« 《実乗調査》高崎市「ぐるりん」バス、島野町バス停のナゾ | トップページ | ラスト2戦、チカラを魅せつけよ!!(37/38、アウェイ愛媛戦は27日13時) »

2011年11月25日 (金)

[通勤日記]復元色な編成に隠された秘密!?

東北・上越新幹線では、1984年の

大宮(現:さいたま市大宮区)から

盛岡および新潟間との開業当時の

形式である「200系」が一部残っている。

 

さすがに、現在も走っているのは、大きく概して

1990年台に新製、2000年前後に延命改造を行った

「K編成」と言われるグループで、

通常は上部が明るい白色、下部が濃い目の青色、

ラインアクセントとして緑が入っているのだが、

K47と呼ばれる1編成だけ、開業当時の

クリームっぽい白色と黄緑で塗り分けた編成がある。

 

Ts3h0239 ←高崎駅12番線にて

 

過日、通勤帰りの「たにがわ号」にこの編成が当たり、

グリーン車以外全て自由席だったことを

利用して何気に先頭10号車に乗ったら

デッキにJR東日本の新幹線に関する

歴史を語るシールが張られていることを発見。

 

これが、K47編成の車両の端っこ限定なのか、

全てのデッキにあるかは良く判らないが、

せっかくなので、写真にてご紹介を。

 

Ts3h0235

Ts3h0236

Ts3h0237

Ts3h0238

 

<こぼれ話>

新幹線通勤仲間の或る方は、K47編成が来ると

冗談交じりに「詐欺編成だ」と仰るが、車内設備は他の

K編成と同様にリニューアルされているのでご安心を。

ましてや、200系のK編成は結果的に新潟県中越地震で、

安全性の高さを実証してしまった編成でもあるわけだから。

 

|

« 《実乗調査》高崎市「ぐるりん」バス、島野町バス停のナゾ | トップページ | ラスト2戦、チカラを魅せつけよ!!(37/38、アウェイ愛媛戦は27日13時) »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/49360755

この記事へのトラックバック一覧です: [通勤日記]復元色な編成に隠された秘密!?:

« 《実乗調査》高崎市「ぐるりん」バス、島野町バス停のナゾ | トップページ | ラスト2戦、チカラを魅せつけよ!!(37/38、アウェイ愛媛戦は27日13時) »