« 四半世紀の鎮魂と帰省シーズンの新幹線攻略法。 | トップページ | [スパラン!連動]【間口を広げる5kmレポ】第3回嬬恋高原キャベツマラソン »

2010年8月13日 (金)

エクシーガC型(なのか?)登場と買い方について

PCから閲覧される方は気になっていたかもしれないが、

ここ1ヶ月くらい「エクシーガ C型」の検索ワードで

このブログを訪れる方が多かったようです。

 ※酷い時は大小文字の変化をつけてベスト10中5つ位とか

 

その理由はこの予想(妄想?)ネタなのだが、

結構後を引いたものとなったようです。

 

で、2010年8月4日(水)に富士重工業からも

正式リリースが出ました(リンク先はSUBARU BLOG)。

 

結果からすると、スバルの富士重工さま曰く、

マイナーチェンジではなく(欧州車流の)年次改良

と言うが、今回のワンポイントを挙げると、

2リッターのNA買うならハイフン

無しのベースグレードで良くね!?

 

その理由。

1.これまで4速ATだった2.0i(ベースグレード)が
  CVT化。これで、GTの5速ATを除き全車CVT。
  (GTは5月に前倒しでエコカー減税対応済

2.VDC(横滑り制御装置)の全車標準化

 ※09年4月にA型GT買った時は
  単品オプション10万円だったのにー

3.ガラスのUVカットやリア濃色化を始め、
  内外装でも2.0iの底上げ(詳細

以上を踏まえて、スペックを見直す

 

以前から指摘が出ていた点でもあるが、AWDで

2.0i-Lのアイボリーとかi-Sを買うお金あるなら

少し頑張って2.5i-Sを買ってしまった方が良い。

(税金が毎年5500円違うが、動力的には
 NA2.5[レギュラーガソリンOK]がベスト。
 GTはハイオクを求めると共に僅かにターボラグを
 感じ、慣れが必要…買った時はNA2.5が無かったんで…

 

逆に、2.0i-Lやi-Sとベースグレードの

2.0iとでのユーティリティ的な差を挙げるとすれば

エアコンの左右制御、運転席メーターの差、アルミホイール位。

(残りは、いわゆる”装飾系”の差、走りには殆ど関係しない。)

 

冬場にスタッドレスタイヤを買い込むのであれば、

ホイール入れ替えで夏場はアルミホイールにして、

冬場に純正ホイールという手はあるし、

残りの2つは、使用頻度に依るでしょう。

 

逆に2.0iのFF車はCVT搭載で

定価200万円を切り続けているので、

商談次第で下手にオプションを加えた

あんな車こんな車とも競合したり

し始める気配も出てきたな。

エクシーガの安全性と標準装備を良く見てほしい)

 

<ところで…スバルさんよ>

・レガシィで馬鹿売れな「アイサイトVer2」の設定

・それでなくても、レガシィで実施した
 普通のクルーズコントロール全車標準化

・「2列目席の吹き出し口追加」による3列目空調アシスト

・最終兵器、マニュアルミッション車★(後ずさり抑制制御付で)。

以上4件、来年のD型ですか?

 ★どっかの雑誌でインプレッサのエンジンと
  マニュアルミッションを移植した方が登場してたような。

 

|

« 四半世紀の鎮魂と帰省シーズンの新幹線攻略法。 | トップページ | [スパラン!連動]【間口を広げる5kmレポ】第3回嬬恋高原キャベツマラソン »

スバル&自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/49093416

この記事へのトラックバック一覧です: エクシーガC型(なのか?)登場と買い方について:

« 四半世紀の鎮魂と帰省シーズンの新幹線攻略法。 | トップページ | [スパラン!連動]【間口を広げる5kmレポ】第3回嬬恋高原キャベツマラソン »