« [写真特集]正田醤油スタジアム群馬工事状況@2014年1月12日・新春マッチ時 | トップページ | [写真特集]正田醤油スタジアム群馬工事状況@2014年1月26日・大型画面&指定席椅子に変化 »

2014年1月30日 (木)

JR東の社長さんよ「北関東→羽田改善」は【【【今すぐできる】】】んじゃない?from高崎(6時加筆)

2014年1月10日のMSN産経ニュースにて

JR東日本の社長インタビューが掲載されたが、

上野東京ライン開業から2020東京五輪に

掛けて(←間に合わないという説が強いが…)

”主”がいらっしゃる浜松町駅付近で目に

掛かれる休眠状態な貨物線を復活させて

高崎が含まれる北関東から羽田空港へ

乗り入れさせる構想について発言があった。

 

でもよ、JR東の社長さんよ、

上野東京ラインやら

2020東京五輪は待てないよ。

 

車両と要員が手配できれば

今すぐできることが有るじゃない?

 

具体的には↓こんなこと。

 

 

急行能登@2011年の時刻

(資料:その1その2)を準えた

高崎→東京都内間、

早朝特急の創設[復活]。

とりあえずのイメージは

高崎4:40頃→熊谷5:15頃→

大宮5:50頃→上野6:15頃って感じ。

 

で、群馬県に向けて「今すぐ羽田改善」という観点を加える。

早朝の成田エクスプレスで新宿から方向が変わり

中央線の高尾発着としている列車をご存じだろうか。

一方で、成田エクスプレスの利用率から、

一部の車両が伊豆方面「踊り子号」の臨時列車に

使われている
ことをご存じだろうか。

そう、余っている車両はある。

 

更に、今すぐ羽田改善の視点を加えていく。

 

成田エクスプレス3号という列車がある。

現状、池袋6:00始発で

品川が6:21、東京6:31、

成田空港7:30と言う列車だ。

 

これを何故挙げたかというと、

上述した古の急行能登号を

ベースとした時刻イメージと

繋がらないか?ってこと。

 

更に、現在、新宿発着で運行されている

特急あかぎ2・7・8・9号の停車駅と所要時刻

(車両は2014年3月以降も185系予定と遅い奴)を

考慮すると以下のような時刻は不可能ではない。

 

高崎4:35頃→熊谷5:05頃→

大宮5:35頃→池袋6:00→

以降、上述の成田エクスプレス3号時刻

 

なぜ、ここまで触れるかと言えば、

急行能登号の臨時設定廃止以降、

群馬からJRだけでは、新幹線の始発である

「たにがわ470号」を利用した東京駅7:15着、

東海道新幹線は7:30以降でないと対応できず

それ以前に東海道新幹線や羽田空港に向かうなら

バスや定額タクシーを使うか、どっかしらで前泊するか、

駐車料金がバブル以降”落ち着いて”きた東京都内まで

マイカーで行ってしまうか状態が続いている。

 

上述案は、品川で東海道新幹線乗換なり

京浜急行へ乗り換えて羽田空港に向かう形だが、

JRだけで辿り着けるか?

の拘りさえ捨てれば

実現容易だと思うのだが、

如何だろうか…

 

<参考>

2013年GWにライバル?へ出してみた要望

 

|

« [写真特集]正田醤油スタジアム群馬工事状況@2014年1月12日・新春マッチ時 | トップページ | [写真特集]正田醤油スタジアム群馬工事状況@2014年1月26日・大型画面&指定席椅子に変化 »

交通体系論」カテゴリの記事