« [震災復興]【アピール】つくば市役所、ふざけるんじゃねぇ | トップページ | 2011年Jリーグ、東日本大震災からの再開にあたり… »

2011年4月21日 (木)

[橙色の電波]WiMAX併用スマフォン発売で新たな見地が明らかに

2011年4月13日、橙色の携帯電話から

HTC EVO WiMAX ISW11HTと言うスマフォン

が発売となった(震災で半月位遅れ?)。

 

WiMAX内蔵(群馬でも南部の人口10万人

程度以上の市部と渋川市周辺なら使える)、

Wi-Fiへのテザリング解禁と少々話題を

呼んだ端末であるが、実はこのスマフォン

発売により新たな見地が明らかになった。

 

詳細はコチラ↓

 

 

それはと言うと、総務省の方針により

来年(2012年)7月までに携帯電話2社

(橙色と何処藻)が用いる800Mhz台の

電波に対して、国際的な取り決めに準じた

周波数への移転(再編)が行われる。

 

このため、橙色のところは、概ね4年より前に

作られた機種を使い続けている方に頻繁に

郵便やメール便を送って優待価格を呼びかけたり、

何処藻は「ム○バ」を終了すると呼びかけているのである。

 

さて、新たな見地に話を戻すと、

HTC EVO WiMAX ISW11HTと言う機種は、

上記で「国際的な取り決め」とご紹介した

新しい800Mhx台の周波数と

2Ghz(2000Mhz)台の周波数しか扱えず、

旧800Mhzに元々対応していないのだ。

 

一方、HTC EVO WiMAX ISW11HTが

発売される前の橙色のエリアマップは

旧800M/新800M/2Gの3つを

重ね合わせた形であったのだが、

HTC EVO WiMAX ISW11HTが発売された

タイミングで公開された同機種専用の

エリアマップと言うのは新800M/2Gの

2つだけを重ね合わせたエリアマップ

今回、初めて公表されたものであるのだ。

 

新たなエリアマップのうち、群馬県を見ると

四万温泉・草津白根山の湯釜周辺・

草津~万座に掛けての南側山陰・

国道406号の大戸~須賀尾・野反湖・尾瀬

あたりで未対応地域が残っている。

 

都市部でHTC EVO WiMAX ISW11HTを

購入された方が群馬にお越しいただいた

際にご注意いただきたいとは言え、

もともと、周波数再編の目的は?と言うと

コチラコチラに記されているように、

歴史的に細切れで使用していた

周波数を「一まとめに広い幅へ」整理し、

電波そのものの使用効率を上げ、

ひいては通信速度も上げて便利にする

狙いがあるので、協力していきたいと思う。

 

|

« [震災復興]【アピール】つくば市役所、ふざけるんじゃねぇ | トップページ | 2011年Jリーグ、東日本大震災からの再開にあたり… »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/51404676

この記事へのトラックバック一覧です: [橙色の電波]WiMAX併用スマフォン発売で新たな見地が明らかに:

« [震災復興]【アピール】つくば市役所、ふざけるんじゃねぇ | トップページ | 2011年Jリーグ、東日本大震災からの再開にあたり… »