« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

[リクエスト企画]横浜FC戦へ行かれる皆様へ

27日のホーム水戸戦で3連勝を決めて

次の日曜日に行われるアウェイ横浜FC戦に

行こうと思った方も多いようであるが、

今日は27日の水戸戦後にリクエストを受けたので

 

JR東日本のホリデーパス

 

について改めて触れておこう。

 

<買い方>

発売日(土休日および学童夏休みの平日)かつ
発売対象駅(高崎線では熊谷駅以南)に該当する
自動券売機の「おトクなきっぷ」をタッチすると
「ホリデーパス 2300」が表示されるのでタッチ。
代金を投入すれば購入可能なはず。

 ※「おトクなきっぷ」の位置は以下の写真を参照

Ts3h0538

 

<おトク度>

各駅から横浜駅までの運賃を以下に

「乗車駅名、通常往復料金、ホリデーパス使用時料金、おトク額」

の順で記します。

なお、乗車駅名に☆を付けた駅からは

後述する「ちょっとしたテクニック」が必要です。

 

鴻巣、2560円、2300円、260円

熊谷、3240円、2300円、940円

籠原☆、3780円、2680円、1100円

本庄☆、3780円、3100円、680円

新町☆、4420円、3260円、1160円

高崎☆、4420円、3780円、640円

井野☆、4420円、3780円、640円

新前橋☆、5040円、3940円、1100円

前橋☆、5040円、4200円、840円

 

<ちょっとしたテクニック>

上記で☆を付けた籠原駅以北から乗車する場合、

各乗車駅から熊谷駅までたどり着いた時、

一旦下車し、更に熊谷駅の改札も出て、

その足で熊谷駅の自動券売機で

ホリデーパスを買って戻る手が使えます。

 ※併せて、極力帰りのきっぷも購入すべきです。

 

なお、休日の午前9時以降(日中帯)であれば、

高崎駅を毎時30分頃に発車する上野行きに乗り、

熊谷で上野行きから降りても、約10分後に湘南新宿

ラインの平塚行(籠原始発)が追いかけてくると言う

パターンがあるので、是非ともご活用を。

(この10分間にホリデーパスを買うのさ!!)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

走行税?

非自民大連立からの16年ぶりと記すか、

立法府第1党の交代と言う観点からすれば

戦後初とも書けそうな政権交代による波紋は

群馬県を含めあちこちに広まっているが、

 

2009年9月17日のニュースで

共同通信47News日経新聞

 

石油連盟と言う組織の会長から

「走行税を導入しては?」

と言う話があったとか。

 

このポイントは、これまた半世紀以上の間、

自動車の動力源と言えばガソリン・軽油・

LPガス(タクシー等)の石油由来製品を

タンクに注入すると言う”思い込み”があったが、

ハイブリッドカーの普及や電気自動車の

一般化前夜と言う状態になったことを踏まえ

 

道路維持に必要な税金を

石油由来製品から主に

徴収する時代を終えるべきだ

 

とも取れかねない提案と言うわけ。

 

日本では自動車の”メーター戻し”が問題視され、

最近の自動車は軒並みデジタル表示に変わり、

更には車検毎に記録、車検証に明記されていることから、

走行距離の特定にGPSを使う必要まで

あるかと言われれば疑問は残るが、

走行税の発想自体は個人的には面白いと思う。

 

また、「税率によっては」ではあるが、

群馬の交通体系に大変革をもたらす

可能性がある点でも面白いと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

”実りを呼んだ”捨て身の大冒険(ホーム戦、草津2-0水戸)

まず、春以来の3連勝

それも、2009開幕で魅せた3連勝は

週末戦ばかりでの3連勝だったのに対し、

今回は週末以外な富山戦を含んで、

たった8日間で3連勝。

 

選手の皆様。サポーターの皆様。

嬉しさ半分のお疲れ様でした。

 

でも、この試合のスタメンを見てビックリ。

 

熊林選手と喜多選手がコンディション不良と言うことで

佐藤穣選手が久々のスタメンに加え、

有薗選手(J2初出場・U-23昇格組)

が入ると言うサプライズ。

対戦前の時点では

”捨て身の大冒険”

に出たと言っても良かったであろう。

 

観戦していて、両選手とも固さから来る

不安は見られないとは言えなかったが、

2連勝が生んだ安心感なのか、

相手の決定機にも比較的落ち着いて対応。

 

メンバーを入れ替えてもキチっと勝てる。

個人的にはお盆前後から試したら

もっとハッピーだったかもしれないが、

この3連勝は実りも高く嬉しく思う。 

 

そして、そして、記さないわけには行かない

常澤選手、先発3試合無失点

更に、更に、

小林竜樹選手、水戸戦で2ゴールを

叩き出し、先発3試合で何と

 

場内アナウンスでは「ミニ四駆」と言われているが、

個人的には「オフィエンシブ・スウィーパー」だと思う。

サッカーで「スウィーパー」は守備的に用いられることが多いが

”詰め”が出来ると共にゴールに流し込む嗅覚は

「ラッキーボーイ」では失礼な気がしてきた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

【特設】続・東毛の定義とは?

本日行われる正田醤油スタジアムでの

草津vs水戸戦に関しては昨日の記事に任せるとして、

 

今日はちょっと古くて恐縮だが、

2008年の10月末に【特設】東毛の定義とは?

