« 787 | トップページ | [写真特集]世界遺産「平泉」への玄関口、一ノ関駅 »

2012年6月21日 (木)

県内「乗合タクシー」変化のウラと県パブコメ募集(7月、海の日前まで)

2012年2月の記事で、現・前橋市長が

選挙公約で路線バスへの補助を止めて、

前橋市内全域で乗合タクシー導入を!!

と挙げていた件を紐解いてみたのだが

(簡易試算では意外な良案と判断)

そのウラでもあるし、更に2012年1月の記事

この4月から桐生市の新里地区で実際に

路線バス補助を止めて(結果、路線は廃止)

乗合タクシーに移行した件にも通じるのだが、

2012年6月15日の上毛新聞

1面トップ(Web掲載有り)

 

群馬県も金額が増えてきた

自治体路線バスへの
 
補助金を問題視し始めた
と言う。

 

でも、ここで組み合わさるのが、

同じ群馬県がパブリックコメントを

7月17日(金)まで募集し始めた

ぐんま“まちづくり”ビジョン
では、

 

パッと見、路線バスへの移行を何とか促させる

と受け取れる表現が乗っている。

パブリックコメントの方が”まちづくり”に

少し寄っていて産業と働き方までは

言及していないせいもあるのだろうが、

 

働きに行くのにマイカーを使う

 

時点で、ビジョンの根底が崩れる気もする。

 

でも、群馬のマイカー頼み社会には

長年疑問を感じており、例えば、工場を

運営するなら、従業員は公共交通を使わせる

(当然、勤務時間もそれに合わせる)か、

工場側がマイクロバスなどで送迎をする。

1年ほど前に記した工場や学校の集積により、

新たな路線バスが有っても良いのでは?
と言うのは

その先なんだろうが、高崎市内には既に見受けられる。

 

一方、パブリックコメントで募集している

「まちづくりビジョン」で是非とも規制して欲しいのは。

 

広大敷地に平屋建ての

ショッピングセンター。

 

前橋南IC近くに

本社のある某小売業が

目下、非常に得意としている形。

 
 

特に駐車場を平屋で田んぼや

畑を舗装しただけと言うのが、

低コストの秘訣なんだろうね。

郊外型ショッピングセンターを

完全否定はしないが、例えば、

店舗と駐車場は共に3階建てにして、

屋上は駐車場にするか太陽光発電を

置かないと出店は認めないとか言うくらいの

規制を掛けないと、パブリックコメントの

原案にも新聞記事を引用していた、

 

前橋市に非常に近い吉岡町

 

なんかの状況は防げないと思うよ。

 

|

« 787 | トップページ | [写真特集]世界遺産「平泉」への玄関口、一ノ関駅 »

交通体系論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54985392

この記事へのトラックバック一覧です: 県内「乗合タクシー」変化のウラと県パブコメ募集(7月、海の日前まで):

« 787 | トップページ | [写真特集]世界遺産「平泉」への玄関口、一ノ関駅 »