« 「ローソンATM」ようやく群馬にもお目見え | トップページ | [写真特集]2010年4月17日、大分トリニータ上州初見参の日 »

2010年7月 8日 (木)

”お隣さん”は”盛り沢山”!?(一部[特設])

群馬では2010年7月から9月までの

プレディスティネーションキャンペーンが始まり、

群馬県内のJR線では1日1500円、

連続した2日間2800円と言う割引切符

(新幹線と特急は別途特急券を買えばOK)

が発売されているが、

お隣、長野県では「盛り沢山」な

公共交通利用促進策が始まっている。

(それが、タイトルの「お隣さんは盛り沢山」)

 

 

 

 

今回の主たる舞台は

長野電鉄の屋代線

 

長野電鉄自体は、つい最近、定期運用から退いた

初代の成田エクスプレス車両(253系)を譲り受けて

小田急ロマンスカーの中古車とともに特急列車として

活躍させると言うことで話題を読んだが、

(ちなみに、長野電鉄の特急料金は¥100ですが…)

 

当の屋代線は全列車普通であり、日中になると

1時間に1本有るの?無いの??と言う状況。

(群馬県内でも似た状況の路線がありますが…)

 

でも、今回の取り組みは

ここでは書ききれないほど多い。

群馬県で見かける策もあるが、

個人的に注目したのは

 

1.電車の運賃にてバスを運行すると言う”増便”

2.しなの鉄道の軽井沢から長野電鉄の湯田中まで

  2日間3500円乗り放題など、数種のフリー切符

  (軽井沢~屋代~湯田中を普通に買うと、

   乗車券だけで往復4800円位か?)

 

増便バスの時刻を見る(PDF)と、

バスが道中の渋滞で少し遅れてしまうと

後から発車する電車のほうが早かった

と言うオチが出そうで怖いのだが、

バスによる増便と言う逆を取ると、

電車が廃止となり、バス転換になると

どの位、不便になってしまうの?

と言う見世物にもなる

 →群馬県民の皆様、他人事ではないですぞ。 

 

|

« 「ローソンATM」ようやく群馬にもお目見え | トップページ | [写真特集]2010年4月17日、大分トリニータ上州初見参の日 »

交通体系論」カテゴリの記事

[特設]群馬DC→観光CP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/48798445

この記事へのトラックバック一覧です: ”お隣さん”は”盛り沢山”!?(一部[特設]):

« 「ローソンATM」ようやく群馬にもお目見え | トップページ | [写真特集]2010年4月17日、大分トリニータ上州初見参の日 »