« 高崎市の鉄道駅構想に「論より証拠」を御提供 | トップページ | 『特設』(←番外編)【アピール】新春ドリームマッチ群馬2014で「お・ま・え・も・か」 »

2013年12月12日 (木)

群馬県のサッカー界における「もう1つの愚行」

2014年、サッカーの日本国内での

新たなプロリーグとなる

Jリーグ3部(J3)発足に伴い、

アマチュア、社会人の日本国内

最高峰リーグと言えるJFLは

J3に行かない残存8球団に

新規6球団の14球団
からなる

大幅入れ替わりが行われる。

 

これに関し、新規加入の審査も行われ、

岡山ネクスト(J2岡山の下部チーム)、

青森県から八戸、レノファ山口、

鹿児島では2球団統一チームが

発足させてのJFL参入というトピックはあるが、

 

ここでも、群馬県での愚行が有った。

 
 
 

Jリーグ3部(J3)発足に乗じられ、

Jリーグ準加盟の申請を行ったら、

何故か通ってしまった某球団、

 
 

ところが、J3参入どころか、

JFL参入すら拒否された

某群馬県の球団。

 
 

これが、何故「恥さらし」かと記せば、

J準加盟は通っているにも関わらず、、

JFL参入ができなかった球団が2つ

有るのだが、そのうち1つを引いた上に、

拒否されたもう1つは、県単位でJリーグ球団が

無い奈良県の奈良クラブ
だったという点。

 

そう、その逆を言えば、県単位で先に

Jリーグクラブが有るにも関わらず、

やれJ3だ、やれJFLだと立て続けに

申請しては拒否される愚行だったのだ。

 

ここまで来ると、何故Jリーグ準加盟の

審査を通過してしまった方が謎なのだが、

通った推察理由である、ホームタウンの

推薦に於いて、M橋の現市長の

プロフィール(生い立ち)からすると

”謎めいた行動”と言わざるを得ないか、

M橋の市長が騙された可能性がある。

 

昨日の記事で、育成の時代だと触れたが、

スポーツに権力を持ち込んではいけない。

 

今こそ、群馬は、

結集、再整理だ。

 

|

« 高崎市の鉄道駅構想に「論より証拠」を御提供 | トップページ | 『特設』(←番外編)【アピール】新春ドリームマッチ群馬2014で「お・ま・え・も・か」 »

スポーツ系四方山」カテゴリの記事