« 当たるも八卦、当たらぬも八卦だが?(16/38、ホーム鳥取戦は海の日19時) | トップページ | We don’t feel well too.(16/38、ホーム戦、草津0-5鳥取、それもハットトリック喰らう) »

2011年7月18日 (月)

「アナログテレビ」カウントダウンと群馬テレビでの高校野球中継での変革

いよいよ、次の日曜日2011年7月24日に

地上とBSのアナログテレビ※が終焉の時を迎える。

 ※福島・宮城・岩手の3県の地上アナログ
  テレビは震災のため2012年3月まで延期

 

この機に及んでテレビの駆け込み

需要も盛り上がっているようであるが、

群馬では高校野球県予選の中継を巡り

この機に及んだ”変革”が起きている。

 

 

Dsc_1595←デジタルにも対応したテレビを切り替えて撮影

 

 

 

既に新聞などで関東の地域テレビ欄をチェック

されている方はお気づきかもしれないが、

 

群馬テレビは2011年の夏の甲子園予選

(県大会)の生中継は3回戦からとした。

細かく記せば、開会式の生中継も実施せず。

 

他のスポーツでは”高校最後”の大会に対する

開会式の生中継なんて持っての他

と記してしまえばそれまでかもしれないが、

この時期にならないと見られない

名物CMなどの出稿が減ったのか

 ※でも、名物CMの酒屋さんは群馬テレビの
  トップページにチラシへ繋がるらしき
  QRコードが登場しているんだけどね…(左下)

1~2回戦は10年位前から開催球場を分散した影響で、

中継対象が少なくなった上にワンサイドやコールドゲームも多く、

だらだら中継した割に、午後はフィラー(写真+音楽)で

潰す時間が増えていたことも響いたのかもしれない。

 

一応、夜10時からのお約束であるハイライト

(2011年が27年目とのこと)は開会式から

2回戦までを放送する日は75分枠としたので、

不満を有る程度抑えられたのかもしれないが、

新聞などのテレビ欄で見ると少し寂しいです。

 

その一方で、16日から行われている3回戦以降は

全試合ハイビジョン中継とすると言うのだが、

いよいよ持って、群馬テレビの移動中継車が

映像機材の実質値下がりを待った上で

ハイビジョン対応を実施したのか、

期間を区切って借用してきたのだが、

チャンスがあれば確かめてみたいと思う。

(今日まで高崎城南球場に居るようだし)

 

<ちなみに>

FMぐんまによるラジオ中継は例年通り4回戦からとのこと

 

|

« 当たるも八卦、当たらぬも八卦だが?(16/38、ホーム鳥取戦は海の日19時) | トップページ | We don’t feel well too.(16/38、ホーム戦、草津0-5鳥取、それもハットトリック喰らう) »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/52208275

この記事へのトラックバック一覧です: 「アナログテレビ」カウントダウンと群馬テレビでの高校野球中継での変革:

« 当たるも八卦、当たらぬも八卦だが?(16/38、ホーム鳥取戦は海の日19時) | トップページ | We don’t feel well too.(16/38、ホーム戦、草津0-5鳥取、それもハットトリック喰らう) »