« [バスで正田スタ]【土休日】敷島公園→前橋駅(2012年4月) | トップページ | [休日お出かけパス][Suica][正田スタ]JR前橋駅での留意事項とウラ技2題 »

2012年3月27日 (火)

[特別寄稿]31年分の”想い”を糧として…(第84回選抜甲子園、近江7-2高崎)

群馬県内のごく一部のサッカーファンな
皆様にはちょろちょろお知らせしていましたが、

群馬県立高崎高校

(いわゆる”タカタカ”)が

31年ぶり2度目の

選抜甲子園出場
 
と言うことで、普段記しているサッカー
Jリーグネタそっちのけで恐縮ですが、
2012年3月23日(金)から25日(日)
に掛けて甲子園球場まで現役生の
応援に出向いてきました。

前置きから恐縮ですが、関西自体は
昨年(2011年)に仕事で前乗り含めて2泊、
9月の3連休に行われたJリーグ2部の
京都vs草津に絡めて1泊と言うことで
今回は往復に”変化球”も用意していた
のですが、そっちは追って触れることとして、
今日は甲子園と高校野球そのものについて触れたい。

 
 
 

まず、阪神甲子園球場と言う場所について。

ノーゲームとなった24日はアルプススタンドに
入ったのですが、途端に気づいたことがある。

見やすい
 
阪神タイガースのファンが個々の試合の
勝敗に関係なくリピーターと化す理由の
1つなんだろうけど、アルプススタンドや、
内野スタンドでも、粗方の場所で自然な
視野で野手の動きが自然と入ってくる
と言うのが私が書ける表現であろうか。

このウラを返すと、高校野球の試合直後
インタビューなどで”魔物が居る”とか
”独特の雰囲気がある”とか言う表現を
間々見る理由にも繋がるんだろうと思う。

声無くとも視界で雰囲気を感じ、高校野球では
そこに両方のアルプススタンドからの声が飛ぶ。

選手たちは応援はチカラになると仰るが、
今更ながら、日本のスポーツ界における屈指の
ヒノキ舞台であり、その価値を考えさせられた。
 
さて、近江[滋賀県]7-2高崎[群馬県立]の
結果について。投手のエース島田選手は25日の
4回ウラに喰らった4失点を悔やんでいた
ようであるが、その伏線はノーゲームとなった
24日から垣間見えていたと考えている。

公式記録上には残らないかもしれないが、
24日のノーゲームは3回まで攻撃した
高崎高校は9人凡打に対して、近江高校は
1回・2回とランナーを出しつつも、チャンスを
活かせずゼロ行進だったという点にもあったと思う。

逆に25日は1回表から高崎高校が1点を取ったが、
その後、2アウト1・2塁からのヒットに試合の行方が
凝縮されてしまったかな?と言うのが個人的な結果論。

このシーン、レフト真ん前に数バウンドのヒットだったと
記憶しているのだが、このタイミングで2塁ランナーが
アウトになっても構わないからホームに突っ込まずに
満塁とした点であろう(3塁コーチもストップ指示)。

結果、次の打者は凡打で3者残塁でチェンジに
なってしまったのだが、ここでアウト承知で
突っ込んで近江バッテリーなりレフトの守備を
惑わせる動きが加わったらと想像すると
試合結果は変わっていたのかもしれない。

その後、近江が1回ウラに同点、3階ウラに1点
勝ち越しと進み、4回表に高崎高校も同点と
追いすがるも同回ウラの4失点が重く圧し掛かった。

 

改めて、最終スコアは近江7-2高崎。

NHKのラジオ実況(大相撲の千秋楽との
重複で最初の10分を除きFMで放送)で
触れられていたが、31年前のスコアは

星稜(石川)11-1高崎高校

これを2012年のスコアと比較すると、
1得点増えて、失点は4減った。

1得点増えて、失点が4減る
”ペース”のままで進めば、

次のチャンスは9回終わって
3対3の同点となるではないか?

その次のチャンスは何時来るかは
小生からは明記するのは避けますが、
2012年春の甲子園で得た”糧”を
活かせるチャンスは早いほうが良いだろう。

よくよく考えれば、今回の甲子園出場メンバーは
背番号9までの選手のうち1/3は新2年生なのだ。
(背番号7の選手はベンチスタートだったようだが)

夏の甲子園は1府県1代表(例外は都と道)
なので、県レベルでも厳しい戦いとなるが、
是非とも、近い内に甲子園に戻ってくることを期待したい。
 

<写真コーナー(モブログへのリンク)>

糧にしよう!

さあ、仕切り直し

再試合※24日ノーゲーム※

水入り※24日ノーゲーム※

入場※24日ノーゲーム※

到着してるのたが※24日ノーゲーム※

|

« [バスで正田スタ]【土休日】敷島公園→前橋駅(2012年4月) | トップページ | [休日お出かけパス][Suica][正田スタ]JR前橋駅での留意事項とウラ技2題 »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54316556

この記事へのトラックバック一覧です: [特別寄稿]31年分の”想い”を糧として…(第84回選抜甲子園、近江7-2高崎):

« [バスで正田スタ]【土休日】敷島公園→前橋駅(2012年4月) | トップページ | [休日お出かけパス][Suica][正田スタ]JR前橋駅での留意事項とウラ技2題 »