« [2012J2草津]群馬から岐阜戦への高速バス活用、チャンス到来? | トップページ | 「1年の夢」が1億円の債務超過を呼んだのか?(一部【特設】) »

2012年2月14日 (火)

今、関西で鉄道の未来像検討が熱い!?

2011年に行われた大阪市長と
大阪府知事のダブル選挙にて、
いわゆる地域政党が圧勝したことと
直接は関係ないと思うのだが、

2012年1月末から2月初旬に掛けて

関西で鉄道の未来像検討が熱を帯びている

 
 
 

1つは、2012年1月27日のニュース

大阪と北陸新幹線(長野~金沢間2014年、
金沢~敦賀間2025年開通予定)を結ぶ1つの
手段としてフリーゲージ(線路幅可変対応)電車を
走らせる検討を国土交通省が公にした件

[報道]MSN産経毎日福井新聞1福井新聞2
[国土交通省]副大臣会見技術概要特設ページ

この件を巡っては、大阪~敦賀間の新幹線
ルートが決まっていない、この背景には国政
財源の見通しが不透明と言う点から始まり、
東海道新幹線は全線JR東海が運営するのに対し、
同地区の在来線はJR西日本だと言うねじれもある。
 
現在、特急サンダーバード(大阪~金沢・富山など)では
車体傾斜を用いない車両で、大阪駅と敦賀駅の間を
最短80分丁度で結ぶ距離であるが、懸念する声として
雪への対応とか、フル新幹線を求める声もあるが、
東京から富山・金沢と言った需要の影で空きそうな
線路を巧く活用できる点では面白そうな案でもある。

そして、もう1つ。2012年2月6日に
共同通信社単独インタビュー
として報じられた
近鉄(近畿日本鉄道)の新たな戦略。

名古屋と三宮(神戸市)を直通する特急列車の検討。
新幹線に比べて時間が掛かることを逆手に
料金の安さと車内サービスで対抗したいと言う。

記憶では20年近く前、名古屋と大阪難波との
間でアーバンライナーを走らせたときと考えは
似ているのだが、その後、阪神なんば線により
近鉄から三宮まで乗り入れは始まっていたが、
今のところ乗り入れ車両は通勤電車に限られて
いたが、更にテコ入れしようと言う作戦ですな。

そう言えば、近鉄線は中学校の修学旅行で
名古屋から伊勢志摩へ乗ったっきりになっていたような…
アーバンライナーなんて未だ無かったし(オイ)

いずれにしても、実現したらネタにしておきたいです(オイオイ)

|

« [2012J2草津]群馬から岐阜戦への高速バス活用、チャンス到来? | トップページ | 「1年の夢」が1億円の債務超過を呼んだのか?(一部【特設】) »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/53921477

この記事へのトラックバック一覧です: 今、関西で鉄道の未来像検討が熱い!?:

« [2012J2草津]群馬から岐阜戦への高速バス活用、チャンス到来? | トップページ | 「1年の夢」が1億円の債務超過を呼んだのか?(一部【特設】) »