようこそ京をイメージした”走る貴賓室”へ。

Hi360718

普通に考えても「プレミアム」な

センチュリーを今頃の京都をイメージして

さらにプレミアムな仕様にしたそうです。

Hi360719

Hi360720

…流石に試乗どころか、
触手も禁止だったので
”見ただけ”ですが、

こんな車に乗れたら忙しい時間も
ゆったり過ごせたりするのかな?と

それにしても、贅沢しすぎて絶句です。。。

肝心のスバル編を含め、
あと数回書こうかな?と。

|

« 到着! | トップページ | てつごろう的40th東京モーターショー(その2) »

スバル&自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/17007003

この記事へのトラックバック一覧です: てつごろう的40th東京モーターショー(その1):

« 到着! | トップページ | てつごろう的40th東京モーターショー(その2) »