と言う記事を公開したが、今日の続編は、

相当前に伝え聞いたものであるが、

ちょっと面白いと思ったのでご紹介します。

 

続きを読む "【特設】続・東毛の定義とは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

♪燃えよ!北関東~!!(42/51ホーム水戸戦は27日16時)

2005年から2008年までは

水戸vs草津の一騎撃ち

で行われていた北関東ダービー。

2009年に栃木が加わり

三つ巴の戦いに発展。

 

J’sゴールでは特設ホームページと共に

J’sゴール編集部謹製のカップが作られ

更にNHK前橋放送局の主導による

特設ホームページまで出来てしまった。

 

ところがところが…

 

 

 

続きを読む "♪燃えよ!北関東~!!(42/51ホーム水戸戦は27日16時)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

「おとなりさま」と公共交通アクセス比較(一部【特設】)

2005年のザスパ草津J2昇格、

それに対し、同年10月から開始した

ヨタ日記でコト有るごとに取り扱った

 

「試合会場への公共交通アクセス問題」

 

今回は「おとなりさま」となった栃木SCの

JR宇都宮駅~栃木県グリーンスタジアム

について触れておこうと思う。

 

栃木SCのホームページによれば、

JR宇都宮駅西口からスタジアム南側間を

試合開始2時間前から10分毎に運行。

料金は何と「無料」と案内されている。

 ※その後、東口発に変更になったとの情報も有る

 

小生は実際にシャトルバスに乗車したわけではないが、

当日の案内人が若干近回りと言う経路をご教示頂いたため

その経路を掲載しておくが…10.5kmもある。。。

 

これは、JR前橋駅から上毛電鉄中央前橋駅を経由して

正田醤油スタジアム群馬までの路線の倍近く有る

(遠回りとは言え、5.5km程度しかない)

 

次に、小生の乗車暦は復路だけとは言え、

県を代表する新幹線駅である、

高崎駅と正田醤油スタジアム群馬との間を

記憶の限りでプロットしてみると13km弱か…

 

運賃(無料vs500円)は抜きにして、

10.5kmと13km弱の距離感、

あなただったら、どう感じますか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

最低限の面目保つ(アウェイ戦、富山0-2草津)

2009年シーズンのザスパ草津で、

4月のアウェイ甲府戦で喰らった失点

5月のホームC大阪戦での期待倒れ

と開始10分以内での得失点で

「あまり良い思い出が無い」と個人的には

思っていたのだが(そしたらスミマセン…)、

 

昨日のアウェイ富山戦では、

良い意味で裏切ってくれました。

 

開始僅か2分で都倉選手ヘディングゴール

 

あれは、富山のGKにとってはセーブするに

それほど難しくないようにも見えたけど、

ゴールに入ったものは入ったで素直に喜べました。

 

その後、富山は縦ポン1本勝負、

もしくはペナルティエリアの角付近まで

グラウンダーで踏み込んでからの

ワンツーでの崩し狙いに終始したので

「過去2戦と大して変わってないな」

との印象で時間は流れに流れ、

 

後半残り10分で、前節の甲府戦に続き

No.34 小林 竜樹選手

の2試合連続ゴールが決まり

1つの試合での勝負有り

 

更に、3戦合計で1勝1敗1分けだったが、

1戦目(アウェイ)富山1-0草津

2戦目(ホーム)草津0-0富山

3戦目(アウェイ)富山0-2草津

と、得失点差で草津が1つ上回ったので、

どうにかこうにか2009年昇格組に

最低限の面目は保てたかと。

 

それにしても、前節の甲府戦結果記事

ラッキーボーイと称した小林選手は、

富山戦でもラッキーボーイだったな。

 

彼のゴールシーンをスカパーで

放送されたスロービデオを見返せば、

オフサイドと言われても仕方ない

ポジションだったようにも見えるが、

少なくとも副審にはセーフと見えたのだから。

 

あと、FMぐんまのアウェイ中継での

解説を勤めたK島N幸さん

5月28日の東京V戦に続き

”とあるジンクス”継続でしたか(謎)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

エクシーガA型GTドライビングインプレ~群馬-山形往復から~

去る、2009年5月30日に行われた

2009ナビスコ杯の山形vs千葉戦に

当時の記事その続編

エクシーガA型GTを駆り出していたのだが、 

 

今日はそのドライビングインプレッションをお送りする。

 

<経路と時間(概略)>

[往路]

高崎市内6:30~高崎IC~北関東道~

太田桐生IC~国道50号ほか~

栃木駅8:40(東武特急けごん1号から兄合流)~

~栃木IC 9:00~東北道~途中休憩2回~山形道

~山形北IC~NDソフトスタジアム11:50着

 

[観戦]

2009ナビスコ杯予選、山形vs千葉 14:00~16:00

 

[復路]

NDソフトスタジアム16:30~往路と逆経路・

上河内SAで食事休憩~東北道佐野IC20:00

~往路と逆経路~高崎市内21:30

 

[天候・距離]

往路→群馬から福島市付近までは曇りだが、

    交通量の少ない箇所は路面湿潤。

    福島市の先から宮城・山形県境までは雨。

    うち、山形道内(上り坂)は激しく降る。

    山形市内に入ったら天候回復。

復路→往路と逆だが、東北道に入ったら雨止む。

    福島県内~上河内SAまでは兄の運転。

距離→往復で約750km

 

