« 【【【難局継続】】】(34節、ホーム戦、草津0-1富山、残8試合で黄札4.0/赤札5.5) | トップページ | コンビニ業界の「最後の牙城」ついに崩れるか? »

2012年9月19日 (水)

家電の新アイデアを実質的にスポイルさせた国政に物申す!!

2012年の7月頃?からパナソニックが

スマートフォンと家電の連携を謡い始めて、

最初はその意図が判らなかったのだが、

9月に入って、スマートフォン操作により

自宅外からエアコンの電源を投入して、

帰宅したら空調が整っている

と言ったことを狙っているらしいと報じられて、

単一機能では外国メーカーの追撃を受けに

受けまくっている、日本の家電メーカーが

協調して流行せそうな機能を積んできたな

と思った矢先…

 

日本の経済産業省が

待ったを掛けてきたと言う

 

それも、端的には「ドアホ」と言った理由で。。。

 
 
 

ここで、関連報道を挙げておくと
(特記無きは2012年9月12日付け)

日本経済新聞Web版(全文公開設定)

ITmedia

マイナビニュース

・[13日付]WireLessWireNews

 

で、待たされた理由を

日経新聞の公開記事から引用すると

~引用開始~
1961年制定の電気用品安全法では
照明と音響機器に限り電波による
遠隔操作で電源を入れる機能を認めている
~引用終了~

と言う点に反するから駄目だと言うのだ。

電気用品安全法自体は1961年の制定後、

年々、改善の手が入っていると信じたいのだが、

リレーから無接点の電源投入が当たり前となり、

直近は国際競争力が問題視されているイマドキに

電源の投入を巡って、普通のエアコンに近いところまで

機能削減させてしまうドアホ役所!!って感じですな。

 

その一方で、別の側面から考えると、セキュリティ的に

「いたずらの電源ON」「いたずらの電源OFF」と言った

問題点はあるのだろうが、もともとエアコンは赤外線の

リモコンで動かし、スマートフォンには赤外線あるいは

Felicaなどを搭載するものが増えているのだから、

いわゆる「初期設定」なかでも、初期設定時にタッチなどを

活用して、人間が手で入力する項目を排除さえすれば、

次第で適切なコントロールができると今のところ考えている。

 

それにしても、こんなところで

国内産業に妨害を及ぼすお役所は

マジで噂のお役所仕事だいな。。。

|

« 【【【難局継続】】】(34節、ホーム戦、草津0-1富山、残8試合で黄札4.0/赤札5.5) | トップページ | コンビニ業界の「最後の牙城」ついに崩れるか? »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/55664636

この記事へのトラックバック一覧です: 家電の新アイデアを実質的にスポイルさせた国政に物申す!!:

« 【【【難局継続】】】(34節、ホーム戦、草津0-1富山、残8試合で黄札4.0/赤札5.5) | トップページ | コンビニ業界の「最後の牙城」ついに崩れるか? »