« 幸か不幸か…突破してしまった2つの「桁違い」について | トップページ | 【速報】【特設】”文句無し”の件で続報(22時体裁見直し) »

2013年10月31日 (木)

モバイルSuicaの存在意義を問うキャンペーン+あかぎ指定席のウラ事情

2013年10月29日の記事で、

来る11月18日から始まる「あかぎ号」への

指定席導入、そして(勝手称)C特急料金導入か?

と触れたが、しЯ束目木が引き続き

一定の拘りを見せるモバイルSuicaでも

その存在意義を問うキャンペーンが始まった。

 

それは…

 

 
 

10月15日(火)~11月15日(金)の間

関東圏の普通列車グリーン車
に於いて、

モバイルSuicaが実質的に最安値となる

「漏れなく全員」キャンペーンを実施する件。

 

 ※普段「モバイルSuica価格=事前購入価格」だが、
  キャンペーンではモバイルSuicaに限り、1回50円相当
  を電子マネーのチャージとして還元(→実質最安値)

  また、キャンペーン参加は「後出しジャンケン」でもOK。 

  

これまで、しЯ束目木のモバイルSuicaに纏わる

キャンペーンは、新幹線なり関東圏の普通列車

グリーン車にて数度実施されてきたのを見てきたが、

 

上述の「全員・漏れなく・実質最安値」

3点セットで謳ってきたキャンペーンは

モバイルSuica史上初めてではないか?と思う。

 

特に、今回、実質最安値設定をしたことにより、

キャンペーンにおける利用が伸びなければ、

スマートフォンのグローバルモデル化に沿う形で、

一定の”見切り”を行う可能性も有ると予想する。

関東圏の普通列車グリーン席は未だ低価格だが、

新幹線の方でJR東海のEX-ICを使う(利用例)と、

携帯電話機に直接乗車券情報を書き込むことに

ドレだけ意味が有ったのか?と言うのは今だに

残る疑問でもある(今季もスキー場への切符に

関する割引販売の条件モバイルSuicaなら

乗車前夜まで、紙の切符は13日前まで

ほぼ同一金額とする見えにくい差は付けたようだが…)。

 

ついでに、「あかぎ指定席のウラ事情」の件、

何で11月18日(月)と言った良く判らない

時期から導入するのかと思ってたら、

「えきねっと」のリニューアルおよび、

それに伴う大規模メンテナンスが


前々夜の11月16日(土)の夜から

17日(日)朝に掛けて計画されていた。

そのため、指定席料金実質200円の

チケットレス特急券は11月17日(日)から

購入可能になる点
でも繋がっていた。

 

|

« 幸か不幸か…突破してしまった2つの「桁違い」について | トップページ | 【速報】【特設】”文句無し”の件で続報(22時体裁見直し) »

交通体系論」カテゴリの記事