<インプレッション>

・パワー&トルク

 →ターボが効く2000回転以上はパワーも

  トルクも有りすぎてSIドライブをIモード

  (intelligent)にしてても抑える※のが大変。

    ※パワーもそうだが、燃費的にも…

 →往路の東北道栃木県内で数回、自然渋滞寸前の

  場所があったのだが、ターボが効かない回転数に

  なってしまい、少々ギクシャクするモトとなっていた。

 

・機能面

 →まず、AWD(VTD-AWD、なお、VDCは無し)

  濡れ路面対応は個人が気づく範囲では”完璧”。

  もちろん、それに頼りすぎてはイケナイが、

  乾燥路面とほぼ同じ感覚で良く、言わば心配無用。

 →次に、運転席用メーター内でターボ車でもお構いなく、

  水温計を廃し、替わりに燃費計が入った件は

  思っていた以上に”緊張した”

 →そこからもクルーズコントロールの

   有用性に気づいたし、高速主体なら

   GTでも実燃費12.0km/lは充分狙える。

 →A型の緑ゾーンと無着色ゾーンの境は

  個人推定で10.0km/l位と思われる。

 →車幅178cmは前車のBHレガシィが

  5ナンバーサイズの169.5cmだったことから

  少々苦戦中。共同使用する父親のリクエストもあり

  電動上下コーナーポールは納車時から導入していたが…

 →コーナリングは前車から車高が高くなったため

  ワインディングで無茶はしていないが、街中の

  交差点では前車同様に曲がれていると感じている。

 

この先、座席とかエアコンなどを含めた

ユーティリティ面のインプレッションや

現在販売されているB型の購入をコッソリと

狙っている方向けのお勧めグレードは

別途記事で触れることにします。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

積もりに積もった逆境を?(41/51アウェイ富山戦は23日13時)

20日日曜日に行われた前節ホーム甲府戦

記録的な多数の観客の中、

今季初の1-0勝利を収めたザスパ草津。

 

しかし、上位叩きを喜んでいるのも束の間、

世間はシルバーウィークと言うことで

明日の秋分の日が水曜日の最終日。

 

と、来れば、中2日で試合が入ってくるが、

以前に触れたように、週末以外の成績がorz

 

それだけではない。

2009年J2昇格組との対戦成績が…

(以下、現時点での順位→第1クール、第2クールの順)

富山→アウェイ0-1負ホーム0-0ドロー

岡山→アウェイ3-0勝ホーム1-1ドロー

栃木→ホーム0-1負アウェイ0-0ドロー

 

3チーム合計、1勝2負3ドロー、勝ち点6

思っていた以上に

勝ち点を稼げていない。

 

よくよく見れば、富山と栃木からは

1ゴールすら奪えていない。

 

過去、多数の対戦があるチームの方がやりやすいのか、

昇格組みの”様子見作戦”※が功を奏しているのか…

 ※これに対して、ここ1ヶ月の間に草津が勝った
  湘南とか甲府など昇格争いのチームは彼らの
  コンセプトを押し通そうとする傾向が有る気がする

 

そして、リーグ戦通算勝ち点も

現時点では富山の方が6つ上。

直接対決で勝てば勝ち点3差となり、

最終節までに交わせる可能性は残る。

一方で、負ければ差は9となり、遠のく。

 

逆境は積もりに積もっている。

目先の連勝云々を語る前に、

逆境を跳ね返さなくてはならない。

 

まずは富山からゴールを奪うしかない。

逆に、奪ゴールに拘っても良いのかも知れないが、

戦術に拘る前に勝負に拘れ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

ラッキーボーイ登場(ホーム戦、草津1-0甲府@8276人)

まず、始めに個人の勝手な推定ではありますが、

約2500人もの甲府サポーターの皆様が、

群馬県にお越し頂いた事、更にスポンサー様からの

多大なるご支援もあり、昨日の試合入場者数が

8276人とザスパ草津が主管するホーム戦での

J2昇格後の新記録を打ち立てたようです。

(少なくとも、2009年最高記録ではあるはず)

 

そして、8276-約2500=推定5776人の

草津サポーターおよびホームタウン住民の

皆様が見つめる正田醤油スタジアム群馬にて、

 

昇格戦線真っ只中の

ヴァンフォーレ甲府から

今季初の1-0勝利

それも、ホーム正田スタで。

 

その、貴重な1点を決めたのは 

前節の東京V戦でプロデビュー、

昨日の2試合目がプロ初先発となった

No.34 小林 竜樹選手

Jリーグ初先発での初ゴールであった。

 

それも、帰宅後にビデオを見返したら

何と、相手GK股抜きと言う強心臓。

 

個人的には、ここまで極端な活躍でなくとも

ラッキーボーイの登場を待っていた

ので、結構嬉しく思っている。

 

そして、もう1人のヒーローは

草津のGKNo,21常沢選手であろう。

 

ハッキリ言って、もし、他のGKだったら

この試合も落としていたかもしれない。

昨日の活躍からすれば過言では無いであろう。

 

それでも、個人的には1度に2人か3人の

J2初先発が有っても良いと思っていたが、

今回の小林選手の活躍がチーム内に

良い刺激を与えて欲しいと思う。

(そうとも言えない心残りも無くは無いですが…)

 

Ts3h0473

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

ひょっとして初めて?(ちょっとお得かもしれない情報)

本日行われる草津vs甲府戦については

昨日の記事にお任せするとして

今日は少し先のお話を。

 

10月4日(日)の16時キックオフで

横浜FCvs草津戦がニッパツ三ツ沢

で行われるのだが、(実質裏天王山?)

