« [アフターDC]【速報!】衝撃!いや笑撃!?の■■■な□□□□が上州路を走る! | トップページ | 〔日曜版〕”前東商”跡地をプロスポーツ拠点構想について(一部【特設】) »

2012年2月25日 (土)

[震災復興]パンの缶詰「救缶鳥」には【橙色の携帯ショップ】限定品があった!?

東日本大震災の発生から、

あと2週間で1年が経とうとしている。

2012年2月21日の記事に関連し、
久しぶりに橙色の携帯ショップに出向いた折、
以下の写真で始まるパンフレットが店舗内の
少々目立たない隅っこに置かれていた。

Scan0084

そう、東日本大震災から約1ヵ月後の記事

触れた救缶鳥プロジェクトを紹介する冊子。

上記のリンクでも触れているが、これを製造する
会社さんの通常商品で13ヶ月(約1年)保存の
パンの缶詰であれば、今も東北・上越
新幹線の東京駅新幹線ホームにある
自動販売機で買うこともできるが、

橙色の携帯店舗で紹介しているのは、
37ヶ月(約3年)保存の商品となります。

更に、救缶鳥プロジェクトに1度参加すると
約22ヶ月経過後(消費期限が残り1年
になりかけるところ)で、次の”救缶鳥”
を購入しませんか?と言うご案内と共に
2年を経過する方の缶の回収提案が届き、
それに応じれば、2年を経過した商品は
世界の飢餓地域のために役立てられます。

ところが、通常のインターネットで告知
されている
救缶鳥プロジェクト参加費は
12,000円となっているのだが、
橙色の携帯ショップで配布されている
冊子限定で特別セットが用意されている。

 

そのお値段は、お安くなる方ですが、

具体的には橙色の携帯ショップ

に行って見てのお楽しみに。

 

なぜなら、最近、橙色の携帯ショップでは

携帯電話の販売だけに留まらず、

群馬県内でも2012年2月14日以降、

だいぶFTTH(auひかり)のエリアが拡大され、

加入申し込みの相談窓口にもなっているですので、

「ついでに話しかけてみては?」と言う事で。

 

特に、理由も無く、携帯は

何処喪なんかで済ませている

群馬県民な、そこのアナタ!!!

 

|

« [アフターDC]【速報!】衝撃!いや笑撃!?の■■■な□□□□が上州路を走る! | トップページ | 〔日曜版〕”前東商”跡地をプロスポーツ拠点構想について(一部【特設】) »

[震災復興]地震列島ニッポン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54024109

この記事へのトラックバック一覧です: [震災復興]パンの缶詰「救缶鳥」には【橙色の携帯ショップ】限定品があった!?:

« [アフターDC]【速報!】衝撃!いや笑撃!?の■■■な□□□□が上州路を走る! | トップページ | 〔日曜版〕”前東商”跡地をプロスポーツ拠点構想について(一部【特設】) »