« 「家庭用MS-Office」販売終焉近し? | トップページ | ♪は~るばる誘われ函館へ(アウェイ札幌戦@函館は18日14時) »

2009年7月16日 (木)

前橋市の公共交通同士の連携2題

先日、仕事でJRの新前橋駅と

前橋大島駅に降り立った際、

両駅で公共交通連携について

気づいたことがあったので触れておく。

 

<その1:新前橋駅東口>

Ts3h0083_2

細部に突っ込みどころは残しているが、

無人で出来る範囲の案内図はあった。

新前橋駅で気をつけなくてはいけないのが、

立川町通り・中央前橋駅経由の前橋駅行きは

新前橋駅西口(免許センター側)から

発車することになかなか気づかないので…

 

<その2:前橋大島駅南口>

Ts3h0084 Ts3h0085

朝9時集合の健康診断を受けるため

前橋大島駅南口~石関町学園中央

の循環路線を利用したら

事実上の学バスでした

(整理券を使わず1乗車¥150均一
 と言う点から推察は付いていたが…)

でも、この路線、途中の停留所で降りる

利用者は無いわ、石関町学園中央および

石関町南の各バス停で降りる際に

降車ブザーは使わなくて良いらしいわ、

お昼ちょっと前の復路なんか、

乗客私1人だけで、乗る際は運転士から

「前橋大島駅行ですよ?」と聞かれた上に、

それを承知すると伝えたら、自動放送による

バス停案内なんかしやしないし、

バスの中を見れば広告1つありゃしない

補助金まみれの適当やな

…ってか、健康診断に公共交通で向かう

こと自体がマイナーなのか。群馬ってところは。

 

|

« 「家庭用MS-Office」販売終焉近し? | トップページ | ♪は~るばる誘われ函館へ(アウェイ札幌戦@函館は18日14時) »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/45452711

この記事へのトラックバック一覧です: 前橋市の公共交通同士の連携2題:

« 「家庭用MS-Office」販売終焉近し? | トップページ | ♪は~るばる誘われ函館へ(アウェイ札幌戦@函館は18日14時) »