« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

非蹴球ネタで2007年を振り返る

2007年も残すは24時間(以内)

昨日まで6回シリーズでザスパ観戦を
振り返ったので今日は非ザスパ(蹴球)ネタで
振り返って2007年を締めくくりたいと思う。
記事内容は各リンク先をご参照あれ!!

1月:”積雪戦線”異常有り!?
2月:”ふた味”違うメモリー型カーナビがキタァー━(゚∀゚)━
3月:昨朝、自宅を出発しようとしたら??
4月:無くなった母親ケータイ見つかる(その顛末記)
5月:[安政遠足侍マラソン]フォトギャラリー(その1)
6月:株主総会の日に起きた”首都圏しЯ大混乱”を振り返る
7月:「震度6弱」観測後120時間を経過した街にて県知事選挙終わる
8月:1/760のドキュメント(前編)/同【後編】
9月:ある意味「1/760を超えた」ドキュメント!?台風9号が残した教訓(2日目)
10月:てつごろうブログの第2幕スタートです!!第2の使命、決まる(注:新幹線のお話)
11月:桐生・沼田・富岡で地デジ試験放送開始安心して眠れる夜は来たのか?
12月:公共交通パブリックコメント募集予告?【ようやく実験へ!】群馬(中西毛)で深夜路線バス[追記あり]個性の強いクルマこそ!!(40th東モタ”その3”)

まあ、2007年も自然に対する脆弱さが出てしまったのかな?
雪は少ないわ、地震は2度も起きるわ、群馬でも豪雨に見舞われるわ。

一方で、一番短い部門とは言え県民マラソンにも
初挑戦
したり、ブログも移転したり、原油高騰に
引かれた訳でもないけど交通論も考えたり
バランスがキーワードとなった一年だったかな?

来年どうしようかは年が変わったら記しますわ。
それでは、良いお年を!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

2007見てて面白かったザスパ戦の第1位!!!

これまで5回に分けてお送りした年末企画も
いよいよ、最後の「面白かった編の1位」です。

ずいぶん前の試合ですが、まあ、これでしょ。

2007年5月3日(木・祝)札幌戦@ホーム敷島
スカパー
(製作協力&ホームタウン枠放映:群馬テレビ)
TVカメラも捕らえ切れなかった逆転ゴール

そして、GK高木選手への熱愛ブーイング

今季、たった7つしか挙げられなかった勝利

ホームが4(湘南・札幌・水戸@熊谷出張・愛媛の順)

アウェイが3(水戸・愛媛・愛媛の順)

このうち、逆転劇はいずれも第1クールの
アウェイ水戸とホーム札幌の2つでした。

アウェイ水戸戦も現地生観戦(リンク先:旧ブログ)してて
「ハーフタイムでどういう指示があったんだ?」
と言わんばかりの豹変ぶりも良かったんですが、

これまた旧ブログで(前日当日翌日)と触れたように
第1クールを開幕戦以外無敗と言う猛ダッシュで既に
独走態勢を固めつつあった
札幌を叩いたこと

この試合はザスパファン&サポーターのみならず
当日、埼スタのアウェイ席に行かず(行けず?)敷島の
M席に来ていた千葉サポな兄が純粋に面白かったと
評価してたことや、帰宅したら父が純粋にブッたまげていた
程の影響を与えていたと言う点も加味した評価です。

この勝利の更なるポイントが幾つか、
札幌の先制から草津逆転までが
公式記録上6分間の出来事
だったこと。
そして、結果として今年も「後半ロスタイムorz劇」を
何度か生じてしまいましたが、この試合に限っては
前半37分の逆転から試合終了まで無失点で
切り抜けたことも評価すべき対象でしょう。

あと、この試合の後半だったと思うが氏原選手と
高木選手が衝突した際、先に立ち上がった氏原選手は
ともかく、高木選手がアイシング後に立ち上がった際、
場内からは草津も札幌も関係無しに拍手が出た。

過去に所属していた選手に対する

愛のあるブーイングは時として良いけれど、

迷惑かけた相手選手への対応やフェアプレイに

敬服できる余裕だけは来年も持ち続けたい。

その点を記して、2007年のザスパ記事を締めたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

2007見てて面白かったザスパ戦の第2位!!!

全6回シリーズでお送りしている
2007見てて面白かった/見てて辛かったザスパ戦も
残すは「見てて面白かった」編の2位と1位の2回。

で、見てて面白かった第2位は!!!

止めた!!!(当時の記事)そして
群馬県民の日にKYな行政をぶっ飛ばした!?

2007年10月28日東京V戦
@出張ホーム松本アルウィン

開始5分に先制、
一旦は逆転されるも
後半ロスタイムに追いつき
東京Vの引き分け挟まず9連勝を阻止!!
(参考:試合翌日の本ブログでの記事

よくよく考えれば、2007の開幕戦@国立
0-5とチリチリのズッタズタにされたのに
第4クールではよく持ち直したものだと。

ただし、後半ロスタイムに追いついてから
「あわや勝ち越し点」なチャンスを
何度も得ながら実らなかったのも
2007年に残した大きな宿題でしょう。

そして、この試合で得たもう1つの教訓。

まず、問われるのは
個々の能力かもしれないが、

それ以上に問われるのは
チーム力ではないのか?

ここは、この記事をご覧頂いた
個々でまず考えてほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

2007見てて面白かったザスパ戦の第3位!!!

昨日までは「見てて辛かった編」をお送りした
2007見てて辛かった&
見てて面白かったザスパ戦

今日は「見てて面白かった」編の第3位。

第6節、3月31日ホーム湘南戦
前後半89分間の我慢比べの末に掴んだ
鳥居塚選手のJリーグ通算2得点目
後半ロスタイム松浦選手抜け出し事件(その2)
そして、ホーム戦今季初勝利

今でも思う、この試合に対する2つの心残り。

土曜日13時キックオフなのに観衆2700人台
逆に、こういう時に掴んでしまう勝利。


なぜ、それが心残りなのか?(以下、自問自答)

最初から勝利すると思って見に行く愉しさもあるでしょう。

ゴールシーンは何だかんだと言っては盛り上がるのも確か。

しかし、それが観戦の極意なのでしょうか?

この湘南戦での89分間の我慢比べの後に得た勝利は

”観戦の極意”を問わされた逸戦だったのではないか?