 

この日は「3人寄せれば」

横浜まで少しお得に往復が

できる可能性に気づきました。

 

そう、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」の存在。

(公式資料:PDF版→JR東日本/HTML版→JR四国より)

 

乗車ルールは青春18きっぷとほぼ一緒で、

新幹線・特急・急行利用時の

乗車券としては使えないが、

湘南新宿ラインのグリーン車は

グリーン料金を別途払えばOKなので、

試合後は「ゆったり帰る」選択もできます。

(ただし、湘南新宿ラインのグリーン車混雑は…ですが)

 

で、タイトルで

「ちょっとお得かもしれない」と

記したのは肝心の料金が、

3人x日で9180円なので、

1人x日に割ると3060円となる。

(注:発売単位は3人x日です)

 

横浜まで普通に往復切符を買ったとすると

本庄から→3780円(微妙か?)

高崎から→4420円(ようやく?)

と言った形なので、少しの料金値引きと

途中乗り降り自由となる点がメリットか?

 

今のところ、行き慣れた

近隣アウェイを

今年はパスしているので

個人的には微妙ですが…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

3分→8分→?分と言うわけには行かぬ(40/51ホーム甲府戦は20日16時)

2008年。甲府とは当時の予想を超える

好ゲームを3つ揃えたザスパ草津。

 

<以下、本ブログ過去記事より>

2008年第1クール→GWにスコアレスドロー

2008年第2クール→後半ロスタイムの歓喜

2008年第3クール→2名退場下でのドロー

 

ところがどっこい。

 

2009年になったら…

続きを読む "3分→8分→?分と言うわけには行かぬ(40/51ホーム甲府戦は20日16時)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

”B型”で一般向け販売開始か?→エクシーガ

約2週間前の記事で予告してはいましたが、

スバルの富士重工からインプレッサと

エクシーガのマイナーチェンジに加え

フォレスターに特別仕様車が出た件で、

 

このブログで触れなくてはならないと思ったのが、

2WD(FF)モデルを含めNAエンジンの

エクシーガにCVTが搭載された件。

 

スバルの車はフルモデルチェンジまたは

新車種の発売直後のモデルをA型と称し、

年次改良を積むごとにB型→C型→D型と

なっていくのだが、新車種発売後1年少々での

マイナーチェンジであるB型で積んできたのは

昔のスバルではありえないと思ったが、

 

政権交代により2009年度限り

と言う可能性が出てきたとは言え、

NAエンジン主力グレードに対する

エコカー減税(75%)対応への切り札、

 

資本供給元であるトヨタからは2011年頃には

プリウスベースの7人乗りが出ると言う噂。

 

どちらを考えても絶妙なタイミング。

 

もともとは試乗すればW○shなんかとは

一線を隔すことが直ぐ判る”逸品”と言えたのだが

NA車の4速ATがウィークポイントだっただけに、

明日からの中間決算期に向けての集中企画として、

”A型GT”ユーザーの視点

で幾つか記事にしていこうかと思う。

参考その1参考その2参考その3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

最近の高崎駅周辺から

本日はノーコメント写真3枚勝負で!!!!!

Ts3h0398

Ts3h0400

Ts3h0402

ん、写真の中にコメントがあるって!?

おかしいなぁ~(^^;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

|

2009年9月16日 (水)

群馬のFMラジオを聞き逃さなくする方法【その2】

前回、ザスパ草津に関したものを中心に

群馬県内向けFMラジオを聞き逃すまいと

1日に複数の時間帯または

周波数の異なる局の録音が可能な

PC用ラジオをご紹介したが、

 

今日はPCの維持費(電気代を始めに

アンチウィルスソフトまで)が掛かるんで

PC接続は嫌だと言う方に向けにご紹介。

 

<昔で言う”ミニコンポ”>

SONY NETJUKE NAS-D500HD

(記事公開時点で最低4万5千円?)

 ※SONYからはCMT-E300HDと言う製品も出ているが、
  タイマー録音が1つしか設定できないため割愛

 ★PANASONIC製品は録った音源の他機器への
  持ち出しに制約があるため、全機種割愛。

 

<昔で言う”ラジカセ”>

VICTOR メモリーポータブルシステム RD-M1

 ※他、ミニコンポ数機種も4個までタイマー設定可らしい

 

<ICレコーダー/MP3系プレーヤー>

SANYO ポータブルラジオレコーダー ICR-RS110MF

 ※AMラジオを捨ててFMラジオのタイマー録音に限った場合、
  実は案外多数のMP3プレーヤーで可能であるが、
  屋外とかCATVからの外部アンテナを接続可能で
  安定した音質で録音できるのは三洋のこの1機種だけ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

[富山行かれる方必見?]シルバーウィーク限定「先行拡幅」

来週、いよいよ、秋の5連休がやってきますが、

(最近”シルバーウィーク”と称しているようだが)

 

最終日の9月23日(水・祝)の13時から

アウェイの富山vs草津戦が行われる。

 

2009年は泊りがけで行きたい

アウェイにはなかなか恵まれず、

(検討したのは幾つか有ったけど)

この富山戦を日帰りギリギリの遠征ターゲットとして

1000円高速で行こうと思案中。

 

