« 初めも終わりも3-2ドラマ(2009J2最終戦、草津3-2栃木) | トップページ | 急行能登・寝台特急北陸、2010年3月に臨時列車化? »

2009年12月 7日 (月)

”マスコミ”と言うか”メディア”の付き合い方を問われる報道発表

2009年11月26日(木)、

”マスコミ”と言うか”メディア”のあり方を問われる

報道発表がやや小さく報じられていた。

 

毎日新聞社と共同通信社、

共同通信社加盟社による包括提携※について

(毎日新聞社からのニュースリリース)

 

これは、毎日新聞社が1952年に共同通信の

加盟社から脱退して以来、半世紀を越えて

57年ぶりに復帰すると言うのであるが、

この背景として、

日本国内で独自の取材網を

維持していくのが困難になった

と読み抜けそうな気がする。

 

小生に物心が付いた頃には”当たり前”だと思っていた、

日本の新聞配達網と言うのも、スタンド売りが当たり前な

米国や欧州から見れば驚愕される部類に入るらしいし、

日本の場合、新聞社が背後に付く形で民間放送局

(特にテレビ)の放送網が築かれていった点に対しても

今後、動きが出てくる可能性が高まったと言えよう。

 

ここ15年来のインターネットの広まりにより、

多様な考え方を持った情報が

”溢れる”と言った時代になったが、

今後は溢れんばかりの情報から

取捨選択と読みぬく力

問われる時代になっていくのであろう。

 

<関連ニュース記事>

毎日新聞が共同通信加盟 包括提携で「新聞力向上」
(ITMediaニュース)

第二、第三の『毎日新聞』が出てくるかもしれない
……再編が始まったメディア界 (1/2)
(Business Media 誠)

 

<47NEWSから記者会見内容>

記者会見あいさつ全文(1) 石川共同通信社社長

記者会見あいさつ全文(2) 多田共同通信社理事会長

記者会見あいさつ全文(3) 朝比奈毎日新聞社社長

 

※その後”包括”の表現をめぐり、

 地方新聞社と少々騒ぎになったようである…

|

« 初めも終わりも3-2ドラマ(2009J2最終戦、草津3-2栃木) | トップページ | 急行能登・寝台特急北陸、2010年3月に臨時列車化? »

四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/46883057

この記事へのトラックバック一覧です: ”マスコミ”と言うか”メディア”の付き合い方を問われる報道発表:

« 初めも終わりも3-2ドラマ(2009J2最終戦、草津3-2栃木) | トップページ | 急行能登・寝台特急北陸、2010年3月に臨時列車化? »