« 尾本選手の置き土産「2011年フクアリへのチケット」(ホーム戦、草津2-0千葉・市原) | トップページ | ≪特設≫高崎競馬場跡地活用に向けた2つの技術 »

2010年11月25日 (木)

てゆーか、こっちの方が「禁断のアプリ」だんべ?

明日11月26日から、日本の携帯電話と

skypeの間で通話ができるようになるらしい。

通話は携帯電話のネットワークを使い、

報道発表時「禁断のアプリ」と言うらしいが、

 

そのキャリアには、

もっと禁断のアプリ

があったんべな。

 

 

 

そのアプリとは、

jigブラウザ

のこと(PC向け公式ホームページ)。

 

今でこそ、携帯電話の殆どでパソコン向け

ホームページを閲覧する機能を搭載しているが、

(使用しているか否かは別としてもね)

その機能を今から6年前、2004年10月から

端末側JAVAアプリ+サーバー連携で実現していた。

 

当時、某キャリアにもJAVAでパケット定額制が

使いきれる機種が存在し、当時も行っていた

”高速移動”通勤の必須ツールになっていたのだが、

(当時は”高速移動”さえ無ければPHSを選んだんだが…)

 

その後、誰の為だか良くわからない制限が掛かり、

jigを使うに使えない状態が実に6年も続いていたし、

個人理想からの乖離状態が4年以上続いていた。

 

その裏で、jigはユーザの声を反映させた改良が進み、

スマートフォン用アプリ全盛を迎える中でも、

優良なガラケー向けアプリと言われた一方で

突如、ネイティブ版を解禁かいな。 

 

一瞬、予定していた機種変更作戦を

改めようか迷ったが、

この他にも”軟禁状態”にある

優良ガラケーアプリが有る筈だと

推察したところで、元鞘に(謎汗)

 

<おことわり>

記事の性格上、ノーコメント、ノートラックバックで。

ひっさびさに、超強烈皮肉炸裂です(大謎)

 

|

« 尾本選手の置き土産「2011年フクアリへのチケット」(ホーム戦、草津2-0千葉・市原) | トップページ | ≪特設≫高崎競馬場跡地活用に向けた2つの技術 »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事