« 近隣アウェイ電車でGO!のヒント(その1水戸編) | トップページ | 【特設】涙ぐましい努力!! »

2008年8月 6日 (水)

研究会発足って…どうなることやら!?

昨日、2008年8月5日付けの上毛新聞1面トップ記事

インターネット版(1ヶ月間閲覧可能)でもトップになっていた

群馬県が「鉄道網充実で活路」を見出すべく、

研究会を来る8月8日に立ち上げ、

来年度以降に具体化に着手しようと言う記事。

 

記事を見る限りは、上毛電鉄のJR前橋駅への乗り入れ、

桐生市内のJR・東武・上毛電鉄・わたらせ渓谷鉄道からなる

雁字搦め網の再編、JR前橋駅へミニ新幹線乗り入れ、

太田と熊谷間を鉄道で結ぶ構想、各所の新駅設置なども

下手すると蒸し返しになりそうですな。

 

そして、個人的に上記リンク先の記事を見て

Good Jobと思ったポイントは以下のとおり

◎他県の企業から進出するにも鉄道アクセスが弱い
 と言う指摘があったことを認め、公表したこと

◎観光面でも、駅と観光地が遠いと言う
 指摘があったことを認め、公表したこと

◎検討対象にJR(高崎支社)が含まれていること
 (参考:JR高崎支社が2005年11月に
 犯した
歴史に残る悪態その解決報

 

あとは、下記のリンクを参考にして頂ければと思います。

◎座長を勤められる、大東文化大学の今城光英教授の紹介

◎旧ブログ「てつごろうの上州ヨタ日記」のカテゴリ「交通体系論」

◎現ブログのカテゴリ「交通体系論」

ご意見のある方、”動く”のはお早めに。

 

|

« 近隣アウェイ電車でGO!のヒント(その1水戸編) | トップページ | 【特設】涙ぐましい努力!! »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/42076421

この記事へのトラックバック一覧です: 研究会発足って…どうなることやら!?:

« 近隣アウェイ電車でGO!のヒント(その1水戸編) | トップページ | 【特設】涙ぐましい努力!! »