そこに観戦の面白さを見出せる、そして、友達や知り合いに

その愉しさを伝えられるココロを来季も持ち続けたいものです。

最後に、この試合のビデオをお持ちの方へ追伸。

可能な限りこの年末年始に最初から最後まで見返して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

2007「見てて辛かったザスパ戦」第1位

全6回の予定で記す年末企画。
2007見てて辛かった&
見てて面白かったザスパ戦

今日は「見てて辛かった編」の
泣く泣くのワースト1。

実は、植木監督がシーズン
終了後に地元TVやラジオで
「ターニングポイントとなった」
と喋っていた「あの試合」です。

そう、
6月2日アウェイ山形戦@NDスタ
ラストワンプレーの恐怖
連勝達成がスルリと…(以下略)

これ、運悪く現地観戦だったから尚更orzなんですよ。

第3位とした5月6日の湘南戦で足元を掬われた後、
5月26日の水戸戦勝利で復活したかな?と思ったのですが、
この試合は引き分けで終わったとは言え、
連勝どころか1勝を挙げるのは何時だった?と言う
長大トンネルに見事なまでに引き込まれて
しまったんだよな。。。。。。。。。。。。

そう言えば、アウェイ山形戦に対しては
9月15日の試合でも田圃審判に荒らされた挙句、
カレカ選手に対して良く判らない一発レッド判定の一方で、
審判4人が揃って見逃した癖してTVカメラは
明らかに捕らえていたホイッスル後のスパイク攻撃

更にそれに対する相手チームの言い訳騒動…

来季のこのカードは
特にフェアプレー、
そしてフェア裁定
をお願いします。
(更にこの対戦に田圃審判は出入り禁止で)

続きを読む "2007「見てて辛かったザスパ戦」第1位"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

2007「見てて辛かったザスパ戦」第2位

全6回の予定で記す年末企画。
2007見てて辛かった&
見てて面白かったザスパ戦

今日は「見てて辛かった編」の第2位。

発表します…

GK北選手ゴメンナサイ。
天皇杯3回戦アローズ北陸戦
120分スコアレスの上、
PK戦でも窮地に立たされる

(結果は7人掛りの4PK2辛勝)


これは現ブログの過去記事
10月6日(土)
10月8日(月・祝)
10月9日(火)
10月11日(木)

辺りで記していますが、

小生は戦術論を語れるタチではないが、
この頃、無意味に見えるバックパスが多くて、
相手ではなく味方に対するブーイングが
試合中に目立った頃だったと思う。
(その前辺りから野次を巡る問題があったらしいが良く判らん)

勝つには勝って、4回戦は名古屋との
戦いになり、見事に散ったわけですが、
直後のJ2水戸戦がゴタゴタだった点を含め、
この頃はチームとして一番自信を失っていた頃
だったのは間違いないんじゃないかと思う。

最後に改めてお詫び。
天皇杯3回戦のヒーローとなった
GK北選手、本当にゴメンナサイ。
この試合を見てて辛かったランキングワースト2位に
選出してしまいましたが、北選手の活躍ぶりが
悪かったとは一切思っていませんのでお許しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

てつごろうは特設された(BlogPet)

きのうぺんぺんが、てつごろうはキックした。
だけど、てつごろうは特設された。

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぺん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007「見てて辛かったザスパ戦」第3位

昨年より少々開始が早いのですが、2007年の
ザスパ観戦を振り返るシリーズを始めます。

去年「見てて辛かった編」は1回でお送りしたのですが、
今年は辛かった編も3回に分けることにします。

と言うことで、今日は見てて辛かった第3位。

2007年5月6日、第14節アウェイ湘南戦@平塚
大雨激闘、警告7枚、藤井選手退場、植木監督退席
J公式記録旧ブログでの記事

(+翌15節ホーム仙台戦佐野コーチアゲアゲ祭り

この試合、審判が試合をぶち壊した
部類に入れることもできるかと思いますが、

今思うと、この結果を産んだ伏線は
第6節の3月31日に敷島で行われた
草津vs湘南戦と直前の草津vs札幌戦
勝利の2点だったような気がする。

そう、第1クールを4勝4分4敗と堅調だった裏で、
得点を取られた、あるいは取られそこなったピンチに
対して選手間で試合後の反省会ができていたのか
いなかったのか、そこが問われたんではないかと。

ちなみに、この敗戦をキッカケに引き分けも
取れずの3連敗を喫した上、更には
10月まで敷島で勝てない
と言う長~い長~いトンネル

に引きずり込まれたのであった…

そのターニングポイントとしても
第3位の価値はあったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

高速道路のSA/PAにある自販機で!?

今年もアウェイ参戦で数回お世話になった高速道路。

高速道路と言えば、最近はお弁当の

速弁も流行っているそうですが、

個人的にはSA/PAにある
紙カップ入りコーヒーの自販機で
コーヒールンバが流れながら
自販機の内部でどんな仕掛けなのかを
生中継してしまうのがお気に入り。

Hi360885

そう、生中継のカメラに
「あなたのためにドリップ(ハート)」
とかテプラで書かれていたりする奴

ところが、先日、高速道路の某PAに寄ったら
こんな紙カップ売り自販機を発見してしまいました。

Hi360884

飲み物を買うと、吉本芸人が
一ネタ笑わせてくれるそうです。

個人的にはそれでもメカの方が気になりますが、
「高速道路を2時間位走ってリフレッシュ」と考えたときは
こういう一笑いと言うのも大切なのかもね。

これから年末年始のラッシュを迎えますが、
心に余裕を持ってセーフティードライブで!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

年賀状を作りながら球技TV観戦

昨日は太田市まで三洋電機ワイルドナイツの
ラグビー観戦に行きたかったのですが、午前中から
外せない野暮用があり、試合会場には向かえず。

…と言うわけで、15時近くに帰宅して来年の
年賀状を作りながらTVでスポーツ観戦としました。

<天皇杯準々決勝:G大阪vs清水@長居(延長戦から)>
○決勝点を挙げたG大阪の寺田選手でしたが、
 J’sゴール掲載の選手コメントにあったとおり
 凄かったのはアシストした播戸選手の突破力でした。
 あそこまで崩してくれれば楽だよなぁ~。
 それでも、外すことがあるのもサッカーだけどw

<天皇杯準々決勝:鹿島vsHONDA FC@ユアスタ>
○TV中継でも言っていたが、
 J1優勝チームとJFL(アマチュア)が
 ユアスタ仙台で戦った
と言う一戦

○そう、2004年12月15日伝説の再来?
 となるかと思ったが、延長前半までスコアレスで
 粘ったものの、延長後半5分に最後は
 柳沢選手が決めた「技ありゴール」で決着。
 (余談ですが、2004年の横浜FMは岡ちゃんが監督だったのね:汗)

○ただし、HONDA FCの糸数選手が1試合2警告で
 退場となってから約30分間無失点で粘ったとも言え、
 鹿島側も「そこまでやらないとHONDA FCの堅い
 守備を崩せなかった」と言えるんじゃないかと。


<ラグビートップリーグ:三洋vsサントリー@太田市陸>
○前後半終了時のスコアは
 三洋電気ワイルドナイツ35-24サントリーサンゴリアス
 と11点差(逆転には2トライ+1ゴールが必要)が付きましたが、
 試合内容はまさに紙一重

