« 「続く」ジンクスと「断ち切れない」ジンクス(21節、ホーム戦、草津1-2鳥取) | トップページ | [写真特集]2時間少々で巡った鳥取駅周辺(9月2度対戦向け情報有り) »

2012年6月27日 (水)

なんじゃ、こりゃ、「IP無線機」ってさ??

[期間限定告知]

某クソフロントが28日まで募集を掛けている

建設的議論の場には大きなワナがある。

オイソレと知恵を無償提供するのは慎みましょう。

[本来の本文]

例年GW明けから6月半ばに掛けては

東京ビッグサイトや幕張メッセでIT系の

展示会が行われる時期であるのだが、

6月13日~15日に行われた

Interop Tokyo 2012

「IP無線機」

なるものが展示されたと言う。

一聞「なんじゃ、こりゃ」と思ったのだが、

そもそも… 

 

無線機はそれ自体が
 
直接電波を扱うモノだんべ

 

と考えてしまっては、

そこで発想は止まってしまう。

 

一方で、電波の届く範囲は基本的に限られるし、

テレビの地デジ化のようにデジタル化や

周波数の移転を狙いとした入れ替えも

行われている。そう、アマチュア無線は別として、

旧い無線機は使えなくなるケースが増えている。

 

脱線が長くなったが、話を戻すと、

バスやタクシーが使用する無線は

営業範囲の中心部に基地局を建てて

エリアの端っこだと「ガサガサ」なんて

音を立てて交信していたものだが、

長距離高速バスの浸透によるミスマッチや

携帯電話の普及で、状況は変わりつつある。

しかし、携帯電話の使用で問題になるのが、

運転中の携帯電話使用、特に電話帳の

確認やダイアル操作は事故の元

(だからこそ、白切符の対象になる)。

 

どうも、その問題を狙った製品らしい。

改めて、記しなおすと 

外っ面は、今までのタクシー無線(ICOM社の例

中身は、無線交信を司るアプリケーションと

インターネット(IP)と携帯電話会社の「通信モジュール」

と言う機材を作ってしまったと言うことだ。

(珍しく、コレを理解するに1時間くらい掛かった)

 

1台あたり、初期購入18万円と携帯電話会社へ

月額2400円らしいが、設定により全国に

散らばっていても月額定額で交信できるらしいので、

概ね50kmを越えて離れることの有る長距離のバスや

トラックにとっては検討の余地があるんだろうなと思う。

 

<基ネタ>

出展者の宣伝ポスター写真紹介記事本文

【Interop Tokyo 12】ENWA、全国どこでも一斉通話、IP無線機出展
~2012年6月15日、自動車ニュースResponse~

 

|

« 「続く」ジンクスと「断ち切れない」ジンクス(21節、ホーム戦、草津1-2鳥取) | トップページ | [写真特集]2時間少々で巡った鳥取駅周辺(9月2度対戦向け情報有り) »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/54985036

この記事へのトラックバック一覧です: なんじゃ、こりゃ、「IP無線機」ってさ??:

« 「続く」ジンクスと「断ち切れない」ジンクス(21節、ホーム戦、草津1-2鳥取) | トップページ | [写真特集]2時間少々で巡った鳥取駅周辺(9月2度対戦向け情報有り) »