« いわゆる【1000円LTE】の仕組みと選択肢についてfrom群馬 | トップページ | 【灰フォーン全キャリア化】で他業界の「雄」による”決断”はあるのか? »

2013年9月12日 (木)

書籍「群馬のおきて」に”グンマー都民”からツッコミ(その1)

2013年8月28日の記事で以下の

書籍発売イベントをご紹介したが、

イベント初日は思いのほか、

アクセス数は多かった様子でした。


 

『群馬のおきて~グンマーを楽しむための52のおきて~』

群馬県地位向上委員会 (編集), 北村ヂン (イラスト)

 

で、当の小生はAmazonのローソン受け取り

(発売日在庫確保)で手に入れていたが、

恐らく「群馬出身東京住まい」と思しき

編集委員の皆様が気づけなかった点が

全52のオキテのうち、

少なくとも2つ有ることに

群馬在住・東京で働く小生、

「グンマー都民」は気づいた。

 

今日は1つ、ご紹介する。

 

 

オキテ#25

電車の手動ドアの件

東日本大震災のあと、

2011年6月頃からは

冬場限定ではない

 

今や、1年中手動だ。

夏場の冷房対策でもあるが、

春も秋も関係なく手動ドアだ。

 
 

ちなみに、乗客数の多い高崎線でも、

ドアそのものを手で開閉する必要はない

いわゆる「ボタン開閉式」を実施していて、

これも、手動ドアの範疇だ。

 

オマケに、高崎線の手動ドアは

埼玉県熊谷市の籠原駅から

高崎駅方面の全駅が対象だ。

  
 

<資料>

ブログ1ブログ2youtube1

|

« いわゆる【1000円LTE】の仕組みと選択肢についてfrom群馬 | トップページ | 【灰フォーン全キャリア化】で他業界の「雄」による”決断”はあるのか? »

公共交通でGO!」カテゴリの記事

四方山話」カテゴリの記事