« ”黄札域”寸前の中で2点取れるか?(17節ホーム福岡戦は2日15時、土曜日戦) | トップページ | 【重要な追記、忘れてた】復活の狼煙は今季主将の御厨(みくりや)選手から!(17節ホーム戦、草津1-0福岡) »

2012年6月 2日 (土)

ボーナス商戦に向けて「そんなん、当たり前だんべぇな!!」

2012年5月23日頃、インターネット上の

記事で話題になった
ので気づいたのだが、

youtube上に米国で作られたらしき、

ある自動車比較テストが掲載されている。

 
 

<1つ目のテスト>

非舗装路の急な上り坂で一旦停止したのち、

再度、登坂できるかどうか(勢いづけ無し)。

 

<2つ目のテスト>

4輪中の3輪を上り坂のローラ上に乗せて、

残る1輪で前に進むことが出来るか?

 

これら2つを完璧に

こなしたのは
 
SUBARUの

フォレスターだけだった。

(SUBARUで行けば片方のテストでトライベッカ
 [米国限定モデルの7人乗り]も成功している)

 

少し調べたら、実名を挙げた比較広告は
当たり前のように使用できる
米国のSUBARUが作った映像
ではないか?と言うことのようだが、

 

上記2つのテストは

25年(四半世紀)来の
 
SUBARUの当たり前
 
だんべな!!

で、

忘れちゃいけないのが
 
コストパフォーマンス。

 
この手のテストで

「なぜランクルが出てこない?」

を筆頭に、ランクルの代わりに

「パジェロ」だ「ホンダのSH-AWD」だと

指摘が出てくるのだが、

SUBARUのAWDは400万円クラスであれ、

150万円少々であれ、4種類有るとは言え

性格面を含め最適な部材を宛がってくれる。

そして、SUBARU叩きが言ってくる燃費面。

コレに対して、FBエンジンやリニアトロニック(CVT)、

の他、最近はFAエンジン(86/BRZ/DIT)も出始めた。

もはや、SUBARUの弱点では無くなってきている。

日本では、これにディーゼルが発売されれば、

大きなメーカーに引けは取らないラインナップになる。

 

クルマって、何ですか?

移動式のリビングですか?

そんなんで一時「小学生が車内で立てる」とか

想いっきり宣伝した某H社のワゴン車なんかを

選んでいる方、ぶつかっても、知らないよ。

 

クルマって移動するものだんべな。

走る、曲がる、止まるの基本に

起きては欲しくないが、衝突時の

被害が最小限に済まされること。

 

今こそ、賢い買い物をするべき時だと思う。

 

<参考>

スバル・シンメトリカルAWDの真価

~Carview.co.jp 2006年~

その1その2その3

|

« ”黄札域”寸前の中で2点取れるか?(17節ホーム福岡戦は2日15時、土曜日戦) | トップページ | 【重要な追記、忘れてた】復活の狼煙は今季主将の御厨(みくりや)選手から!(17節ホーム戦、草津1-0福岡) »

スバル&自動車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54795363

この記事へのトラックバック一覧です: ボーナス商戦に向けて「そんなん、当たり前だんべぇな!!」:

« ”黄札域”寸前の中で2点取れるか?(17節ホーム福岡戦は2日15時、土曜日戦) | トップページ | 【重要な追記、忘れてた】復活の狼煙は今季主将の御厨(みくりや)選手から!(17節ホーム戦、草津1-0福岡) »