○記してみれば、三洋が締めるところを締め、
 相手の隙を突いてパスカット→トライまで飛び出して
 効果的に得点を積み上げて行った一方で、
 サントリーはスクラムの押し込みとかフォワードの突破に
 少々拘り過ぎたのと、後半残り2分で完全に走り抜けした
 選手がゴールライン手前5mで足を滑らせてトライを
 奪えなかったところが非常に痛かったんじゃないかと。
 (ここで、サントリーがトライを奪えば再逆転だった)

○それにしても、
 今季の三洋電機ワイルドナイツは憎いほど強い。
 いや、嫌でも負けないと言うべきか。

○昨夜、群馬テレビで放映された中継録画は
 Jスポーツ製作の番組素材に高校野球中継などでも
 行われている文字メッセージが時々挿入されてくる
 形ですが、開幕戦に比べれば相当増えたもんだ。
 強いと注目度が上がるのはやはり県民性なのかなぁ~?
 ”いつかは”と言う精神で継続するも大事と思うのだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

冬至

今日は冬至。

ちょうど、昨日の夕方は打ち合わせで
高崎の街中に出没したのですが、
終わって外を眺めたらもう真っ暗。
(車のライトは早めに点けましょう)

その代わり、ケータイのカメラでも
こんな写真が撮れましたとさ。

Hi360879

Hi360880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

午前6時ジャストへの拘り(JR3月ダイア改正)

昨日、JR各社から2008年3月15日(土)に
実施予定の全国ダイア改正概要が発表されました。

東日本は後日改めて触れるとして、東海
西日本が運行する東海道・山陽新幹線の
改正内容には度肝を抜かされました。
(リンク先は、各社の発表内容PDF)

新幹線は沿線の環境(騒音)対策および
保守作業のために、午前6時から午前0時
の間に運行するようダイアを組みます。

しかし、約1年前の旧ブログでも触れましたが、
航空との競争激化の煽りもあってか、僅か7分しか
掛からない筈の東京駅~品川駅間も無駄にできないとの
判断から2007年7月1日改正で午前6時丁度に品川駅を
発車する点に拘った「のぞみ99号」を設定しました。

品川駅は山手線内で渋谷や新宿からも品川の方が
近くて便利だし、総武線快速からの乗換も東京駅より
品川が便利だし「面白いんじゃないの?」とは思っていた。

ところが、昨日発表された東海道・山陽新幹線の
2008年3月15日改正ダイアに吃驚。

○品川始発午前6時丁度の「のぞみ99号博多行」は継続

新横浜始発午前6時丁度の「ひかり393号広島行」を新設。
 それも、「のぞみ」専用と思われていたN700系を「ひかり」号に使用
 更に新横浜から新神戸駅まで後続に抜かれない時刻設定。

○姫路始発午前6時丁度な「のぞみ号」の存在は知っていたが、
 更に西明石始発午前6時丁度な「のぞみ60号」を新設
 姫路始発と併せ東京駅着午前9時過ぎを狙って7分間隔で続行かよ。

○博多駅始発「のぞみ2号」を現在より30分早い午前6時丁度に繰り上げ

ぶっちゃけ…

そこまでやるか!!!!

ってところですな。

ちなみに、西明石始発のメインターゲットは
新神戸利用者なんでしょうけど、新神戸駅は両端が
トンネルの入口で折返し列車が設定できないため、
限りなく近い西明石始発にしたと推定しています。
それでも、西明石~新神戸間を回送列車にしなかった
ところがまた憎いなぁ。どっかの能天気集団とは違って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

ウェルカム!チャレンジ・スピリット・クサツ!!

既に、あちこちの草津系ブログ
JBアンテナさっかりん
が大騒ぎになっていますが、

DF:崔成勇(チェ ソンヨン)
MF:島田裕介
MF:熊林親吾


の3選手を、2008シーズンに
ザスパ草津へ迎えることが発表されました。
(上記各選手名のリンクはザスパ公式、
 そして、報知新聞サンスポ時事通信

新聞社では元韓国代表でワールドカップにも2回
出場している崔選手を見出しに取り上げていますが、

ザスパ草津ファン&サポーター的には
2006シーズンを大きく盛り上げた
島田選手の再加入に尽きるでしょ。
(2006と同様に1年間の期限付き移籍ではありますが)

まず、本人や○宮サポーターには
申し訳ないのは承知で記しますが、


おかえりなさい!!!


今も危機は完全に脱したとは言いにくい状態だとは思いますが、
チームの存続自体が非常に危ぶまれた
2006シーズンを興行的に救った立役者が
2008シーズンに再びザスパ草津の選手として
見られる、いや、共闘できるのは非常に嬉しいです。

2006シーズンを見ていた人は思い出して欲しい。
ゴール前で得たフリーキックからの直接ゴール、
そして、ゴール前の混戦に強いコーナーキック。
果たして、何度ワクワクさせられたことか。。。

そして、崔選手に熊林選手も
実績は充分ある選手でしょうし、

2008シーズンが楽しみだ楽しみだ。


敷島でチョット良い夢が見られそうな
ザスパ草津の2008シーズンチケット購入を
まだ迷っている方、迷っている場合ではないぞ!!!!

続きを読む "ウェルカム!チャレンジ・スピリット・クサツ!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

☆彡

昨夜、帰宅途中のこと。

電車を降りて、住宅街を歩きながら

「こうなったら良いな」

と思っていた矢先の出来事でした。

☆彡彡彡彡彡

ぶっちゃけ、始めて目の当たりにしたけど、
何を願ってたのかは秘密!!!!!
(クリスマス前だしね:大謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

来年のJ+今年の草津はギリギリ「フェアプレイ」

昨日、Jリーグアウォーズが行われました。

栄えある受賞者およびチームは
J’sゴールでご確認いただくとして
(本当はJリーグ公式を張りたかったが、URLの経年対応ができないようなので)

このタイミングで来年に向けて幾つか発表がありました。

<2008年のJリーグ>
○日程発表:1月18日(金)
○対戦カード発表:1月24日(木)
○開幕日:J1・J2共通で3月8日(土)
  ※一部、3月9日(日)にも試合有り
○追加選手登録期限:8月29日(金)

[情報源]
Jリーグ公式日刊スポーツWeb報知新聞Web

今年に比べて気をつけなくてはいけないのは
「追加選手登録期限」が8月中に設定されていることでしょう。
今年の草津は、追加登録期限が9月14日だったのに対し、
9月13日の練習中にチカ選手が怪我をしてしまい、
練習生として草津に合流していたDF喜多選手を急遽、
登録してギリギリて間に合った
と言う出来事もあったので。
(結局、9月15日にチカ選手の骨折が判明しブラジルへ帰国)

