« 3kw小規模水力発電ユニットが60万円で手に入る?(一部[震災復興]) | トップページ | 募集開始、でも、変化が欲しい「群馬県エコ通勤2012」 »

2012年8月16日 (木)

長距離移動の値上げ必至か?(ついでに伊勢崎~新宿の小ネタ)

2012年のゴールデンウィークで

群馬が一気に注目されてしまった

藤岡JCTでのツアーバス事故

その後は報じられているとおり、

運行会社は国土交通省から

事業許可を取り消されたことから

実質的に営業はできなくなり、今後は

刑事裁判と補償に移っていくのだろうが、

そんな矢先の2012年8月2日、

今度は、宮城県内の東北自動車道で

ツアーバスが前方車両に追突し、

乗客31人が軽傷を負った事故が発生した。

(報道:MSN産経ニュースResponse

個人的には、この事故を以って

夜行高速バスの1人乗務便は

商業的に”詰んだ”と考える。

つまり、2人乗務になれば人件費が上がり、

ひいては価格は上がらざるを得なくなる。

逆に、ツアーバスなり高速バスなりは

夜間、眠る時間の間に移動できるのが

メリットだったが、運行時間は正直長い。

一昔前であれば、JRの青春18きっぷなり

夜行列車も有ったが、利用者にとって

有利と言える列車は粗方駆逐されてしまった。

 

…となると、

 
   
 
 
 

小生は”ワザ”を探し続けるだろうが、
      
多くの人々は料金上昇を受け入れる
      
以外に逃げ場が無くなったという理屈。

 

新たな動きとしては、船舶(無謀?)

格安航空会社なんだろうけど、

特に後者は一見安いように見えるが、

もともと存在した航空会社の系列会社が

手がける往復のフライトと宿泊を付けた、

いわゆる「ダイナミックパッケージ」が

存在し続ける限り、強行日帰りでもしなければ

格安航空の利用メリットは見出しずらい気がする。

特に、群馬の場合、羽田も成田もバスだと

片道3時間を見るべきだからなおさらだ。

  
 

さて、オマケ記事。

最近、動きが少なくなった群馬県に関する高速バス。

(どうも、日本中央バスの創業者?に何かあったらしいが…)

ようやく、JRバス関東の新宿~伊勢崎路線で

9月1日実施予定と言う小ネタ
が発表された。

それは、伊勢崎オートレース場前への

路線延伸無料駐車場70台の設置。

と言うのだが、JRバス関東から

公表されたバス停の位置
を見ると…

例によって!付近にある筈の

スーパーモール伊勢崎に関し、

ベイシアやカインズは

興味すら示していない点。

(同グループ全体としてマイカー来客しか

 相手にしない体質は最近の叩き所なのだが)

 

そうそう、最後に重要な変更点について。

8月までは予約制の指定席でしたが、

9月からはSuicaやPasmoで

運賃を支払えるとともに、

先着制・自由席に変わるそうです。

満席は滅多に無いとは思いますが、坂東大橋に

近いところから利用される方はご用心。

 



|

« 3kw小規模水力発電ユニットが60万円で手に入る?(一部[震災復興]) | トップページ | 募集開始、でも、変化が欲しい「群馬県エコ通勤2012」 »

交通体系論」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/55350414

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離移動の値上げ必至か?(ついでに伊勢崎~新宿の小ネタ):

« 3kw小規模水力発電ユニットが60万円で手に入る?(一部[震災復興]) | トップページ | 募集開始、でも、変化が欲しい「群馬県エコ通勤2012」 »