« J1もJ2も大混戦+4度スコアレス回避も? | トップページ | 安心して眠れる夜は来たのか? »

2007年11月27日 (火)

(太田サブスタ化?)トップリーグとJリーグの相違点

約1ヶ月前に発想編だけを出していた
敷島が使えない時の代替開催地として
太田市陸上競技場(←リンク先はわかの
観戦日記
)が使えないか?の件について、
久々に触れようと思う。

ザスパ草津は夕方にホーム敷島でC大阪戦を行った
11月18日(日)、太田市陸上競技場では日中に
ラグビートップリーグの三洋vsIBMが行われていました。

三洋が勝ったこの試合の模様は群馬テレビで翌19日(月)に
19時~21時頃まで中継録画として放送されましたが、
最初にちょっとだけ映った放送席は仮設テントの下orz

ちょっと引いてしまいましたが、今日はホームタウン
以外で試合開催することができる特例枠内
(2007シーズンなら最大4試合)を
何れも日中に試合開催することを想定し、
ナイター設備(1500ルクス以上)と観客席
(J2なら個席で1万人以上)の件は一旦棚上げとして、
今日は選手や審判、役職員向けがメインとなる
競技場付帯設備に問題がないかについて調べてみました。

なお、比較する前提として、2007-2008シーズンの
ラグビートップリーグの公式戦が4試合行われる予定である
太田市陸上競技場がトップリーグが定める競技場の要件
(http://www.top-league.jp/about/kiyaku/2007/a/03.html)
を全て満たし、特例措置を受けていないものとします。

その詳細は(続き)の部分をご参照いただくとして、
サッカーJリーグ側に記述があって、
ラグビートップリーグには記述の無い項目は以下の通り。

[1]ドーピングコントロール室が「仮設でも可」とは書かれていない
[2]記者室(記者席)に「手元照明付き」の机が求められていること
[3]警察・消防の控室の設置が明記されている
[4]放送中継関係がテレビ・ラジオ共により具体的な記述がある
  ※放送席の音声機材、中継車駐車位置やカメラ設置スペースなど

2007シーズンの敷島や先日のトップリーグ中継を見た限り、
最悪、是正が求められそうなのは上記[1]と[2]位で、
実は観客席以外にそれほど大きい問題は無いようにも見えます。

それでも、TV中継を見た限りとは言え、ラグビーの
トップリーグにも記載の有る記録席の個室とか記者席などへの
屋根を求める条項は太田の陸上競技場でどうクリアしたのだろう?

と言う疑問と、2007年11月10日(土)に、水戸のホームゲームが
栃木県は足利市総合運動公園陸上競技場で開催された件は
笠松で「ねんりんピック」開催、水戸市立競技場がJ2規格への
改修工事中などが重なり結局は足利まで遠征したようですが、
1回限りなら理由を付けて交渉すれば何とかなるのかもしれませんね。

いずれにしても、2008年はホーム戦の順番で敷島が使えないと
県外脱出にならざるを得ない事態だけは極力避けて欲しい。

このシリーズ最後は、アクセス面について触れる予定です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以下は比較結果表です(PNGファイル
 ※PCの方、画像をクリックすると別ウィンドウで拡大します。

200711jtophikaku3_2

|

« J1もJ2も大混戦+4度スコアレス回避も? | トップページ | 安心して眠れる夜は来たのか? »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事

ザスパ(前年以前)」カテゴリの記事

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/17187797

この記事へのトラックバック一覧です: (太田サブスタ化?)トップリーグとJリーグの相違点:

« J1もJ2も大混戦+4度スコアレス回避も? | トップページ | 安心して眠れる夜は来たのか? »