« [震災復興]節電強化が主ではないと言いつつ、LED電球の使用を拡大してみた | トップページ | [2014年3月JRダイヤ改正第3報]E7系あさま導入開始、ほか高崎ローカル(8時修正) »

2013年12月22日 (日)

[2014春JRダイヤ改正第2報]「スワローあかぎ」の功罪?

2013年12月20日の17時に公開した

特急「スワローあかぎ」号
の件は、

同日11時までの執筆を直前の記事

取り上げた番組の放送時間に配慮して

公開時間を業と遅らせていたのだが

予想を超えるアクセスを頂きました。

 ※2013年内の60万カウンターにも御注目

駅貼りポスターが先行(もしや、フライング?)

したが、報道発表は20日14時だったようで、

改めて公式発表の整理と見解を示しておく。

  

<公式発表>

JR東日本本社(全体スワロー

同高崎支社(全体スワロー) 

 

<個人見解>

車両変更と共に、車両性能向上により

上野~高崎間で現行83分が同一停車

駅を維持した上で80分に短縮は歓迎。

 

一方で、新設の本庄止まりは高崎または

前橋行に比べ、北本と鴻巣に追加停車

するとは言え、71~75分掛かっている。

高崎~本庄間が普通列車で約20分、現行の

特急が15分前後掛かることを踏まえれば

”遅めの設定にした”と言わざるを得ない。

 

特急料金、および、スワロー料金券の

値段は、2013年10月29日の記事

「(勝手称)C特急料金」設定か?と

触れたが、早々と具現化してきた感じ。 

 

 

ただし、50km以内(上野・新宿~鴻巣)は

スワロー料金券が平日かつ事前購入の

普通列車グリーン券と同額で速さが加わるので、

被害が及ぶのは「ホームライナー愛好者」に限られる。

 

次の100km以内(大宮・赤羽・池袋~高崎)も

平日事前の普通グリーン券およびSuica定期券

所有者向けの大宮~高崎間の新幹線利用料金

(何れも1回950円)に比べると、スワロー料金券は

200円プラスとべらぼうに高いとは言えないし、

渋谷・新宿・池袋組は逆に「えきねっとチケットレス」を

巧く活用して、上野始発の座席を確保して赤羽で

確実に着席と言う選択肢が増えたとも言えようか。

 
 

<関連小ネタ>

上野18:30と19:30に本庄行き特急が加わる時、

現在ほぼ同時刻に運転される通勤快速の行く末は?

 

新車で常磐線に投入したE657系を早々に

改造し始めた件
の意義が良く判らなくなった。

 

速報で触れた651系の11両編成を作るに必要な

4両編成は何本”改装”してくるのだろうか?

(2014年3月時点では11両編成は1日1往復) 

 


国鉄がJR
になり、プロ野球のスワローズは

一時期その国鉄が持っていた
件、更に

JRバス車体に描かれているツバメにまで

繋がっている件を知らない人が増えたと感じた。

 

|

« [震災復興]節電強化が主ではないと言いつつ、LED電球の使用を拡大してみた | トップページ | [2014年3月JRダイヤ改正第3報]E7系あさま導入開始、ほか高崎ローカル(8時修正) »

公共交通でGO!」カテゴリの記事