« [通勤日記]東日本の新幹線で「普通車全車自由席」の表現を復活すべきでは? | トップページ | 2012「見てて辛かった」ザスパ草津戦(ワースト3を一挙発表) »

2012年12月26日 (水)

湘南新宿ライン浦和駅開業の裏で”地道な改良”(2013年3月JRダイヤ改正Vol2)

前回は速報にて、Jリーグ観戦者も

直面する前橋駅16時台の不等間隔が

解決される方向であることをお伝えした

JRの2013年3月16日ダイヤ改正の件。

 

今日は湘南新宿ラインを取り上げるが、

多くのブログで浦和駅開業を取り上げる中で

高崎絡みでは”地道な改良”が行われる。

 

それは。。。

 
  
 
 

新宿発23時33分の高崎線直通最終が

現状の籠原止まりから高崎行きに延長される。

既存の上野発23時45分(46分?)の

高崎線最終とともに、午前1時頃の

籠原~高崎間に2本も旅客列車が

走ることになってしまった。。。

 

この良し悪しは、連日連夜仕事漬けで

乗るのだったら嫌だけど、週末などに

たまに行われる宴席帰りにはグリーン席の

実質増席とともに助かる存在になりそうです。

グリーン席の料金は曜日では変わるが、

乗車時間帯では変わらないしね(汗)

 
 

2つ目は、前々からネット上で噂されていたが、

埼京線の赤羽駅で朝8時台に2本くらい存在する

赤羽発新宿行きと言う短距離列車のうち1本が削減され、

浦和駅が開業する湘南新宿ラインに立て替えられると言う。

 

で、2つ目を何故取り上げるかと記せば、

削減されるらしき赤羽発新宿行き1本のせい?で、

小生が基本とする湘南新宿ラインが連日に亘り

赤羽まで定時運行だった筈が、新宿に着く

時は3分遅れが当たり前になっていたのだ。

(池袋駅で同着になり、80%は埼京線が先発)

 

今回、埼京線(ロングシート10両編成)から

湘南新宿ライン(普通席13両+グリーン席2両)

に置き換わる所は、定員は増える筈なのだが、

浦和駅と赤羽駅での乗り換え族が、どのような

動きを見せるのか、ちょっと注目しておきたい。

 

最後に土休日では、高崎駅を朝8時に出発する

湘南新宿ラインの2本目が生まれると言う。

特に土休日の朝8~9時に高崎駅を出発する

湘南新宿ライン特別快速は始発の高崎で

粗方のグリーン席が埋まり、本庄駅あたりでは

湘南新宿ラインのグリーン券を買ったは良いが、

座れないことが発覚すると、窓口に戻って払い戻しと、

後続の「あかぎ号」狙いで自由席特急券に買い

換えると言った動きを目撃したことがあるので、

高崎朝8時台の湘南新宿ラインが増えることは

純粋に喜ぶべきだと思う。

 

<オマケ>

JR東日本で支社ホームページを持っていない

大宮支社であるが、2013年3月改正では

湘南新宿ライン浦和駅開業について、その一部が

「さいたま市」の公共事業に該当するためなのか、

「さいたま市」のホームページにJR大宮支社の

ニュースリリースが掲載される事態となっている。

 

|

« [通勤日記]東日本の新幹線で「普通車全車自由席」の表現を復活すべきでは? | トップページ | 2012「見てて辛かった」ザスパ草津戦(ワースト3を一挙発表) »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/56386528

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南新宿ライン浦和駅開業の裏で”地道な改良”(2013年3月JRダイヤ改正Vol2):

« [通勤日記]東日本の新幹線で「普通車全車自由席」の表現を復活すべきでは? | トップページ | 2012「見てて辛かった」ザスパ草津戦(ワースト3を一挙発表) »