« 日産スタへの道中にて(その2:覆面調査編) | トップページ | 「呆れてモノが言えない」話 »

2008年7月15日 (火)

この夏の海水浴は柏崎市へGO!

西日本では既に梅雨明けした地域もあるようですが、

群馬は「ハッキリしない天気なのに蒸し蒸し」か

「ピーカン照りのち強烈な雷」と言う嫌な天気が続いています。

 

そんな中、昨年2007年7月16日に発生した

新潟県中越沖地震の中心被災地となった

柏崎市の震災復興支援の意味を込め、

NEXCO東日本よりETC車限定の企画商品

かしわざき夏割海水浴パス

が先週7月9日(水)に発売されました。

 

適用は今週末の18日(金)から始まると言うことで

少しだけ触れておくと、

入口は下記A~Dの4エリア(詳細下記)
出口は柏崎市内の米山・柏崎・西山の各IC
(西山ICも合併により柏崎市内になります)

の間をカード番号と利用日
(1日または連続した2日間)を
事前に登録したETC利用車に
限って割引
を実施するものです。

一例を示すと、Aエリアの駒寄PAスマートICから
米山ICまでを普通車で走ったとすると

通常料金は片道4700円、往復で9400円に対し、
今回の割引料金は6100円と
時間帯を問わず約36%引となります。
(注:原油高対策で40%引きとなっている深夜割引には若干勝てない)

ここで、なぜ一例として駒寄スマートICを取り上げたかと言うと、
駒寄PAは練馬ICから100km以内となるギリギリのETC用
ICなので、使い方によっては東京都内や埼玉県南部からも
通勤割引や首都圏の早朝夜間割引との複合により
割引料金の恩恵に授かれるんじゃないかと…
(ただし、駒寄スマートICでの出入りの手間は必要だが)

昨年、震災後120時間経過後に柏崎市のお隣にあり
震度6弱を記録した上越市柿崎(かきざき)区
訪れた私の目からすれば原子力発電所は
念入りな点検が引き続き行われています
が、表向きの
町並みとしては予想以上のペースで復旧が進んでいます。

ただし、震災発生日が昨年の7月16日と結果的に
海水浴シーズンを棒に振ってしまったダメージは大きく、
今年の書き入れ時は逃したくないと言う街全体の想いが
感じられます。海水浴をお考えの方は是非とも、
この企画商品で柏崎市内にお越しいただきまして、
海水浴と海産物ショッピングに勤しんで頂けば幸いです。

最後になりますが、ETCカードを持っていない方は、
ぜひとも、こちらからE-NEXCOカードを
お作り頂ければ
、なお幸いです。
(ザスパ草津観戦者&サポーターの方、急募!?)

<入口エリア>
A:群馬県内の高崎IC以北
B:群馬県内の「上信越道+北関東道」+本庄児玉IC
C:更埴JCTを基点に上信越道佐久平PAまで
  長野道は更埴ICから松本ICまでの間
 (ただし、姨捨SAスマートICは走行方向が合わないため除外)
D:長野県内の長野IC以北

|

« 日産スタへの道中にて(その2:覆面調査編) | トップページ | 「呆れてモノが言えない」話 »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/41838155

この記事へのトラックバック一覧です: この夏の海水浴は柏崎市へGO!:

« 日産スタへの道中にて(その2:覆面調査編) | トップページ | 「呆れてモノが言えない」話 »