« [県内7局目?][サイマル参加局登場]群馬のコミュニティFM2010冬(一部【特設】) | トップページ | [個人メモ!?]年末年始の要チェックテレビ&ラジオ »

2010年12月20日 (月)

人身および財産被害が出なかっただけマシだが酷過ぎる事故

先週末の2010年12月17日(金)、

茨城県取手市での通り魔事件が

大きく報じられていたが、

同じ日の日中、人身および財産に被害が

出なかっただけマシとは言いながらも

ちょっと酷過ぎる事故が有った。

 

 

 

それは、関西電力が

手配した資材輸送で、

同じヘリコプターが

2度に渡り部品を落とした。

と言う事故。

 

主たる証券取引所に上場してる

インフラ企業であるなら、

公衆災害の可能性が

ゼロで無くなった

1度目の事故発生時に

その日の作業中止だろ?

 

それも、1度目に約600kgを落とし、

2度目はより重たい900kgとか言う

荷重を落としたって、何やってんだ?

 

危険予知(KY)、なってないんじゃない?

 

<情報源> 

報道:日経新聞福井新聞

当該事故のプレスリリース(関西電力)

|

« [県内7局目?][サイマル参加局登場]群馬のコミュニティFM2010冬(一部【特設】) | トップページ | [個人メモ!?]年末年始の要チェックテレビ&ラジオ »

四方山話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/50334460

この記事へのトラックバック一覧です: 人身および財産被害が出なかっただけマシだが酷過ぎる事故:

« [県内7局目?][サイマル参加局登場]群馬のコミュニティFM2010冬(一部【特設】) | トップページ | [個人メモ!?]年末年始の要チェックテレビ&ラジオ »