で、本題。

群馬から富山方面に高速道路で向かう際、

関越道(長岡経由)vs上信越道(長野経由)の

どちらが良いのか?と言う話。

 

特に、迷うのが藤岡・高崎・前橋の各IC、

更に高崎JCTから分かれる北関東道沿線からだと、

経路差は10km程度しかないから。

 

1000円高速でなければ、国道18号をショートカットし、

松井田妙義ICから乗ると言う手も有ったのだが、

最終的には、途中の豊田飯山IC~上越JCT間に

片側1車線・対面通行区間があり、

渋滞や速度低下があることを根拠に

関越道(長岡経由)を推すのだが、そんな矢先に

 

東日本高速道路から出されたリリース

 

シルバーウィーク限定で、

豊田飯山~信濃町間のうち、

上越JCT方面(山登り)は

片側2車線とするってか。

 

端的に言えば民営化の功なんだろうけど、

雪が降り出す前には正式に4車線化になるから、

渋滞傾向が変わるか否か、ちょっと注目したい。

 

それでも、個人的には長岡経由予定なので(汗)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

語りずらいったらありゃしない(アウェイ戦、東京V2-1草津)

昨日、13時キックオフで行われた

東京V対草津の一戦は

e2でも生中継は知ってはいたが、

ちょっと用事があり、帰宅後の

ハイライト閲覧だけでご容赦を。

 

結果は先制したが1点差負け。

今季「1点では勝てない」と記したこともあったが、

「1点では引き分けに持ち込むことも難しい」

と言う表現に変えていかなければならないのかもしれない。

 ※この事象自体、草津だけではなく
  J2全体に広まりつつある感じもするが…

 

名ばかりの「全員レギュラー」で

メンバーを変えないまま戦に望み、

攻撃側の「精度が足りない」は

敗戦理由と言えるのか?

守備を含め練習で補える範疇なのか?

 

これで、再び1週間の試合間隔となるが、

残り試合で存在感を見出すことは出来るのか?

 

長らく、追いつかれそうで追いつかれなかった

福岡に遂に勝ち点で並ばれ(得失点差で助けられたが)、

1つ上の岐阜まで勝ち点8差を付けられた状態で。

 

うーん、語りずらいったらありゃしない。。。

 

<追記>

夜の試合で27vs43(27は当初と別チーム)か…

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

「26vs43」と「13分の8」との接点を見つけてしまった!?

実質的に本日13時キックオフで行われる

「アウェイ東京V戦プレビューその2」

みたくなるのだが、先週火曜日の記事

 ※実は小生がミスって月曜日の記事の方が

  エライアクセス数に…と言うのは余談

 

26vs43となる

可能性が有ると記したのだが、

それが、現実化してしまった。

 

ここまでは、読めている話だと

突っ込んでくれる方が居たかもしれないが、

 

もう1つの数字「13分の8」

これは、FMぐんまの「あさナビ」のうち、

金曜日8時10分頃にGo!Thespa

と言うコーナーがあるのだが、

その2009年9月11日放送分で

笹川アナが挙げていた数字。

 

これは、今日9月13日のアウェイ東京V戦から

今季最終となるホーム栃木戦までの間のJ2

全13試合のうち8つ勝とう

と言う目標らしい。

 

そこで、ヨタ事を考えてしまった小生。

 

現在43+今後8x3=67

現在26+今後13x3=65

 

これって…

ひょっとして……

最下位回避マジックか?

 

(んなワケ無いだろうとは思ったが…)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

素で行ったら2桁?(39/51アウェイ東京V戦は13日13時)

前節、出張ホーム松本での

草津0-6熊本と言う衝撃

 

これは、2005年9月10日(土)に

京都6-0草津@西京極

と言う記録以来だった。

(このとき、旧ブログ開設直前だったんですな)

 

ただし、京都は今年はJ1な先輩チーム、

熊本はJ2昇格タイミングで言えば後輩。

更に熊本は途中、引分無しの5連敗中に

直前5失点と言う状況で0-6負けとは、

まさに「目も当てられない」

としか言いようが無いのも当然であろう。

 

この出張ホーム戦後、トップチームは2日間

連休とし、水曜日から練習再開したそうだが、

エルゴラ(小生は携帯版で確認)の

東京V戦プレビューでは相手がどうこうと言う前に

チーム内部状況を示唆する方が少し目立つ状況。

(個人的には、だいぶ前から記してきたが、
 週半ば戦が盛り沢山の51試合制の
 リーグ戦に対してレギュラーメンバー
 固定戦術は
非現実的だったんだと・・・)

 

明日のアウェイ東京V戦、

素で行ったら”2桁”が

あるかもしれない。

(これ以上の明記はあえて避けるが…)

 

唯一に近い、草津のストロングポイント

札幌戦と同様に2009年の過去2試合、

共にアウェイが2点差以上の勝ちを収めている。

第1クール第2クール

その状況で、東京Vとの3戦目は

草津にとってアウェイとなる味の素スタジアム。

 

シーズン通しても言わざるを得ない

”アウェイの利”を活かせるか。

見所はその辺では無いかと思う。

 

そう言えば、13日の13時キックオフだと

当日の午前中に群馬から東京に向かう方向では

横須賀線・湘南新宿ラインの工事の影響が

若干引っかかるようですので、交通にはご注意を。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

【特設】読めたと言えば読めた?

2009年J2リーグも最終クールに突入した今、

個人的にもう1つの興味を抱いていたこととして、

 

FMぐんまの実況生中継はどの試合?

