« この期に及んで「GG」に嵌る!? | トップページ | [スノーシーズンプレビュー]ガーラ湯沢とプリンスホテル系に大改革? »

2012年12月12日 (水)

[群馬の公共交通][高崎市のバス]やっと1つ「マトモ」レベルに…

群馬の公共交通、取り上げ続ける

当ブログであるが、高崎市のバスに

ついては、市役所の対応を含め

「何もやってない」

に等しいレベル

 

だと批判を繰り返してきたが、

この冬、やっと1つ

「マトモ」レベルになった。

 
  

それは、群馬バスがホームページ上

臨時運行のお知らせを
 
3連発してきた件。

 

1つ、年明け6日~7日の

少林山達磨市
詳細PDF

 

2つ、1月19日~20日の

大学入試センター試験

高崎経済大学
会場(詳細PDF)。

 
 

そして、最後。以前、強烈に批判し、

2013年は3月10日に予定される

「はるな梅マラソン」
詳細PDF

 
 

最後のマラソンは早すぎるのでは?

と言った指摘が出るかもしれないが、

実は、マラソン大会の申込期間に入った

タイミングに前後した形で公表されており、

実は、これで「マトモ」な対応なのだ。

 

他県の皆様には、「大げさに…」などと、

不思議がられるかもしれないが、これが

2011年のディスティネーション・キャンペーン

および前後1年の公共交通を主体に据えた観光

キャンペーンを踏まえた群馬の実情なのです。

 

当然、来年以降、翻った対応をしたら

証拠つけて叩きに叩きまくりますが…

 

<ちなみに>

群馬の公共交通を叩く際、自治体も同時に叩くのは

県内で活動する公共交通のうち、バス路線の

大多数に補助金が入っているためである。

補助金出すなら、利用促進も

セットで考えよ
と言うことだ。

 

|

« この期に及んで「GG」に嵌る!? | トップページ | [スノーシーズンプレビュー]ガーラ湯沢とプリンスホテル系に大改革? »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/56279440

この記事へのトラックバック一覧です: [群馬の公共交通][高崎市のバス]やっと1つ「マトモ」レベルに…:

« この期に及んで「GG」に嵌る!? | トップページ | [スノーシーズンプレビュー]ガーラ湯沢とプリンスホテル系に大改革? »