« [ミッドナイト予告]本日の安政遠足、2箇所で撮影します!! | トップページ | 株主様への働きかけを始めよう!!(14節、ホーム戦、草津1-2栃木、6連続真っ黒け、大部分【特設】) »

2012年5月13日 (日)

Do IT!! D I T!! (BM/BR型レガシィD型・2Lで300ps&400NM・でも補助金対応)

久しぶりに自動車ネタを記すが、

2012年5月8日、富士重工業から

BM/BR型レガシィの改良型が

発表された。(報道例:CarWatch

 

GW前から雑誌で噂はあったが、

新たなシンボリックモデルとして

2.0 GT DIT
 
を据えたと言う。

BM/BR型レガシィは車体サイズが

日本では大きすぎるのを承知で

欧米高級サイズに据えたたこともあり、

「ぶつからないクルマ?」とのCMで

訴えたアイサイトVer2無くしては、

日本では売れなかったと聞いていたが、

2011年秋にフルモデルチェンジをした

インプレッサにもアイサイトVer2を

搭載したところで、レガシィには

新たな価値を与えた形となった。

 

それと共に、改めて上記の赤文字での

表現に注目して欲しいのだが、

BM/BR型レガシィの当初は2Lモデルを廃止し、

最低排気量を2.5Lに据えたのだが、

D型で搭載されたDITは2L(2.0L)なのだ。

それでいて、直噴とターボの組み合わせにより、

300馬力にトルク400NMと言う
 
2Lなら驚いて良いスペックを
 
たたき出してきたことになる。

もともと、直噴ターボによる低排気量化は

欧州の流行、日本ではフォルクスワーゲンが

非常に推してきている技術であるが、

15年前「ガソリン喰い」と言われた

スバルの水平対向エンジンだって

燃費性能も抜かりなくなってきた。

今回のDITでも補助金対象だし、

2.5LのNAは売り筋は50%減税だ。

(ちなみに、インプレッサは殆ど75%減税)

さらに、DIT(形式はFAエンジン)のベースとなった

FBエンジンからは水平対向だから安価に使えたと

言う技術が幾つか搭載されてきている。

具体的には油圧式可変バルブタイミングや、

冷却面でヘッド周りやEGR(排気ガス環流)だ。

 

写真は無いが、小生は2月の桐生堀マラソン

終了後に車検の見積もりのために入庫した

Dラーの営業さんから「時間有るでしょうから

適当に乗ってきて」と言われて試乗した

インプレッサ2.0アイサイト(AWD・CVT)

発進加速(鋭さと共にタコメータの振れの低さ)と

なかなか15km/Lを割らない車内燃費計と

アイサイトVer2の1つの機能である

追従クルコンには何れも驚きを持っている。

 ※注※小生は通勤でクルマを使いません…

 

最近はBRZ(トヨタ86兄弟車)比較でDラーには

ちょっとマニアックな方も見かけていますが、

レガシィにしてもインプレッサにしても伊達じゃない。

 

単に移動する道具で見るのではなく、

似たお金を拠出するなら安全・快適に移動する

その点で最適な選択肢はスバルだということだ。

 

そんな観点でお出かけいただければと思う。

 

Do IT!! D I T!!

 

<インプレッサに関する追記>

WebCGにインプレッサ2.0アイサイトの

ブリーフテスト記事が最近掲載されたよう。

更に発売直後の対談記事も載せておこう。

 

|

« [ミッドナイト予告]本日の安政遠足、2箇所で撮影します!! | トップページ | 株主様への働きかけを始めよう!!(14節、ホーム戦、草津1-2栃木、6連続真っ黒け、大部分【特設】) »

スバル&自動車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54691018

この記事へのトラックバック一覧です: Do IT!! D I T!! (BM/BR型レガシィD型・2Lで300ps&400NM・でも補助金対応):

« [ミッドナイト予告]本日の安政遠足、2箇所で撮影します!! | トップページ | 株主様への働きかけを始めよう!!(14節、ホーム戦、草津1-2栃木、6連続真っ黒け、大部分【特設】) »