 

と言う点があるのだが、

 

手元の記録上、少なくとも2006年から

2008年まで3年間連続してホームでの

最終戦はFM群馬が実況生中継を行ってきたが、

2009年は年度初めの4月にNHK前橋放送局の

FM放送(これを勝手に略してNHK-FM前橋)が

最終戦(ホームvs栃木)の実況生中継を実施すると

表明してしまったものだからさあ大変。

 ※上記リンク先は本ブログの当時の記事

 

個人的にはダブル中継でも構わなかったのですが(謎)、

年度で8試合のうち、8月まで未公表だった2試合は

・9月23日(水・祝)vs富山[アウェイ戦]

・10月7日(水)ホームvs鳥栖

の2試合に落ち着きました。

 

でも、この2試合だったら個人的には

「読めたと言えば読めた?」と言うのが

今日のタイトルと言うわけ。

 

なぜなら、

・9月23日vs富山[アウェイ]
 →祝日13時キックオフ
  →チャンネル148は例に倣えば放送休止
   →他に無ければJFNネットの休日特番を流す時間帯
    →未開拓のアウェイ(当然か)
     →今季の対戦成績が超微妙

・10月7日vs鳥栖
 →ホームで行われる平日ナイトゲーム今季最終戦
  →平日19時以降はJFNネットを流す時間帯
   →鳥栖の10番との対決と言う構図
    →平日ナイトゲーム自体は10月21日の
     アウェイ仙台戦(ユアスタ)を残してはいるが、
     FMぐんまは2007年8月に中継暦有りだし、
     その試合はNHK前橋の中継対象でもある。

 

あれこれと触れたにしても、ラジオでは

FMぐんま限定と思われる某解説者

富山に現れるとの情報が公開されたが、

ジンクスが復活しないことを祈るのみだったり(大謎)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

ゾッとする謳い文句は止めなさい!!

突然ですが、今日は最近ちょっと気になる

謳い文句について記そうと思う。

 

 

 

続きを読む "ゾッとする謳い文句は止めなさい!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

八ッ場(やんば)ダムに対する個人論

来週中には正式に発足する見通しである

民主党を主体とする新政権。

 

この政権交代確定劇が群馬県に

及ぼす最も大きな波紋と言えば、

 

八ッ場(やんば)ダム

(概要などはコチラをご参照あれ)

 

ちょうど、7月中旬の草津deザスパ!の時

8月末に仕事で国道145号をドライブしたが

 

迂回用の道路や鉄道の工事が

1ヶ月であんなに進むものか?

 

と言った感想でした。

 

その工事が民主党の公約として

工事中止が謳われていたことから

国土交通省も違約金発生防止策として

本体工事の入札は一度延期となった。

 

その一方で、自治体の首長からは

水利権と支払済の工事負担金を

根拠に中止撤回との声が出ている。

 

ただし、ここで1つの意見を。

ある首長が中止反対を訴えた記者会見で

 

政党が決めたのではなく

国として決めた事業だんべ

 

と言った趣旨の発言をしたらしいが、

 

これまで、日本は第2次世界大戦後、

世界に対して民主主義と言ってはきたが、

 

戦後50年以上のうち約10ヶ月間を除いて

実質的に1つの政党が政権の主軸を

握り続けて来た歴史、と言うか伝統。

 

今回の選挙ではその伝統を捨ててまで、

新しい選択をしたわけだから、

何が起きてもおかしくないし、

誰しも初めての経験になると思う。

 

誰しもが始めての経験を積んでいく中で

安易に”国”と言う表現を使った

首長の言葉は如何なものかと。

 

あと、既に建設中の道路と鉄道は

主として雨と土砂に対する災害対策としては

有効なバイパスであると考えられることから、

工事ストップは実施すべきではないと思う。

 

<おことわり>

記事の性格上、ノーコメント、ノートラックバックで

 

|

2009年9月 8日 (火)

続・止めさせる決断(出張ホーム戦@松本アルウィン、草津0-6熊本)

結構前から

「2年ぶりの松本は逃すまい」

と心に決めていたのですが、

松本へ行く前夜のこと

昨年の今頃、だいぶ迷惑を掛けた

夏風邪が今年も我が家に襲い掛かり…

 

幸か不幸か、私以外の家族が夜中に発熱。

それも、滅茶苦茶な高熱ではなく、

38.0℃に行くか行かないかの状態。

 

でも、逆にそんな状態を聞いて、

もしや、新型インフルエンザ

と思ったところでで、深夜診療を実施している

お医者様に連れて行く前であったが、

個人的に松本行きは諦めることにしました。

(流石にインフルエンザを広めるとか言う迷惑は掛けられない)

 

結果としては、5日の深夜と6日の夕方に2回行った

インフルエンザの簡易検査では共に陰性であったため

ある意味「事なきを得た」、そんな一方で

「早いうちに掛かっておけば予防接種なんぞ要らなかったのに」

とか言う滅茶苦茶なところに落ち着きました。

 

さて、本題。

5日に公開したプレビューで

「電車道をひた走る」

と記したが、

その電車の行き先は

「最下位」かい?

