« Discover Tomorrow! Discover Japan!! Discover gunma----!!!!(^^)/ | トップページ | 書籍「群馬のおきて」に”グンマー都民”からツッコミ(その1) »

2013年9月10日 (火)

いわゆる【1000円LTE】の仕組みと選択肢についてfrom群馬

前回、”ちょっとした浮気”と御紹介した

「みかかのコドモ」のネットワークを”間借り”する

1000円LTE(980円LTE)に対応した

ハードウェアとしてL-03Eを紹介したが、

1000円LTEの選択はビックカメラ★が発売する

BIC SIMの945円/月を選択した。

 

★創業者は群馬県高崎市出身で、
 今もJR高崎駅近くにお店が有る…

 

BIC SIMのサービスとしては…

 
 

LTEはIIJMIOが提供する

高速モバイル/D
と同じで、

普段は最高速度100Mbps、あるいは、

それを超える速度を謳うLTEと言いながら、

100分の1に満たない200kbps程度の

低速となる制限が掛かってるのだが、

クーポン」とか「ターボ機能」と言う俗称で

一定量までは上述の制限速度が解除される

仕組みがあり、Webサービス(+スマホ向け

アプリ)で随時、クーポンの適用有無を

選択できるようになっている。

 

ちなみに、BIC SIMの945円/月では

毎月500Mバイトのクーポンが付与されるが、

これを使い切ったら追加料金を払って

クーポン枠を増やすか次の月まで待つかを選択できる。

 

この他、OCNで1日単位で制限をかけている商品も有るし、

スマートフォン向けとなるが、DTIでは050から始まる

IP電話番号を追加したり、LINEの初期設定で使うらしい

SMSの受信ができるオプションとかも有ったりする。

 

しかし、私がBIC SIMを選んだ理由は別にある。

 

それは、ビックカメラで発売する商品に限り

公衆WiFiのWi2(本来、月額380円)

実質無料オプションで加わってくるのだ。

 

で、個人的にはWi2側に注目した。

 ※厳密にはDTIの方が安価と言えば安価なのだが…

~以下、続く~

 

|

« Discover Tomorrow! Discover Japan!! Discover gunma----!!!!(^^)/ | トップページ | 書籍「群馬のおきて」に”グンマー都民”からツッコミ(その1) »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事