« googleマップ・ストリートビュー製作の裏側を少し見てきた(オマケ付き) | トップページ | 新型フォレスターでアイサイトVer2一巡完了、でも「ぶつからない」だけではない »

2012年11月28日 (水)

意外と知られていない「地下鉄回数券」の特徴について(東京都内2社局)

最近はSuicaだPasmoだと、非接触ICカード

乗車券全盛であるが、意外と知られていない

東京メトロおよび都営地下鉄の2社局で売られている

地下鉄回数券の特徴について触れる

機会が有ったのでご紹介しておく。

 

群馬県民にとって、鉄道の回数券と言えば

JRの回数券を思い浮かべる方が多いだろうが、

11枚1セットの綴りで買う時に利用区間を

固定され、利用区間から1駅でも乗り越せば、

乗り越し分の運賃は別途請求となる。

 

これに対して、都内の地下鉄2社局の回数券は

・券面に利用区間の指定が無い

・乗越清算も、差額だけでOK

と言う2つの大きな特徴がある。

(根拠URL:東京メトロ都営地下鉄

強いて言えば、東京メトロと都営地下鉄を

乗り継いだ時、不利になる場合があるのだが、

上記2つの特徴を鑑みると、都内在住者で

定期券を持っていなくとも、初乗り(メトロ160円、

都営170円:何れも有効期間3ヶ月)の

回数券は案外使い出があることに気づける。

 

群馬県民にとっても、日中の都内であれば

意外とチケットショップが開店していて、

大抵は額面金額の10円引で売っている

メトロの土休日回数券は時折20円引)。

特に、群馬県内とを結ぶ高速バスが発着する

池袋西武前と新宿(JR東口降り場)の

2箇所は思ったより近い場所にある

と覚えておいて損は無いだろう。

 

で、そんな小生は、直出直帰で新木場に行くのに

埼京線を乗りとおさず、わざわざ池袋で降りて。。。

 

Kimg3399

Kimg3404

↑私が訪ねたチケット屋では¥190までしか売って
  なかったので新木場駅の清算機で¥40を足して、
  出場したのでした(埼京線とりんかい線は直通だが、
  運賃が2倍位になってしまうのがネック…)

 

|

« googleマップ・ストリートビュー製作の裏側を少し見てきた(オマケ付き) | トップページ | 新型フォレスターでアイサイトVer2一巡完了、でも「ぶつからない」だけではない »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/56174659

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と知られていない「地下鉄回数券」の特徴について(東京都内2社局):

« googleマップ・ストリートビュー製作の裏側を少し見てきた(オマケ付き) | トップページ | 新型フォレスターでアイサイトVer2一巡完了、でも「ぶつからない」だけではない »