« 「13日の金曜日」は伊達では無かった!?@高崎 | トップページ | [通勤日記]もしかしたら最後の「平サロ」 »

2012年7月19日 (木)

OEM供給を受ける側に回ったスバル・サンバーの動き

2012年2月29日を以って、

「伝説の軽自動車」と言えよう

スバル・サンバーの自社生産を終了

(スバルの軽自動車としても最後)
し、

同年4月からはダイハツのOEM供給

を受ける
形に変わったが、7月4日になって

オープンデッキが追加されたと言う。

 
 

オープンデッキとは、ダイハツ・ハイゼットで言う

デッキバンに相当
する、乗員と荷物室の割合で言えば

軽トラックと軽バンの合いの子?と言ったモデル。

10年ほど前、トヨタの小型車bBので似たような

形が設定されたと記しておくと「あれか」と思う方も

いらっしゃるかもしれない(資料1資料2)。

 

普段は1人か2人乗り、俄かに4人乗りで、

週末は畑仕事で土や機材を積んだりする方に

とっては面白い存在だとは昔っから思っている

のですが、スバルが自社生産していたサンバーでは

リアにエンジンと駆動系を集中させていた点からして

「ちょっと思いつかないモデル」になるかと思う。

 

ちなみに、現在ハイゼットを含め新車で

買えるモデルは、改造車扱いではなく、

列記としたカタログモデル
であり、

強度も考えられているだろうし、

箱バンとの価格差も小さい。

 

さて、サンバー絡みでもう1つ気になる点を。

 

2012年2月末の生産終了前から

 

赤帽サンバー
   
どうするんだ?

 

と言う議論があったが、結局はダイハツから

OEMを受ける形で、スバルの独占販売で

落ち着いたようです。ただし、スバルの

自社生産時代に”伝説”と化した専用部品と

高い耐久性については今のところ未知数だろうね。

 

現行型赤帽サンバー資料:電子書籍形式?>

旧型赤帽サンバー資料

|

« 「13日の金曜日」は伊達では無かった!?@高崎 | トップページ | [通勤日記]もしかしたら最後の「平サロ」 »

スバル&自動車」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/55143023

この記事へのトラックバック一覧です: OEM供給を受ける側に回ったスバル・サンバーの動き:

« 「13日の金曜日」は伊達では無かった!?@高崎 | トップページ | [通勤日記]もしかしたら最後の「平サロ」 »