« 試合内容は悲観しないが?(19節、ホーム戦、草津0-0熊本、半分は【特設】) | トップページ | [アフター群馬DC]2012年も県内鉄道乗り放題切符が発売されるが、みたび要注意!! »

2012年6月15日 (金)

復興ボランティアで気づいたレンタカー業界再編(一部、[震災復興])

2012年5月26日に行ってきた、

岩手県陸前高田市でのボランティア

活動への参加に際しては、翌27日の

朝に自治会活動(こちらも清掃活動でした)

が予定されていたことから、お誘いを受けた

「1夜行+1泊の団体バスツアー」には、

そのまま乗ることができず、

現地集合扱いでの参加を目論んだのだが、

復路のみの個別交通手配は、

一ノ関なり、仙台なりへの長距離バスの本数は

流石に少なく、JR在来線を組み合わせても

群馬には深夜か早朝の帰宅になってしまうのでNG。

一方で、前乗りしようにも陸前高田市内の宿泊施設は

インターネットで予約できない(満室含む)わ、

マイカーで行こうにもボランティア活動終了後に

1人運転で450kmはキツイと判断して得た結論。

 

1.前泊は新幹線の「一ノ関」駅付近(岩手県一関市)

2.その駅前でレンタカーを借りて、19時か

  20時を基準に24時間レンタルとする。

3.翌朝6時30分前に一ノ関を出発し、

  夜行バスツアー組が到着すると言う

  8時には陸前高田の集合場所に居る

 

この行程で、小生の初ボランティアへの

道筋は繋がり、実施に至った。

 

前置きが長くなったが、このボランティア活動で

最安値で借りられたのは「マツダレンタカー」 

一ノ関駅からは送迎が必要だったのだが(どうも、

”駅前”と言われる中では最も遠いらしかった)、

活動報告を行うにあたり、自分が属する会社の

宛名入り領収書が必要と言うことで、それを

頂いたところで「忘れていた気づき」があった。

 
 

それは、商号「マツダレンタカー」は

2009年3月に株式譲渡

(報道:レスポンス)が行われた結果、

商号「タイムズ」のコイン駐車場を手がける

パーク24株式会社の子会社である、

タイムズモビリティネットワークス株式会社

となっていた件。

 
 

どうも、タイムズ側の狙いは

都市部でのカーシェアリングである

タイムズプラス事業
の円滑化だったようだが、

ここ数年のレンタカー比較時における

キャンペーン料金は自動車メーカー”マツダ”の

戦略とは一線を画していたんだと妙に納得した。

 

ちなみに、群馬県内でも

ザスパ草津の公式ファンクラブ特典

”サポートショップ”として15%引きとかも有る。

 
 

<ところで>

一ノ関で出会ったレンタカーはと言うと…

Kimg1226

Kimg1227

現行デミオではスカイアクティブの

導入で無くなったと思っていた

 

e-4WD

 

元々は日産の技術でマツダに部品供給。

仕掛けはガソリンエンジンで前輪を回し、

電気モーターで後輪を動かす4WD。

ドライブシャフトを不要して軽量化と、

不必要時に明確に動作停止できので、

非降雪時の燃費を向上させるのが狙い。 

まあ、土地柄として巧い選択

だとは思いましたが。。。

|

« 試合内容は悲観しないが?(19節、ホーム戦、草津0-0熊本、半分は【特設】) | トップページ | [アフター群馬DC]2012年も県内鉄道乗り放題切符が発売されるが、みたび要注意!! »

スバル&自動車」カテゴリの記事

[震災復興]地震列島ニッポン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54929278

この記事へのトラックバック一覧です: 復興ボランティアで気づいたレンタカー業界再編(一部、[震災復興]):

« 試合内容は悲観しないが?(19節、ホーム戦、草津0-0熊本、半分は【特設】) | トップページ | [アフター群馬DC]2012年も県内鉄道乗り放題切符が発売されるが、みたび要注意!! »