« [震災復興]「地中熱」で家庭の節電と言う手? | トップページ | 続・2011年が25周年!! »

2011年4月18日 (月)

[橙色の椅子零参](電池問題)結局、人柱に走った(^^;;;;;;;;;

震災前の2011年3月1日の記事

橙色の純正品ではないものの、

純正品の2.5倍以上の増量となる

内蔵バッテリーと専用カバーのセットが

発売されたことを伝えたが、3月4日に発注、

人気商品で在庫切れのmade in chinaで

震災後の23日頃の輸入、27日に手元に届きました。

Ts3h0214 ←パッケージ

Ts3h0218 ←電池の比較(左:純正/右:増量)

Ts3h0217 ←カバーの比較(左:純正/右:増量)

Ts3h0215 Ts3h0219

↑取り付けるとこんな感じ(左:純正/右:増量)

 

<インプレッション>

電池の量は謳い文句のとおり2.5倍は有り、

平日は毎日、往復通勤コースで電車や新幹線での

移動を含め3時間近く過ごしているが、

ブラウザに栗鼠藻WAVEを

使い続けても50%は残る。

余震への構えや長時間外出が無ければ

エネループは持参不要にしたい位。

 

皆様が気になると思う点として、専用カバーが

付くほど本体の厚みが増える点だが、純正

カバーも大した物ではないが問題にはならない。

更におさいふケータイに影響が有りそうとの

心配に対しては自動販売機・セブンイレブン

ローソンでEDYを使った限り問題は無いです。

 

各々3000円程度の純正電池と電池単体充電器

手もあるし、群馬のマイカー通勤な方はシガーライター

からの充電環境を整えておけば足りるかもしれないが、

私にとっては価格に見合った価値は有ると思う。

 

|

« [震災復興]「地中熱」で家庭の節電と言う手? | トップページ | 続・2011年が25周年!! »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/51344587

この記事へのトラックバック一覧です: [橙色の椅子零参](電池問題)結局、人柱に走った(^^;;;;;;;;;:

« [震災復興]「地中熱」で家庭の節電と言う手? | トップページ | 続・2011年が25周年!! »