« 肝に有るか?「4得点でも勝ち点は3」と言う教訓(12節、アウェイ松本戦は3日13時) | トップページ | 【特設】”ザスパ草津”表記では最後の決算を読み解く(その1) »

2013年5月 3日 (金)

群馬じゃ有り得ないだろうな…都営公共交通24時間営業化?

そもそも、群馬の朝夕ラッシュ時に

公共交通に乗ってる社会人は、

自治体系、公益企業、駅ナカあるいは

駅の改札から5分以内お勤め先が有る方

と言えば大体当たるのだが、勤務先の東京では、

先月、↓こんなニュースが流れた。

 

「年内にも都営バス24時間運行へ」

猪瀬知事がNYで表明

~MSN産経ニュース2013年4月16日~

 

これは、ニューヨークの地下鉄を視察後の

発言のようだが、地下鉄はちょっと

無理だから2013年末に都バスで

やってみようかと言うのだが、

10年以上前の都バスって、

21時頃に「赤バス(最終)」や

「緑バス(1本前)」とか走っていた

気がするのだが、一気に24時間化するのも

「何だかなぁ~」と言う気もする。

ましてや、地下鉄大江戸線ができたため、

都営バスの台数も減っているとも聞くし・・・

 

その一方で・・・

 

 

上記「有りえない」と取り上げた群馬。

群馬で22時以降に一般路線バスが

走っているのは、前橋~渋川の最終、

本庄から伊勢崎向け、熊谷~太田間、

あとは高崎市内で有るか無いかなんだろうけど、

廃止代替や自治体委託などの歴史的背景も

あるせいか、旧語の”護送船団方式”がピッタリ。 

写真は未だ撮っていないが、前橋育英高校の

スクールバスが高崎駅東口で見かけるように

なっている一方で、群馬県のスーパーを

発祥とする某小売グループ企業が

ここ5年くらいに開発したショッピングセンターは

建物平屋、駐車場平面は当たり前、

潰した元・農地は大面積ウハウハに加えて

公共交通は近く走っていても完全無視じゃあねぇ~

 ※その点、路線バスを誘致してる、高崎太田

  ÅEONや伊勢崎スマー久はエライ!!と思う

 

また、自分のマイカー使用回数が減っているせいか、

たまに運転すると、嫌に台数が増えたように感じるが、

マイカーが蔓延る結果、自由は高まるのだろうが、

 

渋滞で無駄時間が増えて

”思いのほか不便”と

感ずることは無いのだろうか?

 ↑一部の”群馬都民”より

 

|

« 肝に有るか?「4得点でも勝ち点は3」と言う教訓(12節、アウェイ松本戦は3日13時) | トップページ | 【特設】”ザスパ草津”表記では最後の決算を読み解く(その1) »

交通体系論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214976/57227555

この記事へのトラックバック一覧です: 群馬じゃ有り得ないだろうな…都営公共交通24時間営業化?:

« 肝に有るか?「4得点でも勝ち点は3」と言う教訓(12節、アウェイ松本戦は3日13時) | トップページ | 【特設】”ザスパ草津”表記では最後の決算を読み解く(その1) »