« 株主様への働きかけを始めよう!!(14節、ホーム戦、草津1-2栃木、6連続真っ黒け、大部分【特設】) | トップページ | [写真特集]栃木戦の風景と次回ホーム戦での”ツマミ”連絡 »

2012年5月15日 (火)

こりゃ重症だwww、臨時株主総会と監督更迭論について(大部分【特設】)

本日は当初公開予定記事を変更して、

6連敗を受けた動向に関して改めて触れる。

先に、関心のある方は直ぐ気づく情報から、

5月14日(月)いわゆる”控え組”選手が

主体だったと思われる練習試合をJFLの

AC長野パルセイロと行ったが、

なんと、草津0-3長野

 ※結果はAC長野パルセイロ側をリンク 

こりゃ、重症だwww
 
細部の論議なんか要らない
 
笑うしかないんで

wwwwwwwwwwww

これを受ければ、監督更迭論は更に進む

と思うが、真っ先に当たるポイントがある。

 

 
 

監督更迭が実現したところで、
 
財政・経営改革無しに後任として
 
就任できるのは植木氏、
 
現・代表取締役だけだ。

 
 

ここで注意点。そう書いたからと言って当ブログから

監督更迭論を止めよという訳ではない。

妄想・考案・議論するのは自由だと思う。

 

しかし、監督更迭後に植木代表取締役が
 
監督就任して2012年のJ2リーグなり
 
入れ替え戦なりの成績面は持ったとしても
 
財政面を問われることになるクラブライセンス
 
制度導入に向けては根本解決にはならない。
 
むしろ、大問題を残している運営面や
 
財政面の問題は先送りにされるだけだ。

 

その観点で、更に危機感を抱いた記事が有る。

読売新聞の4月14日付群馬版の紙面から、

引用すると副島氏のトラメガで喋ったのは

「ファイティングスピリッツを見せます。見ていて下さい。」

これは、当方にも有る程度聞こえていたが、

もう1人、熊林選手が「選手全員が悪いんだ」

と喋ったと報じられた件。

 
 

熊林選手は2012年度からFMぐんまの

ザスパ草津関連番組でパーソナリティの

一角を担うなど、記してみれば”対外的”な

キャプテン役を務める責任感の強い選手だとは

思っているが、彼が試合に出場し続けることの

逆を考えると、チーム内のレギュラー争いで

彼を越す選手が現れていないということだ。

 
 

事実だから書くが、彼と松下選手は30歳に

到達し、桜田選手は8月に到達する予定だ。

 
 

こんなヨタブログを閲覧された方には

申し訳ないが、プロサッカー選手としては

何時、居なくなってもおかしくない年齢に差し掛かる。

それを見越して、2012年のキャプテンと副キャプテンは

27歳前後の御厨・中村・後藤の3選手に委ねたが、

その3選手だって、体調不良に怪我は有ったとは言え

GWの連戦は”出戻り”だったと記さざるを得ないし、

若手選手が多く出場した筈の昨日の

練習試合結果は「何だこりゃ」と言うわけだ。

 

そして、更に、偶然なのか狙ったのかは判らないが

読売群馬版の記事を見て思い当たった事実がある。

昨日の記事も取り上げたが、ザスパ草津を運営する

会社「(株)草津温泉フットボールクラブ」の

2011年度決算の承認と新株発行が決まった

定時株主総会は2012年4月20日に行われた。

 

これに対し、今回の6連続真っ黒けの1つ目は

2012年4月22日(日)の水戸戦だった。

GWは北九州戦の後半から4連敗を当てたが、

株主総会の結果をどのように選手に伝えたのか、

ここは後に語られるネタになりそうだ。

 

その一方、定時の株主総会は

最低年に1回で済むあろうが

それがシャンシャンで終わったところで、

今回の公式戦6連敗、翌日の練習試合でも

下部リーグに0-3と言う崩壊が始まったのだ。

 

極悪承知で記すが、

あまりにもタイミング

が良すぎる。

 

だからこそ、株主様に、こう働きかけたい。

 

臨時の株主総会
 
を求めませんか?

 

と。

もちろん、臨時株主総会を1度開けたとして、

現・取締役の解任決議が否決されたら

信任されたとの意味を持つじゃないか?

と言う指摘は有るだろう。

 

でも、会社法も2006年5月施行の大改革

があり(昔結構あった、有限会社が新たに

作れなくなった”新会社法”と言う奴)、

1つ例を上げれば株主総会は議決権

ベースで3%の株主が求めれば

実施しなければならなくなるようだし、

株主総会での提案は議決権ベースで

1%あれば出来るようになったよう。

その他、総会決議取消訴権や

新株発行無効訴権なども案外

少数株主でも不可能ではないよう。

 

だからこそ、今できるのは

草津温泉フットボールクラブの

既存株主様に定時株主総会後の

動きに疑問を抱かせること。

  
だと思う。

<参考書籍>
(ちょっと古くて絶版のようですが)
山田真哉の結構使える
つまみ食い「新会社法」
ISBN4-413-00792-1

 

|

« 株主様への働きかけを始めよう!!(14節、ホーム戦、草津1-2栃木、6連続真っ黒け、大部分【特設】) | トップページ | [写真特集]栃木戦の風景と次回ホーム戦での”ツマミ”連絡 »

【特設】コツコツと@ザスパ」カテゴリの記事

ザスパ(前年以前)」カテゴリの記事