« 「家庭は自立電源」時代への一歩か? | トップページ | これって「芸術品」かも? »

2008年2月28日 (木)

世界卓球選手権2008広州

一昨日、2月26日の夜7時~9時前に
テレビ東京系列で放送された世界卓球選手権
2008女子グループリーグ日本vs韓国戦

1対戦5試合、3試合先取
1試合5セット、3セット先取
1セットは11ポイント先取
10対10の場合デュース有

で争われる今回のルールで

対戦成績:日本2-2韓国
セット数:福原愛(日)2-2ムン ヒョンジョン(韓)
第5セット途中:福原9-10ムン

1ポイント取られたら対戦成績で負けてしまう
と言う瀬戸際中の瀬戸際に追い詰められてから

福原愛選手が魅せた
3ポイント連取による逆転勝利。

(第5セット最終結果:福原12-10ムンで日本勝利)

勝った日本女子チームがTVカメラの前で泣いた。
負けた韓国女子チームも泣いていたらしい。

ちょっと久しぶりにTVで泣きかけた人、多数?

でも、小中学校のクラブ活動で卓球をやっていた
身からすると、卓球が地上波の民放テレビの
ゴールデンタイムで流れ、感動を呼ぶスポーツに
なったと言うのも「20年前では信じられない」と想う。

時期は忘れたが、昔は
1セット21ポイントx3(一部5)セット制、サービスは5本交代
だったのを
1セット11ポイントx5セット制、サービスは2本交代
に変えたり、
卓球台そのものや台の周りの床の色を
古の深い緑色ベースから試行錯誤しながら
変えていったのが結実したんじゃないかと思う。

さて、今日からは女子は決勝トーナメントに入るそうです。

果たしで3位以内は取れるのかどうか!!

<関連サイト>
世界卓球2008中国 | テレビ東京
世界卓球2008中国 ドガッチ[DOGATCH]

|

« 「家庭は自立電源」時代への一歩か? | トップページ | これって「芸術品」かも? »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/40294240

この記事へのトラックバック一覧です: 世界卓球選手権2008広州:

« 「家庭は自立電源」時代への一歩か? | トップページ | これって「芸術品」かも? »