あと、今年までは結構曖昧だった試合日程と対戦カードの
発表が明確に予告されたのは気持ち的には楽ですな。

そして、2006年は200ポイントオーバーで
150万円と言う痛い金額を支払った

アンフェアなチームに対する制裁金。

2007年のザスパ草津は
何と!141ポイントでギリギリ0円
あと4ポイントで40万円と言う際どさでした。

こんな点からも、「今年の草津は少々大人
しかったか?」と思ってしまいがちですが、
1つの試合を無警告・無退場で済ませると
3ポイント減算される新たなルールが
今年から導入された
のが効いてましたな。
(草津は8回適用で24ポイント減)

ちなみに、今年の最悪は福岡の222ポイント。
(ただし、無警告・無退場が4試合有ったため、
 12ポイント減となるので、昨年の神戸が叩き
 出した229ポイントを実質的に上回ったようです)
これでも、J1に上がれないのは相当痛かったでしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月17日 (月)

てつごろうもほしいかな(BlogPet)

ぺんぺんは内定がほしいな。
てつごろうもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぺん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア初!浦和が世界の3強に入る!!

昨日、横浜国際総合競技場で行われた
FIFAクラブワールドカップ2007(FCWC)
決勝戦と3位決定戦。

 ※命名権売買により普段は「N産スタジアム」と呼びますが、
  この大会はトヨタが前身からの特大スポンサーなので…


アジア代表として出場した浦和レッズが
16時キックオフで行われた3位決定戦で

○浦和レッズ
 (2-2・4PK2)
  エトワール・サヘル(アフリカ代表)●

と制し、浦和が世界の3番目となりました。

世界3強に入ったのは2000年に第1回が
開催された世界クラブ選手権、そして、
トヨタカップと統合された2005年から数えても
アジアで初めて、もちろん日本初の出来事です。

TV観戦で見てた限り試合内容は
エトワール・サヘルの2ゴールはPKと微妙な隙を
突かれた形だったのでこの試合で浦和を離れる
FWワシントン選手の2ヘッドが救った形になりました。

まあ、ワシントン選手が2点目を取った直後に
ユニフォームを脱いでサポーターに
アピールしちゃったのはご愛嬌でしょ。

シーズン中たびたび対立していたと言われる
オジェック監督は良い顔していなかったそうですが。

念のためですが、試合中にユニフォームを脱ぐのは
反スポーツ的行為のイエローカードに直結ですが、
1つの大会の最終戦だからこそ狙ったんでしょう。

そして、浦和が先行で始まったPK戦。
エトワール・サヘルは1人目が外し、
浦和は若干相手GKに触られるのはあったとは
言え4人全てを決めて迎えたサヘルの4人目。

浦和GK都築選手が両足を
カニ挟み気味に使って止めた、
ボールを両腕と旨でキャッチした。

10月7日、某所でのPK戦とは違った
結構、あっさり目の勝者決定シーンでした。
(言わば、安堵に満ちた感じでしょうか?)

また、ACミラン(欧州)とボカ・ジュニアーズ(南米)との
決勝は両チーム1人ずつ1発レッドが出る程の
熱戦の末、ミラン4-2ボカと盛り上がりました。
トヨタカップから数えても欧州南米対決で両チーム
合計6ゴールは満腹感たっぷりではないでしょうか?
(1ゴール決着を期待していた方もいらっしゃるでしょうが)

さて、日本でのサッカーは天皇杯の8強対決と
高校サッカーに注目が集まっていきますな。

また、ラグビー・フットボールは三洋がトップリーグの
前半を全勝で駆け抜け来週22日に太田へ戻ってきます。

気候は寒くなりますが、熱戦は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月16日 (日)

(太田サブスタ化?)アクセス面の考察(一部【特設】)

2008年のJ2は15チームでの3回戦総当りとなったことで
ホーム戦は最大21試合(2007年比3試合減)と
なりましたが、都合3回シリーズでお送りすると予告した。

「太田市陸上競技場のサブスタ化シュミレーション」
(過去記事:1回目2回目

今日は2回目の最後で予告した交通面のお話をしようかとな思う。

三洋ワイルドナイツが戦う2007-2008シーズンの
ラグビートップリーグ公式戦では例えば10月27日の
開幕戦は太田市を始めとした近隣の全面協力により、
仮設スタンドと共に駐車場を確保していただいたり

11月18日の第4戦(+高校ラグビー県予選決勝)では
公園内の駐車場では足りない事が予想されたため、
ザスパ草津の最大スポンサーであるベイシア
グループ会社カインズホーム大泉店と調整した
結果、駐車場の利用許可を得ていた
ようです。

更に、至近に富士重工業の工場も有ったりするので、
マイカー来場に関しては調整次第で何とかなりそうです。
(運営が一番不得意?な”交渉術”の方が問われそう)

一方で、ネタになりそうなのが「公共交通で」と来た場合。
これまで数回お世話になった「わかの観戦日記」の他に
12番のりば」と言うスタジアムアクセスを扱ったブログで
太田市陸上競技場が触れられているのですが、

どうやら、この記事を公開した日時点で運行されている、
または公表(予告)されている路線を用いる限り

ひょっとして群馬県内の他市へ
行くより群馬県外へ行く方が
利便性が高かったりする?


とついつい思ってしまいそうです。

その原因はズバリBUSターミナルおおたの存在。
(一般の地図では東中学校の南かつ旭中学校の北が目安)

陸上競技場を起点にすると東武鉄道の竜舞駅と
BUSターミナルおおたまでの道のりはほぼ一緒。
(どちらも、見た感じ1.5km位ありそうですが…)

ところが、東武竜舞駅の運行頻度は日中は1時間に1本。
BUSターミナルおおたからJR熊谷駅へのバス
1時間に1本はある。更に予約をしておけば羽田や
成田の各空港や国内各都市への高速バスにも乗れる。

では、公共交通で県内移動してみると?
…と早速記してたいところでしたが
”延長戦”で別記事にした方が良さそうですね(大汗)

2008年3月に前倒しされる北関東自動車道の太田延伸とも
何となく絡みそうな気がしているので、今しばらくお待ちを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

【ようやく実験へ!】群馬(中西毛)で深夜路線バス[追記あり]

東京および隣接県では一般的になりつつある

「深夜路線バス」

主に狙っているターゲットは2つ。

(1)日中も運行している路線で始発のバス停を
   大まかに言って23時過ぎに発車する便
  <例>深夜バス | 東京都交通局

(2)鉄道の終電車が出た後、鉄道駅相互間を狙う便
  <例>深夜急行バス 上尾駅・桶川駅・北本駅・鴻巣駅 行 | 国際興業バス

群馬ではJR熊谷駅を起点に東武太田駅との間で
上越新幹線の高崎行き最終に合わせた形で
太田市内に着くと深夜0時をまわる便を運行している
【超例外】と言うべき路線が有りますが、

中毛(前橋)や西毛(高崎)では始発バス停を
21時台に発車するのが「ほぼ最終」便
22時台に発車する便があったらラッキー


と言ったところでしょうか?

