« [震災復興][通勤日記]実はJR東京駅で関連商品が買える!救缶鳥@ガイアの夜明け【【【BS7chでも15日放送有】】】 | トップページ | [震災の教訓]群馬県南部へ東武東上線・八高線・路線バスでアクセス »

2011年4月15日 (金)

[震災復興]建設中な火力発電所の前倒しとHz変更はできないか?

旧ブログの記事にあるように、

小生には新潟県の上越市に親類がおり、

夏場はお盆のお墓参り(と小さい頃は海水浴)で、

春と秋の連休にも足繁く出かけて

大変お世話になっている。

 

で、小さい頃は柏崎の原子力発電所の

話題が聞こえていたが、ここ15年位は

直江津港の東側に火力発電所ができると言う

話が聞こえていたが、実はこの計画自体も

少々面白く、かつ、幸か不幸か、震災を受けて

計画の変更もありえるのでは?と考えている。

 

その詳細。

 

 

新潟県上越市は東北電力の管内であり、現地では

東京電力と同じ50Hzの電力が使われている。

 

一方で、上越火力発電所は、現地の

東北電力が50Hz(ヘルツ)で144万キロワット

(最近の原子力発電所1基分)の発電を計画し、

それに加え、長野県を受け持つ中部電力向けに

60Hzで250万キロワット近く(最近の原子力

発電所2基分近く)の発電計画を持っていた。

 

ところが、9年前(2002年/平成14年)のこと、

電力自由化や効率性を理由に、当初計画では

2007年(平成19年)から稼動開始させる計画を

来年(2012年/平成24年)からに変更した。

 

そう、環境手続きは終わっており、実工事を

加速させれば、稼動できる状態にある。

 

一方で、50Hzと60Hzの電力を同一敷地内で

作るのが日本初なので面白いが、2012年の

稼動開始予定は60Hzの中部電力向けと言う。

 

でもよ、今、震災で困っているのは

東北電力と東京電力が使う50Hzの方。

そして、中部電力の公開資料(PDF)

拠れば、60Hzで25万ボルト以上の電圧が

扱える幹線は新潟県内に届いていない

(建設中である可能性は充分に有るが…)。

 

そう、

発電機の回路変更(60Hz→50Hz)、

送電線の変更(柏崎刈羽→関東向けも活用)、

2プラント目以降の建設計画の前倒しなどにより

柔軟に御対応頂けると助かります。

 ※流石に、2012年稼動開始予定分の
  発電機について回路変更が間に
  合うかまでは未確認ですが…

 

|

« [震災復興][通勤日記]実はJR東京駅で関連商品が買える!救缶鳥@ガイアの夜明け【【【BS7chでも15日放送有】】】 | トップページ | [震災の教訓]群馬県南部へ東武東上線・八高線・路線バスでアクセス »

[震災復興]地震列島ニッポン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/51345189

この記事へのトラックバック一覧です: [震災復興]建設中な火力発電所の前倒しとHz変更はできないか?:

« [震災復興][通勤日記]実はJR東京駅で関連商品が買える!救缶鳥@ガイアの夜明け【【【BS7chでも15日放送有】】】 | トップページ | [震災の教訓]群馬県南部へ東武東上線・八高線・路線バスでアクセス »