« 思わぬルートから価格判明!!でも… | トップページ | 人身および財産被害が出なかっただけマシだが酷過ぎる事故 »

2010年12月19日 (日)

[県内7局目?][サイマル参加局登場]群馬のコミュニティFM2010冬(一部【特設】)

2010年12月14日、群馬県内で7局目となる

コミュニティFM局に対して、開局に向けた

予備免許が交付されたとの発表があった。

毎日新聞日経新聞総務省報道発表

 

送信所は前橋テルサの建物(千代田町)。

演奏所は前橋プラザ元気21(本町)、

出力10ワット、周波数は84.5Mhz。

更に、上記リンクに有る日経新聞の

報道によれば、早ければ年明け

1月中にも電波の発信を始めると言う。

 

また、群馬県内のコミュニティFM局と言うと

1997年4月1日の高崎から始まり、

97年秋の沼田(OZE)、98年太田(TARO)、

ここから少し開いて2006年に玉村(ななみ)、

2007年桐生、2008年伊勢崎と続いたが、

2011年の前橋CITYで県内7局目となり(資料)、

人口比で行けば、約200万人な群馬県民の

ざっと半数近くがコミュニティFMのエリアに入る筈。

 

災害時の情報交換と言う観点で県域局である

FMぐんまと毎年1時間の特別番組を組んでいるが、

一時期存在した県内コミュニティFM局をネットする

番組が復活したりするとラジオ局同士の競合が

始まることになるのだが、矢継ぎ早は無いか・・・

 

また、前橋市中心部にコミュニティFMが

できるということで、いよいよもって

Jリーグのラジオ中継を

頻繁に実施しないかな?

 

少々昔の資料だが、コミュニティFMへの

放送権料はJ2だと1試合5000円だとか。

(県域FMでも、その10倍位だった記憶)

 

 

あと、ついでのお話。

群馬県内6局のコミュニティFMが

サイマルラジオに一切参加しないと言う

群馬らしからぬ状態だったのだが、

2010年8月から桐生FMが参加し始めたとか。

 

|

« 思わぬルートから価格判明!!でも… | トップページ | 人身および財産被害が出なかっただけマシだが酷過ぎる事故 »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事

四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/50333618

この記事へのトラックバック一覧です: [県内7局目?][サイマル参加局登場]群馬のコミュニティFM2010冬(一部【特設】):

« 思わぬルートから価格判明!!でも… | トップページ | 人身および財産被害が出なかっただけマシだが酷過ぎる事故 »