と問うておきましょうか。

 

ここで注意しておかなくてはいけないのが、

8月9日(日)に行われた17位横浜FCと

18位(最下位)栃木SCの直接対決が

雷雨で中止となり、今週の9月10日(木)に

代替試合開催予定であるから

本記事公開時点でのJ2順位表(節別動向)

は補正を掛ける必要がある。

 

特に、9月10日に栃木が勝ち点3を積んだ場合、

26対43と言う状態になるので。

 

その上で、この先は

 

機関車が壊れるか

ブレーキが故障するのか

客車分離事故が起きるのか

 

…なんとでも書いておきましょうかね(謎)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

「止めさせる決断」

近日中に実現する半世紀振りの

本格的政権交代に向けての

一言を兼ねたいと思って記すのだが、

 

”お粗末”としか言いようが無い事故が収まらず

国土交通大臣名で多数の警告書が出ている

2008年の1年間だけで合計6枚出ているそうな

 

某旅客鉄道会社に対して

一部事業停止(特にエキナカとか言う副業)とか

鉄道事業許可の取り消しをチラつかせるなど

厳しい処分を下して欲しい。

 

こういった書き方自体はインターネット上の

掲示板などでよく見かけるものだが、

 

車両故障による電気的ショート発生時に

変電所側のブレーカーが正常に動かず、

変電所内の配線が燃えたりとか

 ※火災報知器作動で消防車出場だったかな?

 

本線と隣接した場所での工事機械の操作ミスで

特急成田エクスプレスと接触事故を起こしたとか

 ※ちなみに、成田エクスプレスの車両置き換えも
  間近だが、被害車は日韓W杯の際に増備された
  253系200番台だったのでは?との情報もある。
  200番台だけは日光方面へ流用の噂があるのにね…

 

悪しきコストダウンの象徴ではないのか?

 

本業を疎かにしながら副業で丸儲けで良いのか?

 

新政権よ。よくよく判断して欲しい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

敷島公園・正田スタすぐ南にバスターミナル?(一部【特設】)

既にスパラン隊長のブログでも触れられていますが、

9月5日付けの上毛新聞Webにて

敷島公園活用で県、バスターミナル新設

と報じられた(上毛新聞Webのリンク先は1ヶ月間有効)

 

記事から掻い摘むと

・正田醤油スタジアム群馬の南側緑地帯を舗装
 →予想ポイントはコチラ

・乗客用待合所や運転士休憩所となる建物新設

・グリーンドーム前橋発着路線を延長する形で、
 2010年4月に1日80便の運行を目指す
 →現在のグリーンドームのバス時刻はコチラ

と言うのだが、

現在、土休日のシャトルバス以外の路線バスは

 

<大渡橋バス停系統>

前橋駅~イオン高崎 13往復(イオン休業日は運休)

前橋駅~箕郷 6往復

前橋駅~桃泉・上野田 12往復(土曜日14往復)

前橋駅~湯の道利休・群馬総社駅方面 4往復

 【大渡橋バス停分 小計35往復(土曜日37往復)】

 

<競技場入口バス停(緑が丘町)系統>

前橋駅~緑が丘町など~渋川駅 11往復

 

ゆえに、

大渡橋35(土曜日37)

+競技場入口11

  =46(土曜日48)往復

が現状で

 

これに、グリーンドーム発が(手計算ですが)

休日51本、土曜日56本あることから、

敷島公園正田醤油スタジアム南側まで

そっくり延長されたとすると、JR前橋駅からは

土休日も100往復級

の路線になるということか。

 

去る2009年3月のJRダイア改正で

高崎~前橋間について

日中でも20分に1往復を確保

更に高崎発は概ね等間隔

となったことから、今回の敷島公園

バスターミナル計画が現実化すれば、

首都圏で日常的に公共交通を用いている

方の感覚で言えば「公共交通では不便」と

言われにくくなるものと思われるし、

JR前橋駅方面のJリーグ戦シャトルバスについて、

ナイトゲーム対応と上毛電鉄中央前橋駅への

取り扱いについて大きな課題は残るが、

1からの見直しが掛かる可能性が出てきたと言え、

今後の注目点にしていきたいと思う。

   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 5日 (土)

♪○○は続くよ~!?(アウェイ戦、徳島1-1草津+38/51松本出張ホーム熊本戦は6日16時)

♪線路は続くよ~

 ど~こまでも~

と始まる歌があるが

この歌には様々な背景があるようだが)

 

外から何を言おうと

メンバーも変えない

戦術も曲げない

言わば…

「電車道をひた走る」

状態とも言うべき

2009年のザスパ草津

 ※アウェイ徳島戦のベンチに

  有薗選手が入った件

  メデタイニュースだったとは言えるが 

 

9月2日(水)のアウェイ徳島戦を

1点差で勝ちきれないのは

第2クールそっくりだったし、

アウェイで負けなかったことを根拠に

明日6日16時キックオフとなる

ホーム熊本戦も松下選手が2試合の

出場停止から恐らく先発復帰してくる点を除き

出場選手は弄らない可能性が高いのであろう。

 

…と、なれば、この試合が行われる会場が

正田醤油スタジアム群馬ではなく

長野県松本市の球技専用スタジアム

「アルウィン」で2年ぶりに行われる

出張ホーム戦となる点を楽しみにしたい。

 

2007年秋、惜しすぎたとも思ったが、

かなりの感動を受けた試合の再現なるか?

 

最後に、2009年の熊本との対戦成績は以下のとおり。

第1クール熊本1-2草津(今季開幕戦)

第2クール草津1-1熊本(個人的にホーム戦欠場その1)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

この運命やいかに?

