« 書籍「群馬のおきて」に”グンマー都民”からツッコミ(その1) | トップページ | 誰だ?”前橋”を巡って【【【二枚舌】】】ぶっこいている奴は??(15日9時更新) »

2013年9月14日 (土)

【灰フォーン全キャリア化】で他業界の「雄」による”決断”はあるのか?

<おことわり>

明日夜に行われるJ2リーグ、

ザスパvs岐阜については、スポーツ紙を含め

一般マスコミの取り上げが多数のため、

対戦プレビュー記事を省略します。

その代わり、14日夜~15日

未明を目途に何かしら公開します。

その「何か」とは・・・お楽しみに。

 

<今日の本文>

日本時間2013年9月11日未明、

ツートップ戦略が大コケで個人的にも

確実視していた灰フォーンの日本国内

全キャリア対応が公式発表された。

 

ここでちょっとした注目点なのだが、

直近3年程度は周波数対応的に

”禿有利”のラインナップが続いたが、

2013年秋発表の商品ではLTEの

周波数対応に於いて日本国内各キャリアが

免許を持つ周波数に概ね沿う形で”林檎”が

製品を用意してきて、基地局側の整備次第で

公平感が高くなった状態で発売日を迎える。

 

その上で、個人的に気している

通信業界ではないが”雄”を築いた

某会社による”決断”が有るのかに

ついて記しておきたい。それは…

 
 

しЯ束目木の携帯西瓜 

当ブログではちょっと概して1年前にも

触れている
のだが、灰フォーン1台持ちに

走れば「おサイフケータイ」は卒業になる

ある種の制約は続くことになったのに対して、

おサイフケータイに強い拘りを見せているのは

上述の「携帯西瓜」と「井出」くらいだと思われる。

 

ぶっちゃけEdyとかNANACOと言った電子マネーの類は

お財布の中にカードを増やさなくて済む利便による

「持ち物減らし」と言った効果はあるだろうが、

一時期Edyが強く推し進めてた「ストラップ型」でも

「持ち物減らし」と言う観点で代替は効いてしまう。

あと、個人的にはローソンPONTAのIC化を

どれだけ使うかくらいだが、携帯西瓜は

首都圏の普通列車グリーン席について、

いわゆる「事前料金」扱いが受けられることと、

新幹線のチケットレスを推し進めていたが、

後者は所謂「山手線内」とか「東京都区内」発着による

運賃計算ルールの対象外で料金複雑化を招いていたほか、

追い打ちを掛けるようにチケットレスではない方のネット予約

「えきねっと」の方が安価だったりするケースが散見してきた。

 

だとすると、JR東海が進めるEX予約やらEX-ICと言った

予約はスマートフォンOKだが、自動改札機の入場は

携帯電話に紐づかなくてもOKと言った方が

実は理に適っている気配を感じるようになったし、

話は戻すが、携帯西瓜の普通列車グリーン券も

駅でカードを券売機に差し込んでいる間が無いほど

急いで乗った時に効果が有るものであって、

そんな急ぎで乗った時の車内料金割増

(事前購入料金+250円)は確率論を踏まえると

決定的に利を得られるとは言えない気がしてきた。

 

そんなことを書いておいても、小生は別の制約で

灰フォーンには手を出せないし、(おサイフケータイ

には縁遠いにしても)灰padはマルチユーザ切り替えが

事実上不可能と言った時点で縁遠い存在と

と考えているのですが(大汗)

 

今日はこの辺にしておきますか。。。

|

« 書籍「群馬のおきて」に”グンマー都民”からツッコミ(その1) | トップページ | 誰だ?”前橋”を巡って【【【二枚舌】】】ぶっこいている奴は??(15日9時更新) »

吾らデジタル世代」カテゴリの記事