« 1つの「流通革命」かもしれない | トップページ | 冬支度完了!! »

2009年12月24日 (木)

「家庭は自立電源」時代の2歩目?

2008年2月27日付の本ブログの記事で

「家庭は自立電源」時代への一歩か?

と言うタイトルをつけたことがあるが、

その当時、太陽電池関係の補助金が廃止され、

冬の時代となっていたが、その後、

太陽電池による売電価格は政権交代と共に

増額され、パネル設置への補助金も復活したが、

 

この程、TOB成立によりパナソニックの子会社と

なることが確実となった三洋電機が

蓄電池と太陽光発電の組み合わせで、

上記タイトルの実証実験を始めるようである。

 

それも、三洋電機の系列住宅メーカーだけではなく、

積水ハウスと組んだりしているが、

 

逆に、その積水ハウスはと言うと大阪ガスも組んで

太陽電池+蓄電池+都市ガス燃料電池の

組み合わせを狙っているとか。。。

 

太陽光発電パネル自体はシャープ、京セラ、

異業種から昭和シェル石油と言うイメージがあるが、

三洋電機+パナソニックは蓄電池があるからな。。。

 

実は、この競争はちょっと面白くなりそう。

 

<関係リンク>

積水ハウスと三洋電機がエコハウスを共同開発へ
~MSN産経ニュース2009年12月11日~

三洋ホームズ株式会社

住宅メーカー唯一、2年連続で国土交通省
「第2回 住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に採択された
『蓄電システム搭載住宅』の概要を掲載しました。(※PDF)
~三洋ホームズ株式会社ニュースリリース2009年11月20日~

大阪ガスと積水ハウスは、燃料電池・太陽電池・蓄電池を
組み合わせたスマートハウスの実証実験を開始します
~2009年12月14日(上記は大阪ガス側掲載内容)~

|

« 1つの「流通革命」かもしれない | トップページ | 冬支度完了!! »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/47062216

この記事へのトラックバック一覧です: 「家庭は自立電源」時代の2歩目?:

« 1つの「流通革命」かもしれない | トップページ | 冬支度完了!! »