« 待ちに待ってた「○○の瞬間」が訪れる!?(27節、ホーム松本戦は今夜18時) | トップページ | [通勤日記]2013お盆に向けて。。。上越・長野新幹線の変更情報 »

2013年8月 5日 (月)

ありゃ、松本サポは納得しないだろうな(27節、ホーム戦、ザスパ3-0松本)

1週間前の前節、最下位転落にも係わらず、

2013年7月の月間勝ち点ゼロと言う

青っ恥を回避したからって、バックスタンド南、

バックスタンド北、メインスタンド北の

3区画とも拍手優勢を激しく疑問視したが、

 

ザスパのトップチーム選手には

疑問視を後からボディーブロー

として吹っ掛けた結果となった。

 

結果はタイトルの通り

ザスパ3-0松本

 

8年間の経験と記憶の限り、

正田スタに6000人を超える

観衆が押し寄せると・・・(以下略)

とか

高山眼科マッチになると・・・(以下略)

とか言うジンクス数あれど、


 

みんな覆してしまった。。。

 
 

ただし、追って別記事でも作ろうかと

考えているのだが、多くの松本サポは

納得しないだろうな
と言う点がある。

 
 
 

それは、前半19分のコーナーキックを

横山選手が蹴って、乾選手の先制点を

呼んだ前のプレーにある。

 
 

帰宅後にスカパー!オンデマンドで確認したが、

平繁選手の腕先に ボールが当たった直後に

シュートを撃って、それが松本の選手に当たったとの

判定でザスパのコーナーキックになったのだが、

松本のユニ着ているスタンドから
 
「あれ、ハンドじゃないの?」
 
と言う声、半端じゃなかった。

 

ハンドの判定基準は主にその後のプレーに

向けた意図が有ったか無かったか、もう1つ、

手に当たった結果、手に当てたチームにとって

有利になったかならなかったか辺りだが、

個人見解として笛吹かれても可笑しくないとは思った。

 

ただし、そこは、主審を任された以上、

主審の笛が試合の中では絶対であり、

それが逆判定であっても、その試合の

途中で審判が変わることは無い。

 

あり得るのは、該当の審判員に

対する評価により次シーズンの

J2の笛が吹けなくなる可能性くらいだ。

(某プロ主審はシーズン半ばで”研修”と称して
 一定期間外されたことは有ったけど・・・)

それでも、納得できない方は

こちらの記事を参考にしてください。

 
 

小生は、そんなこんなを

5年くらい前までの

田圃審判総帥さん

(この節は鳥取に出没?)

から重々学びましたから。

 
 

さて、個人的に面白いと思ったのは

ザスパの2点目と3点目が何れも

平繁選手がアシストだったこと。

2点目を決めた永田選手は”技あり”だったけど、

後半40分直前に飛び出したダメ押し3点目は

ぶっちゃけ松本のポカミスだね。

平繁選手が前向いて走ったからってDFが3人も

平繁選手に向かった末に青木選手がドフリーじゃ、

青木選手の技術なら余裕すらあっただろう。

 

一応、ザスパは最下位脱出したけど、

問題は次のアウェイ山形戦で連勝が

取れるか否かだろうね。勝ち点的にも

あと3積むと、再び混戦域に入ってくる。

その辺は、また試合当日の未明にでも。

 

<写真特集>

とりあえず、その場に居合わせた証拠のみ・・・

Kimg7194

 

|

« 待ちに待ってた「○○の瞬間」が訪れる!?(27節、ホーム松本戦は今夜18時) | トップページ | [通勤日記]2013お盆に向けて。。。上越・長野新幹線の変更情報 »

ザスパ(前年以前)」カテゴリの記事