« 悩める「アウェイ富山」攻略法 | トップページ | 思った以上に「根深い問題」だと思う »

2009年2月20日 (金)

東京~高崎間の所要時間マメ知識(その2)

前回は「駅間○○分」の覚え方について記した

東京~高崎間の所要時間マメ知識ですが、

今日は、自動車(高速道路)でも使える算数のお話。

 

突然ですが、問題です。

 

時速60kmで走り続けた場合、

1分間に何km進みますか?

(ヒント:深く考えるとハマる)

答え↓

時速60kmで走り続ければ

1分間に1km進みます。

 

これが、倍の時速120kmになれば、

1分間に2km進むので、こんな換算表ができるはず。 

時速 30km→1分で0.5km(原付)
時速 60km→1分で1.0km(乗用車)
時速 90km→1分で1.5km(在来線普通列車)
時速120km→1分で2.0km(在来線特急)
時速150km→1分で2.5km
時速180km→1分で3.0km
時速210km→1分で3.5km(初期の新幹線)
時速240km→1分で4.0km(上越新幹線)
時速270km→1分で4.5km(東海道新幹線)
時速300km→1分で5.0km(山陽新幹線)

 

そう、最高時速240kmで走る上越新幹線は

その速度を1分間維持すれば4km進むことになる。

逆に言えば、ブレーキを掛けるタイミングが遅れると

思った以上に進んでしまうこともわかってしまう。

例えば時速240kmだと、1分で4kmだから

1分の1/4となる15秒で1km進んでしまう。

 

これが、今回の「取り戻せた4分」の1つのカギを

握っているのだが、この話はまだまだ続きます。

 

|

« 悩める「アウェイ富山」攻略法 | トップページ | 思った以上に「根深い問題」だと思う »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/44069176

この記事へのトラックバック一覧です: 東京~高崎間の所要時間マメ知識(その2):

« 悩める「アウェイ富山」攻略法 | トップページ | 思った以上に「根深い問題」だと思う »