一方で、群馬県内のJR在来線は
高崎→問屋町→井野→新前橋→前橋
の片方向を除いて高崎駅23時過ぎ
がリミット。

※それだからこそ、東京から長野行きの新幹線最終となる
 「あさま555号(東京22:04→高崎22:54→長野23:48)」が
 ド平日でも自由席は上野や大宮からでは座れないほど混むし、
 毎週金曜日はその8分前に増発(587号)が走るんだよな。


週末とか飲み会シーズン限定で構わないから
24時近く遅くまで電車やバスがあったら
ゆっくり飲めるのにと長いあいだ思ってました。

そしたら、昨日の上毛新聞(紙面のみ)で

2007年12月19~21日と26~28日の
合計6日間限定で関越交通がJR高崎駅西口から
旧群馬町(渋川街道)経由でJR渋川駅および
群馬温泉(やすらぎの湯)まで深夜バス各1本の
運行実験を行う旨が報道されました。


それを受けて掲載された

関越交通ホームページ(告知あり)

実験便が掲載された時刻表:
高崎駅~群馬温泉~渋川駅線 【月~金曜日(祝日は除く)】


今回、運行されるのは
高崎駅23:35→渋川駅24:30
高崎駅24:10→群馬温泉24:45
の2本で、気をつけるべき事項としては
乗車はJR高崎駅1箇所に限るそうです。

タクシーは値上げ、ビジネスホテルは
群馬ではまだ値下げ基調な中ですが、
新たな選択肢となって、競争が進むことを望みます。

一方で、飲酒運転はマジでご法度です。
下手に赤切符切られるより、代行使うとか、
裏技的だけど駐車場付きのビジネスホテルに
車ごと泊まったほうがずっとお安く済みますよ~

[15日午前11時追記]
日経新聞Webの地域経済で取り上げられてました。
関越交通、深夜バスを年末に運行・JR高崎駅で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

ついつい見てしまうケンミンショーほか

昨日はFCWCの放送時間延長に伴い半分くらい
群馬テレビのDASHザスパ!と放送時間が被っていましたが、

カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW
(日本テレビ系・木曜日21時放送・製作はytv)

放送内容は例えば12月6日放送の

伊勢崎市のもんじゃにイチゴシロップ?

とか「本当かよ?」って思うこともありますが、

何故か、見てしまうんですよ。この番組。


で、この番組の名物コーナーは

恋するケンミンシアターを始めとして

幾つかありますが、個人的には

「大阪の秘密(ヒミツのOSAKA)」

で何が飛び出すかが気になっています。

昨日の放送で、

大阪府民は「木」を「きぃ」、「手」を「てぇ」
などと、一文字を二文字に発音する。


が取り上げられていましたが、
何度か大阪に行ったことあるけど、
気にならなかったのは鈍感なのかなぁ?

ちょっと、街中で見えない刀で他人を斬る
真似をすると斬られたように振舞うとかは
真似できないけど、来年大阪行けたら
会話の発音には気をつけて聞いてみようっと。


<余談1>
伊勢崎もんじゃの件、ココログ内で検索したら
ちょっと詳しい記事を見つけました
(注:2006年11月の記事です)

<余談2>
浦和レッズ、ACミランと公式戦ガチンコ勝負の末、
0-1で敗れたけど、点差以上の差があったような。。。
でも、あと1試合。3位を賭けて遠慮無く戦って欲しい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

2枚の写真から

ちょうどタイムリーな写真が
2枚撮れたのでご紹介しておきます。

改修が終わったばかりの建物と
危険かもしれない建物が並ぶ?

Hi360861

前橋駅のイーサイトのレイアウトが判明
(参考:2007年11月29日付の記事)

Hi360864

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

個性の強いクルマこそ!!(40th東モタ”その3”)

2007年11月11日の終幕から既に2ヶ月が
経ってしまった第40回東京モーターショー
だいぶ遅くなりましたが、お約束していた
「てつごろう的レポートその3」をお送りします。

で、今日のテーマがタイトルにした
個性の強いクルマこそ!!
と言うわけ。

そう、スバルの富士重工(+三菱編。

今日は先に結論を出しておくと、

「個性の強さ」を売りにする
クルマを静態展示したとしても
その良さは非常に判りにくい

(逆に背高な軽自動車とか背高なミニバンで
 ”動くリビング”とか比喩できる車は静態でも充分)

そんな状態に陥っていたと思ったのが今日取り上げる
スバルの水平対向エンジン+4WD搭載車の全般と
三菱の軽自動車”i”と言うわけ。

ディーラー側は「ぜひ販売店へ来てご試乗を!」
(試乗車検索サイト:スバル三菱)と言ったり、
モニター募集キャンペーンとしてディーラーから
3日間位貸し出したり、2007年に発売された
インプレッサではニッポンレンタカーと
組んでレンタカー24時間無料クーポン

プレゼントとかやってましたが、

一定のルールは有るとは言え
「借りられれば心置きなく乗り回せるレンタカー」から
「所有することの喜び」へ繋がる商流を発掘しては?

と言うのが今日のポイント。

具体的には…

スバル車→提携相手を変えることを目指せ!!
(狙うべき”矛先”は最大株主トヨタ系列のトヨタレンタカーさ)

三菱”i”→レンタカー戦略を始めてみては?

特に、会場内での三菱ブースの説明員との立ち話の中で
「代車で”i”に乗ったら良かったので買ってしまった」
と言う事例が結構出ていたらしいじゃないですか。

とか言う私もモーターショー会場で
三菱”i”の運転席に初めて座って、
雑誌に”異次元”とか書かれていた見晴らしと
ハンドルとドアとのスペース利用の巧みさに
結構感心していたのですがね…残念です。

Hi360702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

日本サッカー史がまた変わる

開催国枠ではない「アジア代表」の浦和、
ACL決勝(ホーム&アウェイの2試合制)に続き、
一発勝負のトーナメント戦で再びセパハンを破る。

それも、FW2名で2得点に相手の
クリアボールがオウンゴールを誘って
浦和3-1セパハンと”ほぼ”完勝。
(”ほぼ”と付けたのは1失点をどう捕らえるかにもよるかと…)

次は13日(木)に横浜・日産スタジアムでヨーロッパ代表の
ACミラン(イタリア)と真剣勝負が確定。

これまではプレシーズンマッチ(親善試合)で
日本のクラブチームがヨーロッパや南米の
チームと戦ったのは何度か見たけど、

この1戦は、国際サッカー連盟(FIFA)主催の公式戦、
そう、日本国内に留まらず全世界にTV中継される逸戦。

四半世紀前からのトヨタカップ
(ヨーロッパvs南米の一発勝負)
中立的に続けてきた成果も受けて
ヨーロッパでどういう反応が見られるか…

ちょっと楽しみになってきましたぞ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月10日 (月)

ろう(BlogPet)

きのうは富士重工とか意味した?
でも、てつごろうでアナウンスされた!
でも、周辺っぽい設備したいです。

*このエントリは、ブログペットの「ぺんぺん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【特設】[緊急アピール]群馬テレビふざけるな!!

Sサポさんの掲示板見てて今更気づいたが、

監督・コーチがTV出演するからってよ、
土足でビックフラッグ上を闊歩したって
一体全体「何やっとるんじゃ!!!!!」

合成映像とか使わずに
本当に歩いたとしたら
失礼極まりなくないか?

群馬テレビの連絡先
電話・郵便などメールフォーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

中国地方へ”J2草津”初上陸決定!!

昨夕、ポストにクロスバーの叩き合いの
末に、スコアレスドローで終わった
J1J2入替え第2戦@広島ビックアーチ。

5日(水)に京都は西京極で行われた第1戦が
京都2-1広島だったため、京都の1勝1分でJ1昇格、
広島は2003年以来2度目のJ2降格が決まりました。

と言うことで、来年はザスパ草津のJ2アウェイ戦が
広島で少なくとも1回は行われることが確定ですな。
(J2昇格後、初めての中国地方上陸になりますな→ザスパ)

そう来たら、来年は何とかタイミングを
合わせて広島に行こうかな?と。

実は、広島は新幹線で通りかかったことは
何度かあるけど、降り立ったことが無いし。
原爆ドームに宮島も行っておかなくては(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 8日 (土)

【特設】うっすら予感していたが…

どおりで2006年はシーズン最終戦に近づくにつれ、
非常に激しくなったとある勧誘部隊の動きが
2007年は「奇妙」と言う位に静かだったんだよな。


えっ、何かって??


三菱UFJニコス(商標:NICOS)が
Jリーグのオフィシャルスポンサー
契約満了(延長せずに終了)
 ↓
Jリーグの大半のクラブと提携して発行していた
Jリーグカードの特典も2007シーズンで終了
(どうも、2007年9月で募集終了していたらしい)
 ↓
半年位前に少々触れた、クレジットカード利用額の
一部をクラブへ強化費として寄付する活動も
カードの有効期限(最長2009年4月)を持って終了

そして、私を含めザスパ草津の
Jリーグカード保持者に関しては…

約1年後にザスパ草津オフィシャルファンクラブ
の会員登録を「事実上やり直す」羽目になった?


って事か?

Jリーグカードにしておけば喧騒にも巻き込まれず
毎年自動更新で楽チンと思っていたのですが…orz

まあ、いつの間にか三菱UFJファイナンスグループの
傘下同士になっていたNICOSとDCカードが2007年
4月1日に経営統合を行う
(←リンク先はPDF)と
発表してからと言うものの、報道では何だかんだと
リストラするの噂は聞いていたので仕方ないのか…

あっ、ファンクラブHPに告ぐ。
NICOSがJリーグカードの募集を2007年9月に
停止してから既に3ヶ月近く経っているのに
「まだクレジットカード会員募集しています」とか
「クレジットカード会員になると特典が増えます」
と言った表現は早急に撤去すべきではないのか?

Scan20071206nicos1

Scan20071206nicos2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

(公共交通利用報告)2007ホーム最終戦京都@敷島

12月1日(土)に行われた
2007年シーズン最終戦。
ホーム敷島で京都との一戦でした。

遅ればせながらでありますが、今日は
試合翌日の投稿で最後に触れていた
公共交通の利用報告をお送りします。

ここ数年で当たり前にはなりましたが、
2007年の最終戦も公平を期するため
J2は正午、J1は14時30分の
時刻統一キックオフで行われました。

正午キックオフから逆算するとザスパ草津
主管試合のシーチケ開門は10時15分。

ところが、信越線(高崎~横川)沿線から
公共交通で向かおうと考えたところ

<1>少々クリチカルな乗換で早々到着コースを選ぶか、
<2>シーチケ開門ギリギリ到着を覚悟で公共交通の
    部分は「余裕のよっちゃん」乗換で行くか

の選択に迫られました。

以下に、その詳細を記すと
信越線(例:横川8:42発)→高崎9:13着
に対して

<1>高崎9:17水上行→新前橋9:27着
     →新前橋駅西口9:30発シャトルバス→敷島10時前?着
    ※高崎・新前橋が各5分以内乗換だが敷島には10時前に着く

<2>高崎9:28小山行→前橋9:42着
     →前橋駅北口9:55発総合スポーツセンター行(一般路線バス)
     →森林管理局10:09(¥190)→競技場入口10:10(¥240)
    ※高崎・前橋が各15分待ち、どこかで遅れると開門に間に合わない

少々迷った末、私は<1>コースを選んだのですが、
迷っている途中にふと頭をよぎったことが1点。

あれ?10月10日(水:ド平日)のホーム水戸戦の
帰りのこと、敷島から新前橋駅に向かう帰りの
シャトルバスは新前橋駅の東口に到着したよな?

結果論、新前橋駅のJR改札を出て1回東口に行きました。
東口にもシャトルバスらしき観光バスが停まってました。
近くまで行ったところ「前橋ケイリン」の掲示が…orz

走りに走って西口(免許センター側)に向かったら
小さい観光バスが2台待ってて、敷島行きでした。。。
無理矢理待たせてしまってスミマセンでしたが、
結果的には9時50分頃には敷島に到着してました。


一方で、帰りのお話。
KSPで提案のあった清掃活動に参加した後、
競技場入口17:04→森林管理局前17:05
→前橋駅行きのバスで千代田町5丁目で
行われた大納会
の会場へ向かったのですが、
そのバスに乗り合わせた草津サポーターの中に

居ました居ました。
真っ当な群馬の若者が。


(1)バスに乗っても整理券を取ろうとしない
(2)料金入れと両替機の区別が付かない
(3)バスが動いている間に両替をしようとする

まあ、群馬の公共交通利用状況からすれば
「知らなくても当然」とは思うが、
(私の親父もJRの切符の買い方を知らないし)

都会に行っても困らないように

「歩行者用(押しボタン)信号機
 を小中学校の近くに設置する」


ように

「バスや電車の乗り方を料金の
 支払いを含めて体験する授業」


があっても良いのでは?
と思ったのさ。ちゃんちゃん。
(ネタに使った方、ゴメンナサイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

【特設】2008シーズンチケットについて

昨日、私の家にも、ザスパ草津の2008年
シーズンチケットの販売案内が届きました。

封筒の内容は概ねホームページ内で案内されている
通り
だったので、引用は避けリンクに留めておきますが

2007年→2008年の主たる変更点が2点あります。

(1)小中高&シルバー料金の大幅値下げ
 →M席およびB-H席ならどちらも5000円/年ポッキリ
  (2007年はMが18000円・B-Hが9000円

(2)試合当日受付による「ゾーンアップ制度」が導入。
 →2006シーズンはゾーンダウンがOKだったため、
  試合によってはB-H席が混雑、対戦カード毎にゾーンダウンを
  受け付けない旨がアナウンスされる現象が見られました。
 →2007シーズンはゾーン変更が認められなかったため、
  シーズンチケットもB-H席ばかり売れ、B-H席は
  毎試合混んでTV的にはOKだったかもしれないが、
  TVに映らないメインスタンドは冠マッチなどによる
  招待券が大量に配られない限りガラガラ。
  →M席のシーチケ入場行列も常に数十名規模だったのは確か
 →一方で、価格の安さで初めてB-H席を買って訪れた方が
  ”唖然”(以下略)と言った現象も度々見受けられました。
 →さて、2008シーズンはアップグレードが認められます。
  B-HからMへ、またはMからSへの場合、追金500円、
  B-HからSへの場合は追金1000円となります。
  →私も2007はB-HのシーチケのほかにVチケを前半戦に
   1組(M5枚)だけ買って兄とか友達とかを誘ったりしましたが、
   そう言った場合に試合中は離れ離れになるのは
   半ば承知…心苦しい面があったのは確かでした。
   
上記(1)および(2)ともに2007年の観客がサポーターや
熱烈ファンなどの特定層に限ってしまうキライがあり、
例えば家族連れが遠慮無く来場できる環境作り
(これはJリーグ全体の課題だったような?)から
遠くなってしまった点を反省してるように見え隠れしますが、

個人的には
B-HのシーチケはM席のシーチケと同額、あるいは
1試合あたりの単価がB-Hの方を100円程度
高くしてもB-Hの方が売れたのでは?
と思うことがあったことは付しておきます。

それ以前に試合開始時間と交通アクセス面の関係の方を
しっかりして置かないとよっぽど大きなファクターになりそうですが。
(この件は、太田開催の可能性を含め、順次触れようと思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

SUBARU(FHI) New Forester Coming soon??

先週、何気にスバルの富士重工のホームページを
眺めていたら現れた新型フォレスターの予告ページ。
(リンク先は多聞にFLASHの利用あり)

ご存知の方も多数いらっしゃるかと思いますが、
これまでのフォレスターはインプレッサのプラット
フォームをベースに作られてきた歴史がありますが、
そのインプレッサが2007年6月にフルモデルチェンジ。
10月の東京モーターショーに合わせてWRX-STIが追加。

いずれも、販売台数上のスタートダッシュは
”そこそこ”ですが、これまでの「やんちゃ感」は
影を潜め、随分上質に変わっているらしいです。

雑誌やネット上の噂とかを調べると、
どうもスバルのお約束「4輪独立懸架」を支える
後のサスペンションをこれまでのストラットから
ダブルウィッシュボーン(事実上マルチリンク?)
に変えたのが結構効いているらしいです。

私の父親もスバル車に対しては珍しく
「インプレッサ良いぞ」と言っているので、
(本当はメーカーを理由に偏見を加えて欲しくないんだが)
フォレスターにも期待を掛けちゃって居たりします。

ただし、雑誌での噂によると横幅1.8m位の
「グローバルサイズ」になるとか、ならないとか。

まあ、初代の後期型だか、2代目を出す頃には
「取り回しの良さで知的な女性に大好評(米国?)」
とか書かれていたりしたので、日本国内よりかは
グローバルを主戦場として狙っているんだろうな。

まあ、クリスマスプレゼントとして待ちますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

小橋健太と言う漢(オトコ)

昨日は来季からのJ2に熊本と岐阜が参戦すること、
それに伴って15チーム3回戦総当り制が内定したこと、
野球の北京五輪出場が決定したこと…色々ありました。

そんな中ではありますが、今日取り上げるのは
最近「やや下火」と言われるプロレスの話。

小学生の頃は土曜日の17時30分とかから
当たり前のように放送されていた時代は親に
怒られる位TVでよく見ていたけど、今や地上派
では深夜放送で何とか放送される位で、心置きなく
見るにはBSやCSが主たるメディアとなってしまった。

でも、小学生の頃は「両者(両軍)リングアウト」に
持ち込んで決着を付けないのが当たり前だったのですが、
それを改革したのはタイトル戦線から引き始めた
故・ジャイアント馬場さんだったと思う。

その流れを引いた、プロレスリング・ノア(社長:三沢光晴)は
ヘビー級の重さもジュニアヘビー級も動きも共に面白いと思うので、
群馬県内+埼玉県の群馬寄りでタイミングが合えば見に行きたい
ところです。(でも、最近はなかなかタイミングが合わないorz)

で、その団体に所属する”鉄人”こと
小橋健太選手(ノアの取締役でもある)が
40歳を目の前にした昨年夏のこと、
片方の腎臓がガンに冒されたことが健康診断で発覚。

その前にも(確か)膝の故障で長期欠場を
強いられた経歴が彼にはあったとは言え、
ガンとの戦いには流石に
「プロレスラーとして復活は無理だろう」

と私も思ったし、多くの方は思ったと思う。

ところが、彼はプロレスラーとしての
復活しか考えずに治療に励んできた。

主治医にも無理と言われ、主治医も
実はGOサインは出していないらしい。

ガンに侵された一部の摘出を主張した
小橋選手に対し主治医は片方の腎臓を
丸々全摘出を主張した主治医との葛藤。
(結果的には主治医に従い、片方を全摘出)

その他、さまざまなエピソードを重ね、
2007年12月2日、1年5ヶ月ぶりに
日本武道館でプロレスのリングに立った。

それも、ただリングに立つだけではない、
選手として戦いに挑んだのだ。

その相手やタッグチームのパートナーも
カタチだけの復帰を狙った若手なんかじゃない、
パートナーには高山善広選手
(この選手も脳梗塞から復帰と言う過去がある)、
相手チームは三沢社長に秋山準選手。
一切の妥協無しのプロレスを展開。

結局、60分1本勝負で行われた復帰第1戦は
27分過ぎに三沢社長の必殺技を喰らった
小橋選手がフォール負けしたものの、
(三沢社長から「出さざるを得なかった」とのコメントも有ったらしい)
彼はガンに克つと言う1つの目標を達成したのは確か。

ここまで来ると、

単なるバカなのか、
それとも情熱なのか、
果てまた美学なのか、


と思うかもしれないし、
私個人も一瞬は思った。

でも、この世に生を受けた者が

「生かされている」では無く、
「生きる」ことの大切さ


改めて思い知るきっかけになりそうです。
(まだ、TV中継の録画は見てませんが)

<関連記事>
小橋おかえりなさい!腎臓がんに勝った…
ノア・日本武道館大会~報知新聞Web~


鉄人健在!小橋が「奇跡」の復活/ノア
~日刊スポーツWeb~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

公共交通パブリックコメント募集予告?

一昨日のザスパ草津2007J2最終戦が
どのように扱かわれたかを知りたくて
コンビニで買った上毛新聞の1面記事で発見。

県、公共交通で基本指針へ
(リンク先は上毛新聞Web:Webではトップ扱い)

記事をかなり要約すると、
2005年頃にも募集があった
パブリックコメントが再び募集される

と言うことか(オイ)。

旧ブログから過去記事を引っ張り出せば…
(携帯の方ゴメンナサイ。各記事への直リンク飛びません)
2005年はしЯ束目木馬鹿崎支社
9月頃に県内記者クラブに記者会見してまで
「接続改善」をひたすらアピールしといて
11月に発表されたダイヤ(案)←【ココ注目】
が何もかもが嘘っぱちだった。

結局、一旦発表した改正ダイヤを
実施する前の間に修正した
と言う
恐らくJR史上初の特大ポカをしでかした年でしたな。
(実は、2006年6月に新聞記事になった
 件以外に、高崎駅絡みだけで24件も
 ダイヤ修正が行われたりしてます)

自治体から資金が入っていないとは言え
公共交通で基幹的な役割を担うべき
高崎のしЯ支社がこんな有様では
枝の役割をお願いしたいバスも
あまり気合が入ってない印象があります。
(ってか、高崎のしЯ支社が吾妻方面の系列会社を除き
 専らバス会社と仲が良くないらしいと言うのも困り者)


例えば、これも過去記事からですが
群馬県バス協会の経路検索で
「前橋駅」と入力し検索させても
「該当するバス停はありません」とか出て
全く持って無駄投資だった時期がありましたな。
(推定原因:あいまい検索が無効)

そう言えば、前橋では国土交通省の手も入って
前橋バスロケ」と言うサービスが行われていますが、
(おっと、平成15年から未だに試行運用だったか)
それは、県内で見ればごく一部での話しであって、

「何時、バスが来るのか?」
「そのバスはどっち方面なか?」
は上述の「前橋バスロケ」や
群馬県バス協会」を見れば何とか判る。

今、実は一番大事なことは
「バスの停留所がどこにあるのか?」

これが、方々の地図サイトを見てもイマイチハッキリしない
乗っているところもあるけど、実は間違っていたり…とかもある。

一方で、昔はau限定と言われていたケータイGPSも
(と言うか、auのCDMAはGPSが無くてはならなかった過去がある)
携帯会社を問わず使えるようになってきた。
それでも、auはほぼ全機種と言う強みは残ってますが。

話を戻して、バス停位置情報の目指すべきレベル

他市・他県からいらっしゃった
方にも不便を強いさせない


ココまでは最低限目指すべきでは?
(時刻表とのリンクは当然でしょ)

そして、ザスパ草津の試合限定のバスに関しても
意見が述べられるチャンスじゃないかと
(ココで何も提言しなければ、なし崩し的に
 BCリーグは河川敷OKになるかもよ)

当分は県庁HPは見逃さないほうが良いかもね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

「21分>20敗>7勝」は珍記録??(2007最終ホーム京都戦結果)

Jリーグの過去の記録を調べた訳ではないけど、

①遂に21引き分け(7勝20敗)

②1シーズンの引き分け数が
勝ち数および負け数の
両方を上回ってしまった


①および②はJリーグ新記録かもしれないし、
新記録ではなくとも、そうは簡単に出せない
”珍記録”で1シーズンが終わりました。

群馬テレビの中継でも伝えていましたが、
シーズン終了時の勝ち点が42。
実は同じ13チームで争われた
2006年と同じだったんですね。
(2006年は9勝15分24敗)

うーん、今シーズンの成長の
跡はどこにあったんだろうと
ちょっと考えてしまいますな。

(まだ、FM群馬で昨夜放送された
 ザスパまつりの録音は聞いてませんが)



そして、第52節京都戦の内容に触れますが、
前半は第50節C大阪戦の後半VTRか?と
言わんばかりに開始6分に失点(先制)を喰らう。

その後、微妙な判定でPKを与えてしまったが、
これで、2点目を与えたら前半から「万事休す」を
覚悟していたのですが、そんなピンチを救った
GK本田選手のPKセーブ(今季3度目?)。

それで、落ち着いたのか、京都のサイド
攻撃からピンチを迎えるも、これ以上の
失点は喰わなかったし、攻撃も決まらず
惜しいプレーの連続、連続、また連続。

後半30分頃、松浦選手・佐藤選手が投入され
「契約非更改選手への花道モード」と思い始めた
後半ロスタイムに差し掛かる直前のこと

FK+CK連続のチャンス到来

DFから田中選手や尾本選手も攻撃参加していたり、
今季、混戦でのゴールは余り無いのは判っていた

そこに、少々引いたポジションを取っていた選手が1名。

チョット面白い位置に居る選手は誰だ?誰だ??

と思っていた矢先に

CKのこぼれ玉がその選手に行った

(左足で)蹴った!

京都を入れ替え戦送りにした

同点ゴールだ!!!


決めたの誰だ?誰だ??

左の恋人DF寺田選手だ!!
(NΘKのスポーツニュースにも名前入りで出てました)


JFLの頃からの所属選手が
草津魂ココにあり

まさに見せ付けてくれました

これだから、最終戦は色々な意味で堪らないのかも。

Hi360824

その他、契約非更新選手へのメッセージや
吉例「公共交通でGO!」は今後の別記事とします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

到着!!!

到着!!!
おーい!?

選手バスどうした?

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=%2b36.24.45.81&lon=%2b139.03.10.72&fm=0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年の”教訓”か?(契約非更新選手発表)

例年、11月30日までに選手に
伝えられる契約非更新の通知。
(規約上は契約更新日の2ヶ月前で契約期間の
 開始日が2月1日なので11月30日が締切)


ザスパ草津では11月30日の20時頃、
公式HP上で発表されました。
(ところが、○宮あたりは出ていなかったりしますが)

今年の契約非更新選手はザスパでの背番号順に
【MF10 中井 義樹※】【FW13 マーロン】
【FW14 佐藤 正美】【FW20 松浦 宏治】
【MF27 里見 仁義】【FW32 奥山 卓廊】
 ※7月よりJFL佐川印刷SCへ期限付き移籍中でした

そう、6名のうち4名がFW。あと2名がMF。
(チカ選手の契約は良く判りませんがDF陣は全員残留)

これから察するに
FWの決定力不足が
2007年の”教訓”

だったのかなぁ~?

細部は再び落ち着いてから記しましょうか。

ひとまず、京都戦に向けた
昨日の記事もご覧頂きたく存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »