« 持ち帰り弁当チェーンを巡る紛争に一言 | トップページ | 世界遺産候補が泣いている…(>_<) »

2008年2月16日 (土)

CDMA方式の限界が見えた?(カテゴリ注意)

むかしむかし、関東地方で言う
IDO(当時)がCDMA Oneと言う
携帯電話サービスを始めた時、

CDMA方式は端末側で同時に3つの
 電波を受信できるので切れにくい
 ※リンク先はau(関東地区)HPより

と言う話を聞いたことがありました。

その後、NTTドコモや現在のソフトバンク
モバイルも3G(W-CDMA方式)導入して、
同時に3つの電波を受信する方式に関しては
大差無い筈と思っていた矢先に見たWeb記事…

携帯、新幹線に「魔の圏外区間」──
新大阪・京都間、基地局過密で切り替えに難

~日経ネット関西版~

再び2002年頃の昔話で恐縮ですが、
携帯各社が東海道新幹線(東京~新大阪間)では
トンネル内でも通話できるようアンテナを設置した

と言う歴史がありましたが、

トンネルが少ないと思っている
京都~新大阪間でなぜ切れる?

これこそ、想像はできるけど目に見えない
電波のナゾが絡んでいるんだよな。

ちなみに、個人的な経験談として
大宮~高崎間の上越新幹線では
時速240kmで走る速達便でフルブラウザを
使っても殆ど気にならなかったけどな…

|

« 持ち帰り弁当チェーンを巡る紛争に一言 | トップページ | 世界遺産候補が泣いている…(>_<) »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/17912451

この記事へのトラックバック一覧です: CDMA方式の限界が見えた?(カテゴリ注意):

« 持ち帰り弁当チェーンを巡る紛争に一言 | トップページ | 世界遺産候補が泣いている…(>_<) »