« 第1クール終盤で「走り込み不足」が露呈か? | トップページ | 藤井(BlogPet) »

2009年5月15日 (金)

「惜しまれる連覇」と「良く考えて欲しいこと」が交錯??

昨年の同時期にも触れていたことであるし、

今、丁度、ハイブリッドカー戦争が本格化する

前夜と言うタイミングでもあるが、

自動車のカタログ燃費を日本国内での

統一基準で測るのは仕方ない面もあるが、

自動車を選ぶときは是非とも

実燃費に注目して欲しい。

 

そう、e燃費と言うサイトによる

e燃費アワード2008-2009

先日発表されたのだが、

軽自動車部門でダイハツOEMへの

カウントダウンが始まったと言われる

スバルの4気筒+CVTの組み合わせが

惜しまれる連覇を達成。

(ひょっとしたら3連覇?)

 

今や主流と言われるハイト系軽自動車でも

昨年フルモデルチェンジしたワ○ンR(3気筒+CVT)は

2006年に発売されたスバル・ステラを

超えられない上、運転者による”ブレ”も

大きいと言う結果が出ている。

 

もっと極端なのはハイブリッドカーで

カタログ燃費36km/Lとか言われた

2代目プリウスの実燃費は20.5km/L

 

台数(シェア)を稼ぎたい会社こそ、

カタログ燃費の操作を行っていそうな

気がして病みませんが、今日のタイトルである

「惜しまれる連覇」と「良く考えて欲しいこと」が

交錯しているのでは?と思ったし、

「本当のエコ」は何処にあるんだろうと…

 

以降は各自でお考えいただければ幸いです…

 

<参考記事>

実燃費、カタログ値と誤差鮮明 ドライバー不満足

(MSN産経ニュース2009年4月8日)

|

« 第1クール終盤で「走り込み不足」が露呈か? | トップページ | 藤井(BlogPet) »

スバル&自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/44608216

この記事へのトラックバック一覧です: 「惜しまれる連覇」と「良く考えて欲しいこと」が交錯??:

« 第1クール終盤で「走り込み不足」が露呈か? | トップページ | 藤井(BlogPet) »