Ts3h0390

Ts3h0391

2009年9月3日(木)

1つの変化点が訪れた。

 

 

 

続きを読む "この運命やいかに?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

スバル車の一部改良&特別仕様車3連発で「まさか」x2

2009年9月2日、富士重工業から

インプレッサとエクシーガの2車種を一部改良

更にエクシーガとフォレスターに特別仕様車を

設定と言うニュースリリースがあった。

 

詳細はimpressのCAR WATCHにある

各車種毎の記事をリンクとさせていただくが、

 
 

 

小生にとって「まさか」と思った事項が2つ。

 

<「まさか」その1>

エクシーガのNAモデルに

2009年5月にフルモデルチェンジをおこなった

レガシィから搭載が始まったCVTが載る

と言う情報は約1.5ヶ月前から噂で聞いていたが、

搭載対象がAWD(4WD)モデルに限らず

FF(2WD)モデルも含まれていた点

レガシィから始まった「あのCVT」はFFでも使えるんだと。

 

<「まさか」その2>

エクシーガのCMに

中村俊輔選手投入!!!

個人的には「(喜びの)絶句」としか言いようが無い。

 

また、各車の詳細については追って触れることにしよう。

 

<おことわり>

昨晩行われた徳島vs草津戦については、

週末ネタとさせていただきます。

 

続きを読む "スバル車の一部改良&特別仕様車3連発で「まさか」x2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

決断なるか?(37/51アウェイ徳島戦は今夜19時)

2009年シーズンは40週位の間に

51試合を戦わなくてはならない、

Jリーグ2部、J2。

 

必然的に、週末(土曜日または日曜日)

以外にも試合を組まないとこなし切れず、

平日ナイトゲームも半ば当たり前。

 

そうは言いながらも、週末以外の試合は

今日9月2日(水)から10月21日(水)までの

7週間に4試合をこなせば終わるところまで来た。

 

そして、ここまでの週末以外の成績を見ると

3月25日(水)  アウェイ岐阜 0-1負
4月15日(水)  ホーム札幌 1-2負
4月29日(水・祝)アウェイ徳島 3-1勝
5月 5日(火・祝)アウェイ鳥栖 2-4負
5月20日(水)  ホーム栃木 0-1負
5月28日(木)  アウェイ東京V 3-0勝
6月 3日(水)  ホーム富山 0-0分
6月24日(水)  ホーム熊本 1-1分
7月 8日(水)  アウェイ仙台 1-1分
7月22日(水)  ホーム岐阜 0-1負
8月 5日(水)  アウェイC大阪 0-1負
8月10日(月)  ホーム岡山 1-1分

週末以外ここまで12試合2勝4分6負 勝ち点10
週末ここまで24試合  9勝5分10負 勝ち点32
全体ここまで36試合 11勝9分16負 勝ち点42

週末以外1試合当たりの勝ち点→0.83
週末1試合当たりの勝ち点→1.33
全体1試合当たりの勝ち点→1.16

うーん、分が悪いぜ。週末以外。

 

そして、あれから3夜でやってくるアウェイ徳島戦。

上記にも有るが、第1クールの4月29日(水・祝)の

アウェイ戦では徳島1-3草津と勝利を挙げているが、

第2クールは久々の後半ロスタイムorz劇だったかと記憶している。

 

2009年は2試合とも負けていない徳島相手ではあるが、

直近のチーム状況、選手層の厚さでは

甚だしく劣勢と考えるべきであろう。

 

中二日で大鉈は振れるのか?

 

と言う疑問点は残るが、

何の変哲も無く、試合開始を迎えるとか言う

「実質的な」消化試合を決め込んでしまっては、

端から見えてしまう結果※が待っている。

 ※これ自体「Jリーグ規約の最強チーム条項」以前に
  「負けを決め込むチーム」で試合を行うと言う点で
  「toto的に良いのか?」と言う疑問すらあるが…

果たして、決断なるか?

 

試合の中身以上に注目してみたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

「ガラパゴス県」崩壊

衆議院の選挙ルールが小選挙区および

ブロック別比例代表並立制となって以来、

2009年8月までの野党がどんな候補を

立てようとも、5選挙区全てで1つの政党が

議席独占するのが当たり前と言う有り様だった。

 

更に、昨年の今頃の記事で触れたように

逆風が吹き始めた頃に行われた参議院選挙も

投票締切り僅か5秒後に決着

  

そんな状態から個人の勝手に

「ガラパゴス県」と言っていた

上州・群馬県。

 

ところが、2009年8月30日に

投開票が行われた第45回衆議院選挙で、

一挙に3/5の選挙区で

ガラパゴスの構図が崩れた。

 

5区は世代交代を早くせざるを得なかったこともあり、

猛烈な逆風の例外と言うべきであろうが、

4区は前首相が落下傘候補に対して、

惜敗率88%に詰め寄られると言う有様。

(この惜敗率なら比例復活すると思うが)

 

個人的に感じたのは、群馬の1~4区は

政党を語る前に、世代対決だったのではないかと?

今回、野党に転落する政党に対しては

世代交代と言う新たな壁が

突きつけられたのではないかと思う。

 

コスタリカ方式により比例枠で

群馬県出身議員を1人確保したと言うが、

それ以外は、党の内規で重複立候補をしない

条件付の立候補者ばかりではないか。

 

あと、この方はどう思っているんだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »