« ”この一戦”の活用法?(天皇杯in松本は本日16時+J2-32節は横C2-0ザスパ) | トップページ | いわゆる【1000円LTE】の仕組みと選択肢についてfrom群馬 »

2013年9月 8日 (日)

Discover Tomorrow! Discover Japan!! Discover gunma----!!!!(^^)/

決まりました;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

2020東京五輪

 

生きてて良かった!!

実際は7年先だけど「10年単位」

と見做せる良い目標ができました。

 

その2020東京五輪招致委員会が

掲げていたスローガンと言うのが

Discover Tomorrow

だったそうです←今更知るなよorz

 

そして、Discoverから始まる

キャッチフレーズと言えば

Discover Japan

をすぐ思い付いたのだが、これを

ちょっと調べると1970年台の国鉄(JNR)、

今で言うJRグループの個人旅行を

盛り上げるキャッチフレーズだったよう。

 

 ※その名が付く雑誌も有るようですが…

 
 

とは言いながらも、2020年に向けて

海外から御出でいただく皆様には、

Discover Tomorrow! Discover Japan!!

で良いんじゃないかと個人的に考える。

そして…

 
  

今はブログタイトルを変えているが、

「上州ヨタ日記」

スピリッツとしては、この2つに、

Discover Gunma!!

を加えて活動を続けたい。

 
 

まあ、祭りに載っただけ

と言われればそれまでだが、

ちょっと身近に考えれば大規模な

花火大会に向けたバスツアーとか

2002ワールドカップ(サッカー)とか

他の夏季五輪開催期間に於ける

宿泊料金(平時の5倍とか10倍は)

や部屋の争奪戦を踏まえると、

開催計画上、晴海の選手村から半径8km

以内にほぼ全ての競技会場が揃うにしても

東京都心から約100km

離れたgunma(群馬)にも

宿泊需要は来ると予想する。

 

東京駅から高崎駅まで新幹線で

最短49分45秒(あさま549号、上野・大宮停車)

各駅停車型でも60分で着く。ここに加えて、

2015年初頭には在来線の上野~東京間、

いわゆる「東北縦貫線」も繋がる。

 

在来線時代の特急「あさま」は上野~高崎間を

最高時速120kmで70分少々で結んでいたし、

最高時速110kmの特急「草津」も今は同区間を

85分で結んでいるが、五輪スペシャルに

乗じてでも東北縦貫線に対応した車両

置き換えを訴えるべきとなったであろう。

 

最後に、改めて

Discover Gunma 2020!!

|

« ”この一戦”の活用法?(天皇杯in松本は本日16時+J2-32節は横C2-0ザスパ) | トップページ | いわゆる【1000円LTE】の仕組みと選択肢についてfrom群馬 »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事