« 「知将x(陽動スパイスx2)=分断」でアルウィン初勝利(32節、アウェイ戦、松本0-2草津) | トップページ | 企業内で白目を見られない!?フルHDテレビ電話3.5万円の時代?[実売予想1万円安?] »

2012年9月 5日 (水)

「新幹線×スマホ」、2つの異なるアプローチ

東海道新幹線はN700系を更に改良したという

N700A(Advanced)と言う車両がメーカーから

納入された
と聞くが、Aの付かないN700系が

登場した時の”名物”と言えば、普通車でも

窓側席の全てにコンセント設置と共に車内から

Wi-Fiを経由してインターネット接続ができる
こと。

小生もスマホの充電器を持参して数回

使わせていただいたが、最近は特定の通信を

規制するほど利用者が増え続けている
とか。

 
 

この考え方の延長戦なのか、

実は、上述のJR東海と東北新幹線E5系を

擁するJR東日本とで、スマホのアプリに対して

異なるアプローチを取っていることに気づいた。

 
 

~JR東海(東海道新幹線)~

スマートフォンアプリケーション EX-ALARM
 

~JR東日本(当面は東北新幹線限定)~

スマートフォン・アプリ 車窓ガイド(東北新幹線編)
[参考]このアプリに関するJR東日本ニュースリリース

 

JR東海のアプリはGigazineのレポートが非常に

参考になるが、上述のWi-Fi問題のせいなのか、

とかく、新幹線の走行中に通信をさせないことが優先。

絵や静止画で要所を押さえる狙いのようだが、

時刻を入力して割り出す計算上の位置と

実際の位置が変わる可能性は否めない。

 ※同じ停車駅の「のぞみ号」でも、東京から
  新大阪間の所要時間が3~5分間違うしね。

 

一方の東日本は逆。

一部区間で通信が非常に遅くなる場合がある、

更には電池の消費にはお気を付けくださいと予告

した上で、GPS情報に基づく地図表示も選択できる。

 ※GPS地図モードが使えないときのために、

  イラストモードも用意されている。

でも、JR東日本はWimaxをどう活かそう

としているのか良くわからない謎なんだよな。

現行のWimaxはその規格上、200km/hを超える

新幹線の速度では規格外とされているが、次に控える

Wimax2規格なら350km/hまで想定されている。

でも、E5系では目立った動きが無いのが謎・・・

 

|

« 「知将x(陽動スパイスx2)=分断」でアルウィン初勝利(32節、アウェイ戦、松本0-2草津) | トップページ | 企業内で白目を見られない!?フルHDテレビ電話3.5万円の時代?[実売予想1万円安?] »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

吾らデジタル世代」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/55557902

この記事へのトラックバック一覧です: 「新幹線×スマホ」、2つの異なるアプローチ:

« 「知将x(陽動スパイスx2)=分断」でアルウィン初勝利(32節、アウェイ戦、松本0-2草津) | トップページ | 企業内で白目を見られない!?フルHDテレビ電話3.5万円の時代?[実売予想1万円安?] »